[一誠]沈み蟲3.2インチのフックサイズと重さインプレ[issei]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連

今回の記事は一誠の沈み蟲3.2インチのインプレ記事になります。カバースキャット3.5インチの入手が困難なので代替え品として使用しています。沈み蟲は2.2インチと2.6インチが人気があり3.2インチはあまり人気なようです。

店頭でも3.2インチは私の近所の釣具店では売れ残っています。私はある程度の在庫は確保したのでもういいかなと思っています。重さも結構あるのでベイトタックルで使うことになりますが、後方重心なので飛距離もかなりでます。

[一誠]沈み蟲3.2インチ

沈み蟲シリーズは1.8インチ、2.2インチ、2.6インチ、3.2インチがあります。人気のサイズは2.2インチと2.6インチのバーサタイルタックルで扱える重さのあるサイズです。後方重心なので飛距離もかなり出ます。ネイルシンカーを入れてバックスライドさせることもできます。スライド幅はかなりものです。

使い方はカバスキャットのようなボトムジャークかネコリグみたいに動かしてステイ、止めることが大事なので止めることを意識してアクションするといいと思います。

3.2インチは遠投して底まで沈めてズル引きかもしくはボトムドックウォークさせてステイでバスを釣るスローな釣りになります。カバースキャット3.5インチと同じですね。

沈み蟲3.2インチの重さとフックサイズ

一誠の沈み蟲3.2の重さは17.6グラムです。カバースキャット3.5インチの重さが15.7グラムなのでそれよりも重たいことになります。

公式によるとフックサイズは6/0推奨で、動画内では4/0を使ってる場合もあります。これは村上晴彦氏が小さめのフックが好きってことらしいです。カルティバのマルチオフセットには5/0サイズがないので、手持ちのフックで5/0があればそれでも良いかもしれません。

私の場合、セオライズ5/0かライトニングストライク5/0を使います。

タックルとライン

タックルはMH以上のタックルになります。Mタックルでもいけるとは思いますがフッキングを考えるとMH以上のタックルがあってるかと思います。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。飛距離アップと耐久性アップのためでPEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

 

まとめ

カバースキャットなど最近流行の高比重ワームを、村上晴彦氏がプロデュースしたって感じのワームが沈み蟲。琵琶湖などではカバースキャットと全く同じ使い方をするようです。サイズも1.8,2.2,2.6,3.2インチとあります。カラーは11種類。

3.2インチに関しては売れ行きによっては次に販売されるかは不明なので、使ってみたい場合は今確保しておいたほうが良いと思います。上記でも書きましたが、一誠は売れ行きの悪いルアーサイズ、ルアーは生産を絞る=手に入らないです。もう少し確保しておこうかなとも思っています。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました