[一誠]沈み蟲1.8インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

一誠の高比重ワーム沈み蟲1.8インチです。私はヘビキャロのワームとして購入しました。高比重ワームですが軽いのでネイルシンカーを入れないと投げるのは厳しいかと思います。

PEラインを用いたスピニングタックルなら投げれないこともないですが、アルファスエアリールでなげるのは厳しかったです。少し重めのネイルシンカーを入れて投げる分には、投げることが可能かもしれません。ただ私が使った感じ投げることはできますが、コントロールはしにくいといった感じでしょうか。

PEラインを使ったスピニングタックルで使うのがいいのかなと思います。他はスプリットショット、ライトキャロで使うくらいでしょうか。

スポンサーリンク

一誠 沈み蟲1.8インチ

ゲーリーヤマモトのイモグラブを参考に村上晴彦氏が作った高比重イモ系ワームの一番大きなサイズです。1.8,2.2,2.6,3.2がラインナップされています。カラーは11種類。

沈み蟲の中で一番小さいサイズです。個人的にはもっと太くても良かった気がします。このサイズでやる釣りとなるとサイトで釣りになるのかなと思います。あまりに小さいので見つけてもらえるのかなと・・・。

[一誠]沈み蟲1.8インチの重さとフックサイズ

沈み蟲1.8インチの重さは3グラム。フックサイズはメーカー推奨は#2、カルティバの村上氏プロデュースのマルチオフセットフックのサイズです。

最大サイズの3.2インチと並べると・・・

このくらいの差があります。ボリュームが全然ちがいます。

私が購入したカラーはこちらです。これしか売ってなかったのでまぁ仕方なくです。村上スペシャル、活エビ、リザーバーベイトがよかったですけど・・・。安売りしてたので買ってみた感じです。

タックルとライン

基本はノーシンカーで放置、ずる引き、今流行りの2回ちょんちょんして待つ釣りでしょうか。そんなに私はヘビキャロ用のワームとして買いましたが、どんなリグでも遊べると思います。

タックルは私の場合、ヘビキャロになるのであまり参考になりません。アルファスエアで投げた感じ、柔らかいフィネスロッドを使ってネイルシンカー打てば使える感じでした。ノーシンカーだと投げることはできますが、正確なコントロールで投げるのは慣れが必要かなという感じです。快適に使えるとは言い難いです。

PEラインを用いたスピニングタックルが一番使いやすいと思います

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。ベイトタックルのフィネスタックルにはフィネスブレイブZの11ポンドを使用しています。

まとめ

カバースキャットなど最近流行の高比重ワームを、村上晴彦氏がプロデュースしたって感じのワームが沈み蟲。琵琶湖などではカバースキャットと全く同じ使い方をするようです。サイズも1.8,2.2,2.6,3.2インチとあります。カラーは11種類。

高比重ワームといっても1.8インチで3グラムしかありません。したがってある程度のシンカーを使用して使用するほうがいいのかもしれません。ネイルシンカー、フリーリグなどならベイトタックルで使用することができます。
ノーシンカーでの使用したいのであれば、PEラインを使ったスピニングタックルでの使用でないと厳しいと思います。私はヘビキャロ用のワームとして買ってみただけなので、多様なリグで試してみたわけではないのですがアルファスエアを使ってもノーシンカーでの使用は難しそうでした。

私が店頭で見かけたときにはこのカラーしか残っていなかったので、他のカラーも買ってみたいと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました