9月のバスフィッシング・ルアーセレクト

スポンサーリンク
ライン、小物その他

9月に入って子バスが15~20センチくらいになりかなり数釣れるようになってきました。私の感覚では水がキレイなところでは子バスも大きくなるのがはやいように感じます。私の近所の池では10センチ前後が多く、久保白ダムではスクールしている子バスがそこそこの大きさがあります。

今月に入って大きなバスが釣れることが少し減って、子バスが多く釣れるようになっています。私の釣りもライトキャロライナリグとスプリットショットリグなどを多用するようになっています。

そして、飽きたらネコリグなんかをやって、高比重ノーシンカーをやっています。

順番でいうと最初に大きめのペンシルベイトを遠投して広範囲をサーチして、ある程度やったらすぐに見切りつけて、少し前に買ったハイフロートタイプのジャークベイト、ミノーを同じように広範囲に投げてサーチというより釣りに行きます。その後シャッドーテールをスローに巻いて、これまた広範囲に探っていきます。

その後底の釣りに移行して、ダメっぽいなら移動してまた最初からです。ただ日が昇ってきたらトップはやめてジャークベイトからスタートします。

スポンサーリンク

最初はペンシルベイト

最初に投げるのは、ウォータランドのアンダートゥイッチャーからスタートします。あとはOSPのヤマトJrかテッケルのキックノッカーなんかも使います。飛距離がほしいのでアンダートゥィッチャーを投げています。ただナイロンラインを使っても少し潜るので派手なペンシルって感じでもないです。

スイスイ引き波をたてスプラッシュも出しながら泳いできます。あとはラトル音がかなりやかましいのが特徴だと思います。重さも20グラムあるのでかなり飛距離がでます。

ハイフロートミノー

ニシネルアーワークスから最近発売されたエリー115TW、エリーシリーズのハイフロートモデルです。期待して2個買ったのですが未だに釣れないのでムキになって使用しています。ワンテンRのハイフロートは結構すぐ釣れたのですけど。

エリー115TWは巻いて浮かせての繰り返しで釣りをします。かなり上手に動かさないとダートさせるのは難しいです。巻いて浮かせてなのですが浮き上がりが速いので飽きる感じはありません。ワンテンRハイフロートはジャークして使うこともできます。コンセプトが違うので比べるの違うとは思いますけど。

8月はここでチャターベイト、スピナーベイトでしたがせっかくハイフロートを3個も買ったのでもう少し釣れるまで頑張ってみています。

底の釣りで最近よく釣れてるワーム

スピニングタックルはほぼライトキャロ一択か、ネコリグとスプリットショットリグをやるかの2択です。ラインシステムを組むのが面倒なのでキャロの場合はずっとキャロのままやり続けます。

釣りに行く前は欲がでしまって6.5インチのネコリグ何かを準備して行くときは、途中でスプリットショットリグなどに変更して小さいワームで遊びます。

キャロの場合は今月に入ってAVI30とAVI50の釣果がよく単体では釣れないのですがキャロで使うと釣れています。ツーウェイはなぜか釣れないのにAVIシリーズだけが釣れるので、不思議です。あとは安定のスパテラ、スティーズホッグ3インチ、スイングインパクト3.5インチなんかが釣れています。

ネコリグはトルキーストレートとドライブクローラー、カットテール、スプリットショットのときはカットテール、ドライブクロー3インチが多い感じです。

日が昇ってくるとシャッドテール

いろいろやるのですが、ドライブシャッド4.5インチとキャラメルシャッド5インチのどちらかは大雑把に投げて巻きます。シャッドテールを使う場合はジャークベイトの後になるのでスナップで付け替えて使用しています。

シャッドテールワームを巻いたあとは気分で高比重ノーシンカーとかテキサスリグ、フリーリグをやっていきます。底系が終わると移動か諦めて帰るかです。

最近釣果が出てる高比重ノーシンカー

カバースキャット3.5インチは数パック購入したのですが、使う気分になれずにそのまま放置状態になっています。釣り場に行くと実績のある沈み蟲2.6インチ、3.2インチを使うので同じことをやってもなぁという思いで、あまり出番はなく毎度おなじみ沈み蟲で釣れいています。

もう一つは買ったときはそんなに使わないかなと思っていた、ダイワのスターリングツインです。これ結構なかなかどうして釣れます。ロッドを立てて巻くと引き波がいい感じにでて巻いてこれます。当然ノーシンカーでも十分な飛距離が出る重さなので、遠投して沈めてカバースキャットのように使用することもできます。私が一番釣れているのはヘビキャロみたいにズルズル引いてラインを回収の繰り返しです。

カバースキャットみたいにダートさせるのではなくひたすらずる引きです。今月は小バスを除くと一番連れているワームになります。釣具店の在庫少なかったので少し買い足しておきました。ダウンサイズも発売されるみたいなので楽しみにしています。少しだけ小さいサイズがほしいところです。

同じダイワのボスクローはあまり使っていないので釣れていません。

まとめ

グダグダの文章なってしまった。何が釣れたか考えながら書き込んでいくとあれもこれもとなってしまいまとまらなくなってきました。釣った魚の写真すら私はめったに撮らないので、正確な数は覚えていません。釣るまでの工程が楽しくてバス釣りはやっています。大きいサイズが釣れるといいですが、25センチでも普通にうれしいです。

朝のトップが7月、8月は結構好調で釣れた印象でしたが9月になりトップで釣れなくなり、ハイフロートミノーを買ったので釣れるまでは使い続けてみたいと思っています。ミノーのあとシャッドテールワームで釣って、そのあとは底ものワームで釣っています。

数を数えていないですが、1番はAVI50のキャロ、2番目がAVI35のキャロ、3番目がカットテールのスプリットかヤマタヌキ2.5のノーシンカーって感じです。大きいサイズに限ると1番は沈み蟲2.6インチ、2番目はスターリングツインです。他で大きなサイズは釣れていません。

本当はチャターベイト、スピナーベイトを使いたいところですが、ハイフロートミノーでどうしても1匹釣りたいので釣れるまでは、使わないでミノーで頑張ってみます。10月まで釣れなければ諦めます。

ハイフロートミノーの使いどころが間違えてるのかな・・・釣れない。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました