[ニシネルアーワークス]エリー115TWインプレッション

スポンサーリンク
ハードルアー関連

今月楽しみにしていたニシネルアーワークスのルアーエリー115TWです。ハイフローティングミノーになります。

ニシネルアーワークスのルアーはエリーシリーズとベビーアビノーが私の中ではかなり釣れているハードルアーになります。私の近所の釣具店でもエリーの取り扱いはあります。

今回は入荷情報のラインが来て、閉店間際に買いに行きました。同じ数入荷したそうですが私が買ったカラーだけ残り2個でした。私は始め白を買おうと思っていましたが、みんなが選んでいるのでそのカラーがいいのかと揺らいでそっちのカラーを購入しました。

白ピーチカラーは今週末届く予定です。

ミノーのしてはかなり高いと思います。ソルトルアーかってくらいですね。

スポンサーリンク

ニシネルアーワークス エリー115TW

2日ほど使ってみましたが難しいですね。メーカー推奨の動かし方はそんなに難しくないですが、上の動画のようなジャークは少し慣れが必要です。

MLクラスのロッドがあるともっと楽にできるのでしょけど、Mタックルでやっているのでできないのか、単純に私の腕の問題なのか・・・。ある程度の時間続けてるとできるようになります。

浮力がかなりあるのでぽこんっと浮いてきます。

エリー115TWのスペック

全長:115mm

重量:17.1グラム

潜航深度:30~50センチ

フック:#5 拘りのイチカワフック

スナップ:#1

価格:2420円

タックルとライン

タックルはルアーの重さが結構重たいのでM~MHくらいがよいと思います。公式の動画でもM+とMHクラスベイトロッドを使用されています。

ラインは公式ではナイロンとPEラインを推奨しています。PEラインは他の釣りがしにくくなってしまうのでナイロンラインで使うほうがいいと思います。巻いて止めての釣りならフロロカーボンラインでできます。

クランクやシャッドなどもそうですがフロロカーボンラインでやると潜航深さが変化してしまうのでナイロンでやったほうが私良いと考えています。あとは多少の伸びがあるので高弾性ロッドでも使えることです。専用ロッドを買わなくていいということです。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

ニシネルアーワークスのエリーシリーズのハイフローティングミノーのエリー115TWのインプレ記事を書きました。

エリー115TWは使えばわかりますが好き嫌いが分かれるミノーかなと思います。ただ巻いて止める使い方なら簡単に操作できますが、ジャークして使うにはかなり慣れが必要です。タックルもタックルというよりナイロンラインを使ったほうがエリー115TWに関してはやりやすいと思います。

私もただまだ釣れていないので、これからもう少し使い込んでいきたいと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました