[ダイワ]ボスクロー3.4インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

昔バックスライドワームが流行り始めたときに発売されていたダイワのバックスライドワームです。当時のボスクローも持っていましたが軽すぎてボート以外では使い勝手悪かった気がします。

今ほどフィネスタックルがあったわけでもなく、PEラインを使ったスピニングタックルも発展途上って感じでした。キャスティングオンラインで注文しておいたネコファット4インチ5インチを受け取りに店舗に行ったら置いてあったので購入してみました。

以前のボスクローはコアショットを採用していましたが、今回のボスクローは普通のバックスライドワームとして出してきたようです。監修しているのは佐藤建人氏です。私はあまり認識ないダイワのプロスタッフです。

5個で600円くらいなので安く感じますがそうでもない感じです。ダイワのワームはキャスティング店舗が近くにあればいつでも手に入れることができます。なければ注文もできます。

ダイワは最近もう一つバックスライドもできるワームを発売していますスターリングツインです。このワームも順刺しでもバックスライドでも使えます。コンセプト的には似たような感じなのでどうなのかなって感じですね。

またダイワ製品多くはアマゾンでも取り扱いしているアイテムが多くあり、スティーズスピナーベイトなんかはたまに1000円以下で売ってたりします。他にもラインなんかも安く取り扱っています。

スポンサーリンク

[DAIWA]ダイワ ボスクロー

私はバックスライドワームが好きで大抵発売されているワームは試していると思います。そんなことで今回もお試しで買ってみました。買った帰りに少し使った感じだとバックスライドはしますがすごくスライドするわけではないです。

大抵のインプレサイトは買いもせず、使いもせずのインプレばかりなのアフィリエイトサイトが最近は多くまともなのがないのでブログを書くついでに実際に使ったルアーのインプレを書いています。

よくあるバックスライド系の形をしたワームです。爪部分も最近多くのワームが採用している形です。スライド幅は一誠の沈み蟲ほどはスライドしません。ネイルやオフセットフックの形状にもよりますが私が試したときはハヤブサのライトニングストライクの3/0を使用しました。

もう少しワイドゲイプのオフセットフックを使えば低重心になるのスライド幅も少し増えるかもしれませんが、同じダイワのスターリングツインと同じくらいかなと思います。

バックスライドをさせるのはヤマセンコーでもできるので引っ張るラインと下向きに沈む力が同じようになれば斜めに沈んで行きます。小判型にすれば大抵の場合バックスライドさせることができ、特徴を出すために爪や髭、ヒレをつけているだけです。

同じサイズのバックスライドワームだとボトムアップのハリースライドのほうが優秀で飛距離もでるかなという印象です。

ハリースライドは少しセッティングがシビアな印象ですけど。

ダイワ ボスクロー3.4インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

ダイワのボスクロー3.4インチの重さは10.1グラム。このくらいの重さがあればベイトタックルで投げることができます。スピニングタックルであればMLクラス以上であれば投げることができるかと思います。

少し作りが荒い感じです。

ありきたりな形です。

最近にたような爪形状が流行っているのか、よく見かけます。私の思い違いかもしれませんけど。

ボスクロー3.4インチの推奨フックサイズはオフセットフック2/0~3/0サイズです。3/0のほうがしっくり感じです。ネイルを入れればもうスライド幅を調整できると思います。私のおすすめフックはコスパと性能でハヤブサフックをお勧めします。

タックルとライン

ノーシンカーが基本で~0.9グラムくらいまでのネイルシンカーを入れるネイルリグくらいかなと思っていましたが、少し使っていると意外とフリーリグには向いているのかなと思います。

タックルはMクラスのベイトタックルであれば快適扱えると思います。

一応スピニングで投げてもみましたが投げれますが空気抵抗が大きいのかバランスが悪いのかノーシンカーだとイマイチ飛距離がでませんでした。ネイルを入れてなかったので少しネイルシンカーを入れてあげると安定するかもしれません。10グラム程度なので少し硬めのスピニングでの使用です。

フリーリグやるならMHタックルがいいかなと思います。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

ダイワがバックスライドワームのボスクローをリニューアルした22ボスクロー。ボスクロー3.4インチの重さは10.1グラムでフックサイズは2/0~3/0です。ベイトタックルタックルで使うことが想定されていると思いますが、少し硬めのMLクラスのスピニングタックルでも使えます。

基本ノーシンカーバックスライドで使うのがよいと思いますが、0.3~0.9くらいのネイルシンカーを入れたほうがスライド幅はよくなるかもしれません。フックサイズや使うフックメーカでも変わってくるかと思います。

ボトムアップのハリースライドが結構良かったので私の場合は今後買うことはないかなって感じです。せっかく買ったのでもう少し使いたいとは思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました