[ゲーリーヤマモト]カットテール4インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

バス釣りにおいては定番、誰もが知ってるストレートワームだと思います。昔からあるワームですがずっと売れ続けているワームです。本場アメリカでも人気はある程度あるらしく大手の通販サイトなんかで見かけます。

私はアメリカワームが欲しいときはセールのときにまとめて買うことがあります。海外、アメリカのセールはソフトルアー、ハードルアー30~40パーセントオフとか普通です。

ゲーリーワームも青パッケージはアメリカで販売されているものなので、通販とかオークション、メルカリなんかでたまに転売されています。セール時に5インチヤマセンコーを買うと為替の影響もありますが、4.5ドルくらいで販売されていました。送料がかかるのである程度の数を使う人はまとめ買いをすれば安くなります。

海外通販を使うときはペイパルを使うのが安心かと思います。クレジットカードでも買えるのですがアリエクスプレス系は商品が届かないとかあるので、そういった場合返金してもらえる可能性があります。買う側にはデメリットはないのでお勧めです。手続きと問い合わせが日本語でもできるのでアカウントを取っておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

[GARY YAMAMOTO]ゲーリーヤマモト カットテール

カットーテールは海外ではどれが元祖か分からないくらい、同じようなストレートワームが出ています。フォールするときにゆっくり落ちて微妙にうごめいて落ちていきます。
ライトテキサス、直リグ、スプリットショット、ネコリグで使うことが多いかと思います。

価格も国内のワームより多く入って、同じくらいの価格なのの魅力でセールのときはさらに安く買うことができます。特徴といえばカットテールの由来のテール部分でしょう。↓

あとはオリジナルの素材でしょう。ゲーリー素材ってやつですね。とにかくプロ中でも愛用者が多く、海外含めてかなりのヘビーユーザーがいます。一誠のスパテラもカットテールを意識して作られていると思います。見た目は違いますけどコンセプト的には同じっぽいです。

[GARY YAMAMOTO]ゲーリーヤマモト カットテール4インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

ゲーリーヤマモトのカットテール4インチの重さは2.6グラム。意外と軽く感じます。ゲーリー素材のイメージでもっと重たいのかと思いましたが軽いですね。カラーによってもう少し重かったり軽かったりします。細身のワームなのでこんなものかなと。同じゲーリーヤマモトのヤマセンコー4インチは6.8グラムありました。

カットテール4インチのフックサイズはオフセットフックは1/0がマッチします#1#2でも悪くはないです。ネコリグ、ワッキー等マス針は好みだと思いますが#1前後で良いかと思います。フックは人それぞれ考え方があるので、好みによって選んでいけばよいと思います。

私はハヤブサフックを愛用しているので、オフセットフックはDASオフセットかライトニングストライクを使用しています。ストレートワームの場合はシルエットが気になるのでナロータイプを選ぶことが多いです。

タックルとライン

カットテール4インチはネコリグ、ノーシンカー、ダウンショットリグ、スプリットショット、ライトキャロ、三又ヘビキャロとどんなリグにでも対応できると思います。私は4インチカットテールを使うときはライトテキサス3.5グラム、フリーリグ3.5~7グラム、スプリットショットリグ2.5~5グラムです。

スプリットショットを一番使うかなといったところです。ライトテキサスもフリーリグも釣れなくはないと思いますが、ライトキャロとスプリットショットは操作が楽でアタリも明確なのが多いのでアタリを楽しみたいタイプの人にはお勧めです。数釣りもできますしね。

あとはヘビキャロの時にたまに使う程度です。タックルはスプリットショットの時はL~MLスピニングタックルを使用。ラインはPE0.8~1号にリーダー10~11ポンドライン。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックス2.5号を使用しています。

まとめ

ゲーリーヤマモト カットテール4インチの重さは2.6グラムでフックサイズは1/0、#1が適当かと思います。リグは基本、軽さからノーシンカーを除いて、ほとんどリグに対応します。ネコリグ、ノーシンカー、ダウンショットリグ、スプリットショット、ライトキャロ、三又ヘビキャロなど。

タックルは比較的ライトなタックルで遊べると思います。5インチになるとベイトタックルでフリーリグ、テキサスリグ、ネコリグなど5インチのほうが幅広く使うことができます。4インチはキャロとスプリットショットリグに最適だと私は思っています。

私も↑の動画のように直リグをやるこも多いです。スプリットショットリグが一番多いですけど。カラーも豊富でどこでも手に入るので一度は使ってみるといいと思います。最後にゲーリーヤマモトワームは色移りするのでケース保管するときは区切りがあるケースでの保管が必要です。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました