[ジャッカル]ハニーナゲット3.8インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

普段フリーリグでは3.0インチをメインで使用しています。アベレージサイズが大きいかな?と思う場所では3.8インチを使用します。加藤誠二氏がデザインしたギル型、扁平ワームのハニーナゲット。フリーリグ専用設計で開発、製造されたワームです。

私が唯一使っているジャッカルのワーム。昔はジャッカルを少し前に辞めた川島さんデザインのシザーコームもキャロとフリーリグ、ライトテキサスなんかで愛用していました。秦拓馬が私はどうも嫌いで・・・何かあったわけではないのですが、生理的に嫌いってだですけど、それに伴ってジャッカルルアーを買わなくなりました。

私が愛用していたジャッカルワームのシザーコーム、ハニーナゲットをデザインした加藤誠二氏、川島勉氏の両名がジャッカルをやめるとは・・・。丸紅から資本参加受けてるっぽいから経営が厳しいのかな?それとも丸紅は商社だから海外展開でしょうか。

非公開: 【OLD非公開】HONEY NUGGET / ハニーナゲット
HPより
スポンサーリンク

[HONEY NUGGET]ハニーナゲット

OSPのドライブSSギル、デプスのギルフラットなどのジャッカルバージョンのハニーナゲット。フリーリグをするために作られているのでシンカー着底後ゆっくり落ちていきます。3.0インチなら大小問わずにたくさん釣れます。

同じフリーリグでも重量は違いますけど、フリーリグでOSPのドライブSSギルも同じような動きをしますがハニーナゲットのほうがゆっくり沈みます。フリーリグ特化ではないですが、フリーリグ向きなのはOSPのドライブビーバーだと思いますけど、ゆっくり落としたい場合は、ハニーナゲットのほうがいいのかなと思います。

ドライブSSギルとの比較になりますが、針持はかなり悪いです。モチモチしている感じはしますがすぐ先のほうが裂けてしまいます。日本のワームは動き優先で脆く作る傾向になるのと、売り上げの側面もあるのでしょうな。

ハニーナゲット3.8インチの重さとフックサイズ

ハニーナゲット3.8インチの重さ↓

ハニーナゲット3.8インチの重さは14.6グラム、かなり厚みがるのでこのくらいの重量にになるます。3.0インチと比べると針持ちも良いと思います。

ハニーナゲット3.8インチのフックサイズは3/0~4/0がメーカー推奨サイズです。私は4/0をあまり使わないのでTNSオフッセット3/0かライトニングストライクの3/0を使用しています。

タックルとライン

使用リグはフリーリグですが、かなりの自重があるのでシンカーを軽くして使うのがおすすめです。3.0インチの時は5~9グラムくらいを飛距離に応じて使分けますが、3.8インチの時は2.5~7グラムくらいで使用をします。どうしても届かない、飛距離が必要な時は重くしますが普段は3.5グラムが多いです。

タックルについてはMHかHクラスで良いと思います。ラインは私は14ポンド~16ポンドを使用します。MHの時は14ポンド、Hのときは16ポンドといった感じです。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。フィネスタックルのときはフィネスブレイブZの11ポンドを使っています。

まとめ

ジャッカルの加藤誠二氏がデザインしたフリーリグに特化したワームのハニーナゲット。フリーフォールで誘うのでキャロでもいけるのですが空気抵抗が大きいため飛距離を出すには不向きです。ハニーナゲットの重さは14.6グラム、フックサイズは3/0か4/0。私はほぼ3/0を使用します。

ギル型ワームなので飛距離はあまりでませんが、自重もあるのでフリーリグで投げても比較的飛距離が出しやすいので5~7グラムくらいを使えば使い勝手が良いと思います。私は3.5~7グラムくらいで使用することが多いです。

シンカー着底後のフォールアクションで誘うので、シンカーの重さはあまり関係なく、狙う場所の距離でシンカーを選んでいけば良いと思います。シンカーが重いと喰わないということはあまりないと思います。

釣り場のアベレージが高い場合は、3.0インチより3.8インチを私は使用します。最近はあまり出番が減っていますがせっかく持っているので気が向いたら使っていこうと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました