[ボトムアップ]ブルズホッグ3インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

ボトムアップのホッグ系ワームのブルズホッグ3インチ。これは発売当時に興味本位で買ってあまり使わなくなったワームです。私はラバージグをそこまで使用しないのでトレーラーとしても使わないし、テキサスリグ、フリーリグも他のワームを使うので、今はたまに思い出したように使ってる程度です。

特に何か不満があって使わない訳ではなく、テキサスをやるときにはドライブクロー3インチかキッカーバグ3.3インチを使い、フリーリグの時はドライブビーバーを使うことが多く出番がない感じです。

最近ラバージグを少し買っているので、しばらくしたら出番が回ってくるかもしれませんが、AKチャンク3.4も2パック買ったし・・・やっぱり出番はもっと先かなと思います。

空気抵抗少なそうなのでキャロのワームでもいいかもしれないですね。写真張り付けてたらそう思ってきました。私は2色を購入しました。どっちも1匹は小バスですが連れています。個人的には動きは大きくないと思うので濃い目のカラーがいいのかなと思います。

スポンサーリンク

[ボトムアップ]ブルズホッグ

ボトムアップのブルズホッグは3インチの他に、2.4インチのブルズホッグベイビー、大きいサイズで3.7インチのブルズホッグダディがあります。面倒なのでインチ表記してほしいところです。全部名前付けるとかないでしょう・・・。

ブルズホッグは動画のようにボトムバンプさせて誘うのがいいのかなと、足元でずる引きしても何のアクションもしないですが、チョンチョン浮かすとテールがよく仰いでいい感じに思います。

テキサスリグでずる引きってよりかはフリーリグでフォールさせるほうがいい感じです。ブルズホッグはゆっくりフォールするからフリーリグのほうがテキサスリグより良いかなと思います。

裏側、このヒレのおかげでゆっくりフォールするのかな。

先端。

背中にはフックを埋めるポッチがあります。こういうところは、ボトムアップのいいところです。比較的針持とかフックセットのことをよく考えてあります。

ブルズホッグ3インチの重さとフックサイズ

ブルズホッグ3インチの重さから↓

6.7グラム重いのかな・・・OSPのドライブクロー3インチが4.7グラム。比較対象にならいないかな。

ブルズホッグ3インチのフックサイズはメーカ推奨はオフセットフックの1/0サイズ。川村氏は動画内ではTNSオフセットの1/0を使用しています。今は自身で監修したライトニングストライク1/0を使っているでしょう。

タックルとライン

私のタックルはMクラスタックルが多いです。テキサスもフリーリグもこのロッドは万能です。ラインはいつもの14ポンド。テキサスリグ、フリーリグはMHタックル、少ないタックルで行く場合はM+でいくときもあります。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

ボトムアップのホッグ系ワームのブルズホッグの重さは6.7グラム。フックサイズはオフセットフック1/0サイズ推奨。タックルはMクラスのタックルに13~14ポンドライン。
テキサスリグ、フリーリグ、キャロライナリグ、ダウンショットリグがメーカー推奨です。ダウンショットリグは私はおすすめしませんが、ヘビダンにすればもしかしたらいい動きになるかもしれません。

私の場合、ワームボックスに入れてはいますけど使う気にならず、ずっと肩こりの原因となっているかんじです。この記事をか聞き始めてHPをみてそういえばキャロでは使ってないなと思ったので、次に釣りに行くときに空気抵抗も少なそうなので使ってみようかと思います。

正直OSPのドライブビーバーがるので使うことは少なくなっていますが、なぜかネコリグで釣れているのでもしかしたらそういう釣りのほうが釣果がでるのかなと最近思っています。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました