[ダイワ]ブラックレーベルBLXLG662M/MLFBインプレッション

スポンサーリンク
ロッド・リール関連

今回の記事は私が購入した新しいロッドBLXLG662M/MLFBのインプレ記事になります。クランクなど巻物はブラックレーベル+の6101MRBでやることが多くとくに不満はありませんでした。

しかし、夏に少し釣果がよかったペンシルベイトとエリー95SDを始めとしたジャークベイトは同じブラックレベルのSG6101M+で行っています。できなくはないですが快適にできないのと大きめのペンシルベイトを使うときにラインが絡まってしまします。6101MRBやると絡まないので強くアクションをつけすぎているのだと思います。

LG系のロッドは低弾性なので強めにアクションしてもある程度はロッドが吸収してくれるので、キビキビ動かせるようになります。実際かなり動かしやすいです。腕を道具でカバーしている情けない気がしますが楽に釣りができるので満足はしています。

スポンサーリンク

BLXLG662M/MLFBインプレ

最初に印象は投げやすさです。まずは快適に投げれるルアーの下限は私が使った感じでは、エバーグリーンのワイルドハンチもう少し軽くても大丈夫だと思います。タイニーブリッツくらいでもいけそうな感じです。

スティーズシャッドは少し厳しい感じです。かなりフィネス寄りのリールを使っても厳しいです。スピニングでやる釣りなのでそこは問題なしです。投げれる上限でいうと21グラムのペンシルくらいまでは投げることができます。操作事態は快適にできます。

快適に扱えるルアーはヤマトジュニア、ブリッツ、ブリッツMAX、ワイルドハンチ、3/8~1/2スピナーベイト、110前後のジャークベイト、120サイズくらいまでミノーは問題なく使えます。ソルトみたいな重ためのミノーはどうかなって感じです。

ソフトルアーでいうとドライブスティック4インチなども扱えます。試しにテキサスやフリーリグもやってみましたが、意外と感度もよくこのロッドをバーサタイルロッドとして使っている人が多いのも理解できます。このロッドの651M/MLFBというワンピースロッドがありますがそれより2ピースのほうがパワーは強めです。

[ダイワ]BLXLG662M/MLFBスペック

全長:1.98m

継数:2

重量:103グラム

重量:4~21グラム

ライン:6~14ポンド

価格:35500円

こんな感じです。実際はもう少し上の重さでも投げることは可能です。

662M/MLFBのタックルセット

662M/MLFBに合わせるリールはスティーズCTのノーマルギアをセットしています。今のところ快適に使用することができています。次のスティーズおそらく23スティーズになると思いますが、それをセットしたいと思います。

ラインは基本私は14ポンドを使用していますが、クランクなど巻物をメインにするときには12ポンド、13ポンドも使用しますのでここら辺は好みです。ナイロンラインの場合は14ポンドを使います。

ロッドはバリアスコート済です。輝きと撥水が違います。142が新しいタイプで安いです。

まとめ

今回は新しく購入したロッド662M/MLFBのインプレを書きました。ワームを使った釣りでも感度はある程度あるのでバーサタイルロッドとしてかなり汎用性が高いロッドです。651を使ったことがあったのである程度は分かっていましたが、6101M+がスピナーベイト、チャターベイト専用になりそうな感じです。

ベイトリールを最近整理して23スティーズSVTWがでると予想しているので、発売されれば1機追加しようと思っています。21アルファスのシャロースプールも気にはなっているので23年に発売されるリールを見てまたタックルセットは考えたいと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました