[一誠]沈み蟲2.2インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

仕事で配達の帰りに地元以外の釣具店にいくと、一誠の沈み蟲2.2インチを見つけました。2.2インチの在庫の残りが2,3個になっていましたので購入しました。全部買っても良かったのですが、他の人も購入したいだろうと思って3パック購入しました。本当はニシネルアーのエリー95SDを探して少し遠い釣具店に寄ったのですが、いつもの買い物になってしまいました。

2.2インチは使い勝手いいサイズでPEラインを使ったスピニングタックルで40m以上の飛距離を飛ばすことができます。1.3グラムのネイルシンカーを入れてバックスライド状態ならさらに飛距離は伸びていきます。

ベイトタックルでも投げることができて飛距離も十分でます。ワームの形状で飛距離が出ている感じです。ベイトタックルであれば2.6インチのほうが扱いやすいです。長さの差はさほどないですがファットな感じになります。3.2インチは横も縦もかなり大きくなります。3.2インチは自重もあるためMHクラスのベイトタックルで使用することになります。

スポンサーリンク

[issei]一誠 沈み蟲

発売された当時はイモグラブに足をつけて形を少し変えただけって村上氏が言っていたので底ものノーシンカーずる引きワームとしては少し早い時期に発売されていました。

1.8インチ、2.2インチ、2.6インチ、3.2インチが販売されています。1.8インチと3.2インチは少し特殊です。1.8インチは軽いのでスピニングでも飛距離はあまりでません。3.2インチは逆に重たいのでMHクラスのベイトタックルでの使用になります。カバースキャット的な使い方です。

オカッパリのスピニングタックルで使用するなら2.2インチ、ベイトタックルを使用するなら2.6インチがいいのかなと思います。ネイルシンカー1.3グラム入れると結構なスライド幅でバックスライドしていきます。また形状的にカバーに入れやすいのでテンポよく打っていく釣りにも使えます。

またヘビキャロやライトキャロ、スプリットショットなんかでも使っています。

沈み蟲2.2インチの重さとフックサイズ

カラーで重さが違います。一誠は誤差が多いな・・・。一誠の沈み蟲2.2インチの重さは約5.5グラム。フックサイズは#1か#1/0サイズを推奨しています。私は1/0を使用しています。

ノーシンカーでも買えますが通常ネイルシンカーを使うことが多いのかな。ネイルシンカーは0.9~1.3くらいが適当だと思われるので、全体重量は7グラムくらいになります。形状がかなり遠投向きなので、0.9グラムでもPEスピニングならかなりの飛距離が出ます。

タックルとライン

基本ノーシンカーでの使用が定番だと思います。飛距離を出して釣りをしたいならバックスライドセッティングです。後ろ側に0.9~1.3グラムのシンカーを入れての使用になります。

動かし方は基本ずる引き、他は好みだと思いますが流行りのちょんちょん2回やって待つ釣りでしょうか。タックルは2.2インチはベイトタックルでも比較的飛びますが、サイズが小さいのでスピニングPEラインでの使用が気持ちよく使えると思います。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。ベイトタックルのフィネスタックルにはフィネスブレイブZの11ポンドを使用しています。

まとめ

カバースキャットなど最近流行の虫系高比重ワームを、村上晴彦氏がプロデュースしたって感じのワームが沈み蟲。琵琶湖などではカバースキャットと全く同じ使い方をするようです。

サイズも1.8,2.2,2.6,3.2インチとあります。カラーは11種類。

製造の関係もあるでしょうけど、できればバスフィッシングのハイシーズンともう一度7月8月くらいに店頭に並んでくれるとありがたいです。なんにせよ手持ちが無くなりかけていたので、ここで補充できてよかったです。

2.2インチが通常使いでは一番使い勝手いいとは思いますが、飛距離を出して行きたいときは2.6インチを使います。食わせって意味では2.2インチが一番いいサイズです。まず最初に買うなら2.2インチをお勧めします。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました