[一誠]沈み蟲2.6インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

昨日、釣具屋を回っていたら、入荷していました。一誠の沈み蟲2.6。通常おかっぱりから使う大きさは、2.2インチか2.6インチだと思います。個人的には2.2インチが一番使い勝手が良いと思います。
釣具屋の新着はよく見ているのですが、特にお知らせはなくて行ったらたまたまありました。

沈み蟲3.2インチはお知らせがありましたけど、デカすぎる・・・かな。琵琶湖とかボート組くらいしか使わないんじゃないかってくらいデカい。買おうか迷いましたが今回は2.4インチだけ購入しました。

あとはコンパクトスピナーベイトのKURUKOMAが売ってましたね。KURUKOMAは普段見かけず、一回入荷するともう入荷しないのかなってくらい売ってないですね。スピナーベイトは好きですが興味なかったので買いませんでした。

次釣具屋に行ってまだあったら買うかもしれませんけど、多分買わないかな・・・。

スポンサーリンク

[一誠]沈み蟲2.6インチ

赤松健さんが「困ったときの沈み蟲」と言うくらいなのでよく釣れるワームです。私は2.2インチでかなり釣果が出ているので、困っていなくても使いますけど。元々イモグラブに足を付けたイモだと村上氏が言っているので、進化させた感じなのでしょうネイルシンカーを入れるとかなりバックスライドします。

2.6インチは2.2インチに比べて全体的にかなりのボリュームアップされています。太く長くなっている感じです。ノーシンカー状態でもずっしり重たく感じます。ネイルシンカー入れてバックスライドセットにするとスピニングタックルでは厳しいかなって感じです

最近DIAWAが少し硬めのスピニングを出していますが、ML+とかならいけそうです。私はMLは持っていますが、ML+は所持していませんので多分使える言い方になってしまいます。今回私が選んだカラーは販売されていたカラーは少なかったですが、2種類買っておきましたみました。一番欲しかったカラー「リザーバーベイト」でしたがそのカラーは入荷していませんでした。

私が購入したカラーはムラカミスペシャルと活エビの2つです。

こんな感じのカラーです。スパテラもこのカラーを選ぶことが多いです。濁っていようがクリアだろうが使えるので無難なカラーで選択しています。

新品でしたが塩がかなり噴き出していました。一誠ワームは結構雑な作りでたまにちぎれたまま入っていることもあります。もともとアクション優先で脆く作ってあると思うので仕方ないですが、未開封では切れてるのはちょっとね・・・。

沈み蟲2.6インチの重さとフックサイズ

上がムラカミスペシャル、下が活エビ。活エビのほうが重さは軽いようです。すべて計りましたが同じような誤差があります。ラメの多さとカラーで重さは違ってきます。一誠の沈み蟲2.6インチの重さは10グラムと思っていればいいでしょう。

基本ネイルシンカーを0.9~1.6くらいまで入れて使うので、実際ルアーを投げるときにはもう少し重たくなると思います。

沈み蟲2.6インチのフックサイズはマルチオフセットの2/0~4/0です。ナローゲイプタイプのフックでも良いと思います。いってもそこまで縦方向にFATな感じではないのとスリットが入っているのでナロータイプでも良いかなとという感じです。

2/0だとワームを保持する部分が少なくなるので、カルティバのマルチオフセットを使う場合は4/0のほうが私は良いと思いますが通常皆が持っている3/0が一番いいかなと思います。

タックルとライン

タックルはL+~ベイトタックルかMLのスピニングタックルで遠投して使っています。Mクラスのタックルでも投げることはできますがL+の方が投げやすいので今はL+タックルでの使用がメインです。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。ベイトタックルのフィネスタックルにはフィネスブレイブZの11ポンドを使用しています。

まとめ

沈み蟲2.6インチの重さは10グラム、推奨フックサイズはオフセットフック、マルチオフセットの2/0,4/0。通常のオフセットフックなら3/0サイズくらいがいいかと思います。マルチオフセットには3/0がありません。タックルはM~MHクラスでベイトタックルが扱いやすいと思います。少し硬めのスピニングタックルでも投げることはできそうです。ラインは14~18ポンド底の状況に応じて選んでください。

沈み蟲はカバースキャットなど最近流行の高比重ワームを、村上晴彦氏がプロデュースしたって感じのワームが沈み蟲。琵琶湖などではカバースキャットと全く同じ使い方をするようです。サイズも1.8,2.2,2.6,3.2インチとあります。カラーは11種類。

2.6インチはベイトタックルでの使用ができますが、飛距離を出すならスピニングタックルです。フィールド次第でタックルは選べばいいかと思います。最初に買うなら2.2インチのほうをお勧めします。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました