[一誠]沈み蟲3.2インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

最近ハードルアーをよく使うようになり、リールに付けるフックキーパーを探しに釣具店に。3日に一回は釣具屋に行くのはもうやばいなと思いつつ、つい見に行ってしまう。
行くだけで買わない時も多いですが、毎日ように新着のお知らせを見ているので家から10分くらいの場所にキャスティングと大きめの個人店があるのでどちらかに行くので回数が増えてしまいます。

一誠の沈み蟲、通称デカ沈み蟲がまだ残っているのを見て買ってみました。ネタ程度で買った感じです。画像を確認して気が付いたけど、少し高かったんだなぁ・・・。

カバスキャット3.5と比べると少しファットボディかなって感じです。最近村上氏はワームは比重で連れているんじゃないかと良く言っています。人間が発泡スチロールを見て軽いと感じるように、ワームやルアーを見て食べ物かそうでないかの判断をしているのではないかと。形状だけで判断しているんではなく重さ、つまり比重で判断しているのではないかと。

だから最近高比重ワームがよく釣れているんだと解説していました。あくまでも感覚としてみたいですけどね。

スポンサーリンク

[一誠]沈み蟲3.2インチ

ゲーリーヤマモトのイモグラブを参考に村上晴彦氏が作った高比重イモ系ワームの一番大きなサイズです。1.8,2.2,2.6,3.2がラインナップされています。

カバースキャットと始めとする高比重イモ系ワームの流行に乗った感じです。カバースキャットに比べるとかなり脆いので、費用対効果はイマイチかもしれません。カバースキャットは高比重ワームしては形状的なのか素材なのかワームがキャストでグズグズになりにくいのかなと私は考えています。

ワームについて観察してるわけではないですが、カバースキャットはワーム先のほうは強くなるように作られているのかもしれないですね。4インチを持っていますがあまり使ってないのでインプレもできないレベルです。

イモリッパーも持っていますがイメージはワーム素材をぎゅっと固めたような感じで少し硬い感じで、フッキングが悪そうな感じです。あとは塩をよく吹くのと、車の中が臭くなります。なのであまり使ってないです。

沈み蟲3.2インチの重さとフックサイズ

一誠の沈み蟲3.2の重さは17.6グラムです。カバースキャット3.5インチの重さが15.7グラムなのでそれよりも重たいことになります。

公式によるとフックサイズは6/0推奨で、動画内では4/0を使ってる場合もあります。これは村上晴彦氏が小さめのフックが好きってことらしいです。
カルティバのマルチオフセットには5/0サイズがないので、手持ちのフックで5/0があればそれでも良いかもしれません。

私の場合、TNSオフセット5/0かライトニングストライク5/0を使います。

タックルとライン

基本はノーシンカーで落としてずる引きというのが、良いみたいです。私は3.2インチではまだ釣ったことがありませんのでなんとも言えないです。ただ一誠ルアーの場合ネイルシンカーを多用することが多いので、バックスライドさせるなら後ろにネイルシンカーを入れることでさらにカバーの奥へいれることができます。

重さ的に太いラインを使うことになると思うので、14ポンド~18ポンドあたりを使用すると思うので、MHクラスからHクラスのロッドを使っての釣りになるかと思います。ほぼカバースキャットと同じタックルセットです。ラインはカバーの濃さ、普段通っている釣り場の状況で選べばいいかと思います。気持ち太めのラインを選んでおけばいいのかな。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。Lロッドの場合はフィネスブレイブ11ポンドを使うことが多いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

カバースキャットなど最近流行の高比重ワームを、村上晴彦氏がプロデュースしたって感じのワームが沈み蟲。琵琶湖などではカバースキャットと全く同じ使い方をするようです。サイズも1.8,2.2,2.6,3.2インチとあります。カラーは11種類。

3.2インチに関しては売れ行きによっては次に販売されるかは不明なので、使ってみたい場合は今確保しておいたほうが良いと思います。上記でも書きましたが、一誠は売れ行きの悪いルアーサイズ、ルアーは生産を絞る=手に入らないです。使ってみていい感じだったら、もう少し確保しておこうかな。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました