[ディースタイル]Dαスピナーベイトインプレ

スポンサーリンク
ハードルアー関連

Dスタイルから発売されている格安スピナーベイトです。1000円くらいで販売されています。安いからか近場の釣具店でも多く販売されています。

3/8と1/2が展開されていて、カラーもそこまで多くないですがスタンダードなカラーは販売されています。ブレードもダブルウィローとダブルコロラドがあります。3/4はダブルウィローのみあります。

安いなりに問題も少しありますが、フックサイズも大きくアメリカンなスピナーベイトです。国内ではアパッチも同じくらいのフックサイズです。

少し大きいバスを数匹釣るか、根掛かり等強く引っ張るようなことをするとワイヤーが折れてしまいます。金属疲労ってやつだと思いますが、Dゾーンも同じ症状ですが動き優先ってことになっているのでしかたないかなと思います。

あとはブレードのスプリットリングが弱いのとスイベルが回らなくなるので、買ってすぐ交換しておくとストレスなく使うことができるかと思います。

スポンサーリンク

[ディースタイル]Dαスピナーベイト

Dαスピナーベイトの一番の特徴はまずは価格です。1000円を切る価格で販売されています。フックも大きくトレーラーフックをつけなくてもいいんじゃないかってくらい大きいです。
通常サイズらしいですけど、日本で販売されているスピナーベイトは2/0くらいが多く、多分Dαスピナーベイトは3/0です。

使った感じは引き重りはそれなりにありますが、使用感は悪くないです。ダブルインディアナは引き抵抗がかなり重く、振動もきます。スピナーベイト巻いてるなって感じるのはダブルインディアナのほうかなと思います。

カラーはチャート、キンクロ、シルバーがあればいいと思います。1個ならチャートだけあればどこでも使えて便利です。MHタックルがあるのであれば1/2がいいかなと私は思います。Mタックルなら3/8がいいと思います。

デメリット・不具合

次はデメリットというか問題は↑の動画と同じでワイヤー折れてしまいます。程度の悪いワイヤーなのか曲げ方なのかと思いましたが、形状的にブレードの応力がラインを結んでいると横の曲がり部分に集中して折れるんじゃないかと思います。

次はベアリングの周りが悪くなることです。

これはスイベルとスプリットリングを交換すればいいだけです。スプリットリングはクランク、ミノーなどと共通させたほうがいいので#2か#3をスイベルは小さいと取り付けが面倒なので少し大きめで、キャロなどで使えるサイズを選んでおけば、残りも何かに使えると思います。

トレーラーフック

根掛かりの心配がない場合はつけたほうがいい気がします。どうせつけるなら1/0以上のサイズをつけたほうがいいと私は思っています。

トレーラーワーム

重くしたときとゆっくり引くときに使います。

タックル・ライン

私のタックルはM+があるのでそのタックルで行っています。ラインは12~14ポンドくらいがいいと思います。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。Lロッドの場合はフィネスブレイブ11ポンドを使うことが多いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

スイベルとワイヤーが折れること以外は言うことなしの、スピナーベイトです。ただ見た目も安っぽいので微妙ですが釣れるのでコスパを考えるといいスピナーベイトだと思います。

レンジキープ力はボトムアップのビーブルのほうがやりやすいです。Dαスピナーベイトはある程度スピナベイトを使った経験のある人向けかなと私は思います。初めてとか1個だけならビーブルかスティーズスピナーベイトをお勧めします。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました