[OSP]ドライブクロー3インチのインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

私がOSPのワームの中で一番長く使い続けているルアーになります。それがこのドライブクロー3インチです。

とにかく使い勝手よく、どんなリグにでも高次元で対応できるワームだと思います。川村光大郎氏が関わっていたことでも知られています。開発しているときの話などセミナーで聞いたことがあります。唯一のデメリットは、爪が千切れやすいことです。よく片腕になって戻ってきてしまいます。片腕でも釣れるんですけど少し悲しくなります。

私は発売当初からずっと使っているワームは、このドライブクローとドライブシャッドくらいです。他のメーカーのシャッドテールやクロー系ワームも使いますが結局はOSP製品をメイン使っています。多分バス釣りでは、人気のワームブランドなのでどの釣具店でも3インチは置いてあると思います。2インチ、5インチは置いている店が少ないのかな。

スポンサーリンク

[O.S.P]ドライブクロー[DoLiveCraw]

OSPファンなら必ず持っているであろう、ワームのドライブクロー。普通に巻いても爪がバタバタアクションしてバスを誘います。

サイズ展開は2インチ、3インチ、4インチ、5インチがあります。カラーも豊富です。

HPより

よいアクションと引き換えに、千切れやすくなっています。ラバージグのトレーラとしてもこの爪が仰いでいい感じになります。

一度フッキングして魚を釣ると、このフックポイントの部分は避けてダメになってしまいます。1匹つれれば良しとするのが最近のワームですね。

お腹のリブに特に理由はないようです。

古いですが、公式動画です↑

水槽では無理ですが、キャロなんかもゆっくり動きながらフォールしていい動きをします。

[O.S.P]ドライブクロー3インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

ドライブクロー3インチの重さは4.9グラム。同じ3インチのドライブビーバー3インチの重さは4.8なのでほぼ同じ重さです。ドライブクロー3インチのフックサイズは1/0,#1くらいがちょうど良いと思います。1/0のほうがしっくり来るかな。

私はハヤブサのTNSオフセット1/0か同じくハヤブサのライトニングストライク1/0を使用してます。他のフックも使いますがメーカー推奨のサイズを一応使うようにしています。

タックルとライン

とにかく多様なリグに使用できます。メインどころはテキサスリグ、フリーリグ、で使う人が多いと思います。他にはスプリットショットリグ、直リグ、ダウンショットリグ、ネコリグなどとにかく何でも高次元にこなせるワームです。

更には、ラバージグのトレーラーとして完璧です。たまに私はエバーグリーンのキッカーバグも使いますけど、ほぼドライブクロー一択です。

テキサスリグ、フリーリグの時はMHクラスのタックルを使います。シンカーは5グラム~11グラムでラインは14ポンドをメインにしています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

ドライブクロー3インチの重さは4.9グラム。フックサイズはオフセットフック1/0。私が推奨する最適な使い方は、テキサスリグ、フリーリグ、キャロライナリグこの3つです。テキサスはややこしい場所に打ち込むのに最適で、キャロライナリグは広範囲に投げてズル引きの場合に使用、フリーリグは両方やりたいときという感じです。

リグではないですがラバージグのトレーラとしても多くの方使用していると思います。私もキッカーバグとドライブクローを使っています。入手が簡単なのもありがたいです。バス用品を取り扱いしているお店なら3インチはほぼ置いてあると思います。またカラーも結構多く取り扱いしている店舗が多いため、ラバージグの色に合わせて買うことができます。

バスは色が認識できない生き物で、セピア色に見えてるらしいので明るい、暗い、薄い、濃い、は認識しているようです。その代わりに人間の5~10倍は遠くまで見えるらしいです。1パック持っていれば何でもできるので、持っていれば色んなリグができて楽しく釣りができると思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました