[ジャッカル]ハニーナゲット3インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

加藤誠二氏がデザインしたギル型、扁平ワームのハニーナゲット。私が唯一使っているジャッカルのワーム。昔はジャッカルを少し前に辞めた川島さんデザインのシザーコームもキャロとフリーリグ、ライトテキサスなんかで愛用していました。秦拓馬が私はどうも嫌いで・・・何かあったわけではないのですが、生理的に嫌いってだですけど、それに伴ってジャッカルルアーを買わなくなりました。

私が愛用していたジャッカルワームのシザーコーム、ハニーナゲットをデザインした加藤誠二氏、川島勉氏の両名がジャッカルをやめるとは・・・。丸紅から資本参加受けてるっぽいから経営が厳しいのかな?

非公開: 【OLD非公開】HONEY NUGGET / ハニーナゲット
HPより
スポンサーリンク

[HONEY NUGGET]ハニーナゲット

OSPのドライブSSギル、デプスのギルフラットなどのジャッカルバージョンのハニーナゲット。フリーリグをするために作られているのでシンカー着底後ゆっくり落ちていきます。3.0インチなら大小問わずにたくさん釣れます。

同じフリーリグでも重量は違いますけど、フリーリグでOSPのドライブSSギルも同じような動きをしますがハニーナゲットのほうがゆっくり沈みます。多分そのゆっくり沈むっていうのがいいのでしょう、基本落ちパクでのバイトが多いような気がします。しっぽ部分の形によるのかな。

ドライブSSギルとの比較になりますが、針持はかなり悪いです。モチモチしている感じはしますがすぐ先のほうが裂けてしまいます。日本のワームは動き優先で脆く作る傾向になるのと、売り上げの側面もあるのでしょうな。

形的には目立った特徴は特にはないと思います。ただよく釣れるワームなのでストックも多めに私は持っています。ジャッカルは売上悪いワームはすぐ廃盤になってしまいますからね。

ハニーナゲットの重さとフックサイズ

ハニーナゲット3インチは7.5グラム。ボリューム的にはあまり高比重ではないです。おそらくゆっくりフォールさせるために低比重にしてあるのだと思います。脆いので高比重なのかなよくわかりません。

フックサイズはメーカー推奨は1/0、2/0サイズ。私はより遅くフォールさせるために#1サイズも使うこともあります。私は価格と性能でハヤブサフックをお勧めしています。

タックルとライン

フリーリグなのでテキサスなどが扱えるタックルであれば快適に使えると思います。私は固いロッドが好きなので、MHタックル、ラインは14ポンドあたりで使うことが多いです。スピナーベイトをメインでやる場合はラインを13ポンドを使用します。

フリーリグで使用するシンカーは5グラム~9グラムを主に使用します。フリーリグとっかワームなのでシンカー着底後のアクションで誘うので狙う距離によって重さは変えていきます。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。フィネスタックルのときはフィネスブレイブZの11ポンドを使っています。

まとめ

ジャッカルの加藤誠二氏がデザインしたフリーリグに特化したワームのハニーナゲット。フリーフォールで誘うのでキャロでもいけるのですが空気抵抗が大きいため飛距離を出すには不向きです。

ハニーナゲットの重さは7.5グラム、フックサイズは1/0か2/0。私は#1を使うこともあります。ギル型ワームなので飛距離はあまりでませんが、フリーリグは比較的飛距離が出しやすいので7グラムくらいを使えば使い勝手が良いと思います。

シンカー着底後のフォールアクションで誘うので、シンカーの重さはあまり関係なく、狙う場所の距離でシンカーを選んでいけば良いと思います。シンカーが重いと喰わないということはあまりないと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました