[デプス]カバースキャット4インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

カバースキャット3.5インチのの記事を書いたので、4インチもついでに書いておきます。一緒に書いてもよかったのですが、4インチは今後あまり使うことがないと思って別で書いています。

2020年くらいにカバースキャット3.5インチの釣りが琵琶湖で流行りだして動画や雑誌で紹介されて私も探しましたが手に入りませんでした。

当時デプスも売れ筋ではなかったためにそんなに増産もせずにいたのだと思います。発売されて以降そんなに店頭にならんでいませんでしたから。それで急に流行り始めて私が購入したのでが4インチでした。

スポンサーリンク

[deps]デプス

奥村和正氏が代表を務めるルアーブランドです。私の印象は少しイカツイプロスタッフが多い気がしますwあとはルアーがとにかくデカい!ってイメージでしょうか。私が知ってるところだと木村健太氏とガイド前田氏くらいかな。

私はあまり多く使用するルアーブランドでは少ないですが、アベレージが大きな琵琶湖をメインにしている人なんかはよく使うのでしょう。私が思いつくのはデスアダー、ブルフラット、カバースキャット、イヴォーク、NZクローラー、サカマタシャッドくらいです。他にも沢山あると思いますが推しメーカーではないのでそんなに詳しくありません。

ロッドもたくさん出していますね。店頭ではあまり見ないので入手困難なのでしょうねオークションなんかで取引されているのを見かけたこともあります。定期的にヒット商品をだしているイメージが私にはあります。

カバースキャットは今は落ち着いてきましたが高比重ワームを底でドックウォークさせるような釣りを大流行させました。本来はサカマタシャッドでやっていたようですが、沈むのが遅かったかサカマタがなかっただかでカバースキャットでやったら釣れたってことでやり始めたのがきっかけだったような気がします。真実は動画なりで語られているので調べてみてください。

ヒットルアーは出すのですが、ルアーがヒットする理由は他力本願って感じですかね。ブルフラットが流行ったのはユーチューバーマスゲンと青木大介氏が使用してらしいので良いルアーは作るブランドです。パクリルアーも多い印象ですが、そういう世界なのでしかたないです。

カバースキャット

今更語ることはないですが大人気ワームです。2年くらい入手困難な状態が続いているんじゃないでしょうか?

スキッピングで叩きいれるように作られたワームで、カバー攻略ワームだったはずが琵琶湖の人気ガイド冨本タケル氏がやり始めた新しい釣り方が大当たりの大ブレイクして広く認知されました。

サカマタシャッドの代用として使い始めたのきっかけだそうです。

正直カラーは好きなのを使えばいいかと思います。

投げてラインが沈むまで待ち続けて、チョンチョンしてステイの繰り返しです。私には苦痛な釣りでしかありません。どうしてもズルズル引いたり、アクションしたくなってしまいます。

ソルト40パーセントのなので、パッケージのなかで塩吹きまくりです。当然フックも防錆が弱いフックだとすぐに錆びてしまいます。ケースに入れておくと被害が拡大するので隔離して保存する必要があります。

2.5インチ、3.5インチ、4インチのサイズがラインナップがされています。2.5インチと4インチはそこまで需要がなく入荷後も結構長い間残っています。

先端側

後ろ側

裏側

針先、フックポイント

[デプス]カバースキャット4インチの重さとフックサイズ

カバースキャット4インチの重さ↓

カバースキャット4インチの重さは28.9グラム、ソルトが抜けてくると軽くなるようです。公式では26グラムとされてます。

フックサイズはオフセットフックの6/0~です。7/0以上は見かけることがないので実質入手のことを考えると6/0サイズになるかと思います。スリットが深いのでナローゲイプタイプを推奨しているプロもいます。

6/0となると取り扱いメーカーも限られてきますね。5/0までがスタンダードなのかな。

使用タックル

自重がかなり重たいため遠投を考えるならHクラスのロッドになると思います。MHクラスでもできなくはないと思いますがオカッパリメインの人が多いと思うので汎用性の高い硬めMHなら行けるかと思います。

フッキングストロークを考えると7フィートくらいロッドがいいのかなと思います。

私はダイワロッドを好んで使っていますが、ダイワロッドは他のロッドに比べると硬い傾向にあります。シマノロッドと比べるとダイワのMLがシマノのMな感じです。私の感覚ですけどね。

友人が使ってるロッドです。軽いです。釣ったわけではないので感度なんかは分かりません。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

今回は3.5インチより先に購入していた4インチカバースキャットの記事を書いてみました。4インチカバースキャットの重さは28.9グラム、フックサイズは6/0~実質7/0を購入しても他に使い道があまりないので6/0を使うのがいいのかなと思います。

ロッドはMH~HクラスおすすめもHクラスかなと思います。ラインは16~20ポンド。アクションは動画で確認してください。私にはしんどい釣りです・・・どうしても動かしたくなる衝動を抑えなくてはなりません。

3.5インチを手に入れたので4インチの出番はほぼ無くなるかなと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました