[ダイワ]BLXSG671L/ML+FBインプレッション

スポンサーリンク
ロッド・リール関連

ダイワ ブラックレーベルBLX SG 6101M+FBが購入当時、私が所有しているロッドの中で一番柔らかいロッドでした。

6101M+FBもかなり使いがって良くて扱やすいロッドです。5.5インチクラスのストレートワームに1.6グラムのシンカーを用いたネコリグから、7グラムくらいまでのテキサスリグ、フリーリグ、1/2のスピナーベイト、10グラム前後のハードルアーと汎用性が高く使用頻度は高めです。

汎用性が高い分、中途半端な部分も高く重ためのストレートワームのネコリグはできるのですが4.5インチくらいのストレートワームのノーシンカー、ネコリグを投げるとなると結構きついです。

ヤマセンコー4インチのノーシンカーワッキー、カットテールのジグヘッドワッキーなどをやる場合には投げることはできますが、快適にはできないので物は試しに買ってみました。

スポンサーリンク

[グローブライト]ダイワ

最近ダイワはワームに力を入れているのか、このバス釣りワームはシャッドテールでほぼ出そろった感じです。
ネコストレートをはじめクロー系、ホッグ系、カーリーテールとラインナップは豊富です。シマノはハードルアーは出していますがワーム系は出していません。
スコーピオンルアーが今年から復刻されているので、もしかしたらワームも出るかもしれないですね。

日本を代表する2大メーカーの一つ。グローブライトの釣り部門がDAIWAになるのかな。他にはテニス道具、ゴルフ道具などを展開しています。
リールに関してはシマノが優位だと思いますが、ダイワも頑張ってほしいものです。シマノは自転車部品がメインの会社だったと思います。

時代と逆行してバス釣りに力を入れてるダイワ、シマノと比べて会社規模がかなり小さいのでなんでもやって利益を上げないといけないのでしょう。

シマノより数段優っているのはアパレルですかね。アウトドアをやっている人なんかもダイワのレインウェアなんかは人気っぽいです。

あとは小売店キャスティングの運営も行っており、ダイワ製品はもちろんライバル社のシマノ製品も店舗で販売しています。

商魂がたくましい限りです。

キャスティングはオンラインで注文して店舗で受け取れて、取り扱いアイテムの数も多くいです。ネットで注文して店舗受け取りなら、少額でも送料はかかりません。支払いも店舗かオンライン決済どちらも選べます。ポイントアップの券などタイミングを合わせて使うとお得です。

唯一不満なのはキャスティングのオンラインサイトは重たくて使いづらいことですかね。

BLXシリーズSGとLGシリーズ

ダイワのブラックレーベルがリニューアルして、BLXシリーズになりました。

SGシリーズはどっちかというとワーム、ワイヤーベイトのシングルフック系が向いている高弾性カーボンを使用したロッドシリーズです。

巻物をはじめとするハードベイト系のトレブルフック系は低弾性のからめとる?タイプの低弾性カーボンを採用しているLGシリーズがあります。

SGシリーズでハードルアーができないことはないですし、LGシリーズがワーミングできないわけでもありません。LGの6101MRBを2か月くらい借りてテキサスなんかをやっていましたが特に感度が悪い思うことはなく、SGに比べると少し悪いのかなって程度です。投げやすいのはLGシリーズなのかなと思います。

今回購入したBLX SG 721H+はSGシリーズになります。ワーミングロッドですが、ジグロッド専用なロッドです。私の使用用途がヘビキャロなので感度はそこまで関係ないので投げやすさと強さで選んでいます。

BLX SG 671L/ML+FBインプレ

スティーズCTSVTWのシャロースプールを買って使っていましたが、4.5インチのネコリグをキャストすることができるのですが、ロッドが固すぎてキャストしずらく快適ではなかったためもう少し柔らかいロッド、ベイトフィネスロッド671L/ML+を導入しました。ノーシンカーワッキーなども無理くり投げていたのでその辺も楽にしたかったのもあります。

シャロースプールのスティーズCTはかなり使いやすく、小場所でのキャストアキュラシーを考えるとスピニングよりそういった場所では、多く出番が出てきそうです。おかっぱりの場合はどうしても飛距離が必要になる場合があるのでスピニングの出番もあります。

ロッドとスプールをほほ同時期交換したので、投げやすさはかなりあがりました。ヤマセンコー4インチ、7~10グラムくらいのノーシンカーワームはストレスなく投げることができます。

飛距離もそれなりにでるので今は10ポンドラインに下巻きにPEラインを少しいれています。実釣で全部ラインが出てしまうようなことはないです。

個人的には3.5グラムくらいのライトテキサスリグ、1.3グラムの4インチくらいのネコリグ、は快適にできます。

ロッドスペック

全長(m):2.01
継数(本):2…グリップジョイント
仕舞寸法(cm):174
自重(g):97
先径/元径(mm):1.7/12.9
適合ルアー(g):1.8~18
適合ライン(lb):5~14

まとめ

投げやすさって意味では他のフィネスロッドのほうが良いものがある気がします。ただずる引き、テキサスリグ、ネコリグみたいな底を感じながら釣る釣りには向いているのかなと思います。

小場所にバシバシキャスト決めるには慣れが必要だと思いますが、すぐ慣れると思います。どちらかというと投げやすさはリール次第かなって感じがします

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました