[一誠]沈み蟲1.8インチのフックサイズと重さインプレ[issei]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連

今回の記事は一誠の高比重ワーム沈み蟲1.8インチのインプレ記事になります。私はヘビキャロのワームとして購入しました。高比重ワームですが軽いのでネイルシンカーを入れないと投げるのは厳しいかと思います。

ただPEラインを用いたスピニングタックルなら投げれないこともないですが、ネイルシンカーを打てばスピニングタックルでも普通に投げて使うことができます。キャロやスプリットショットリグのワームとしては優秀なのかなと思います。形状からくる空気抵抗のなさはキャロのネックである、投げた時の回転を抑えてくれます。

一誠 沈み蟲1.8インチ

沈み蟲シリーズは1.8インチ、2.2インチ、2.6インチ、3.2インチがあります。人気のサイズは2.2インチと2.6インチのバーサタイルタックルで扱える重さのあるサイズです。後方重心なので飛距離もかなり出ます。ネイルシンカーを入れてバックスライドさせることもできます。スライド幅はかなりものです。

使い方はカバスキャットのようなボトムジャークかネコリグみたいに動かしてステイ、止めることが大事なので止めることを意識してアクションするといいと思います。

1.8インチは私はキャロのワームとして買いましたが、ドンキーリグとの相性がかなり良く一番釣果を上げています。ただワームの消費が多くなるのである程度は、釣れることが分かっている場合に使うといいかと思います。

[一誠]沈み蟲1.8インチの重さとフックサイズ

沈み蟲1.8インチの重さは3グラム。フックサイズはメーカー推奨は#2、カルティバの村上氏プロデュースのマルチオフセットフックのサイズです。私は#4を使ことが多いです。そうでないとネイルシンカーを入れるスペースがないからです。

タックルとライン

ロッドはLクラスのロッドを私は使用しています。ラインはPEラインを組んでいます。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

PEラインは安いのと、どこでも売ってるダイワのPEライン0.8号をメインに使っています。飛距離重視の場合はYGKのアップグレード0.6号の4ブレイドを使います。本当はYGKだけでやりたいのですが高いので0.8号はダイワにしています。ダイワのPEはブランド名が違ってもラインは同じです。↑リンクに記載しています。

バス釣りの場合は根ズレに強い4ブレイドがいいみたいですが、私はキュルキュル音がするのが嫌で8ブレイドを使用しています。4ブレイドは価格の安さが魅力です。飛距離は変わらないので音がしても安いラインのほうが良いかどうかの問題です。表記だけを信じるならYGKが最強です多分。同じ号数を使っていても力ずくで切るのが大変です。PEラインを引っ張るアイテムがあるのでも持っておいたいいです。私は一度ロッドが折れているので、カラビナカッターをバックに付けています。

バス釣りの場合、PEラインはそこまで長く巻く必要がないため150mを買って75mづつ使えばいいかと思います。70m以上飛距離ほぼないですが、出る場合は200m巻きを買うしかないですが無駄が出ます。リールが3個かリサイクラーがあれば下巻もきっちり巻くことができます。一度安いフロロライン10ポンドで下巻をしてしまえばあとはPEラインだけを交換するだけです。

まず使用するスピニングにPEを75m巻いて下巻のフロロを結び、自分の好きなとこまできっちり巻いて、次は違うリールAに巻いて、次に別のリールBかスプール交換して巻いてスピニングに巻けばPEラインが上にきます。このときフロロの巻き数とPEの巻き数を覚えておけばこの作業すらする必要がありません。

リーダーは気持ち太めのラインを選んでいたほうが無難です。私の場合は0.8号には14ポンド、0.6号には12ポンドを使用してます。ラインはスティーズクロスリンクかグランドマックスを使っています。リーダーは使う長さが短いので良いラインを組んでいます。コスパならスティーズの方が良いです。

まとめ

今回の記事は一誠の沈み蟲1.8インチのインプレ記事を書きました。はじめはキャロのワームとして使うつもりですが、個人的に数年前からドンキーリグをやっていて、沈み蟲との相性がよくドンキーリグで使うことの方が多くなりました。キャロワームは同じ一誠のビビビバグなどもあるのでそっちを使えばいいと思っています。

ただ3.2インチ以外は人気で手に入りにくいので、また店頭に並んだら少し在庫も含め常識の範囲で購入したいと思います。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました