[RYUGI]ヘビキャロシンカービーツインプレッション

スポンサーリンク
ライン、小物その他

今回はリューギのヘビキャロシンカービーツのインプレ記事になります。私は三又ヘビキャロもライトキャロもスプリットショットもかなり多用します。理由は投げて基本はずる引きだけなので楽なのと投げてワームパワーに任せて別のこと考えながらできるので好んでやっています。

よくスマホ見ながらドラグを弾いてラインを回収してやっている人もいるかと思います。カバースキャットみたいな釣りでも同じような感じでやっている人も多いのではないでしょうか?

遠投して釣る場合は三又ヘビキャロを組みますが、その場合は専用タックルを組んでやりますが、釣り場でヘビキャロでもやろうかな?ってノリな場合は通常のヘビキャロを組んでやります。

ヘビキャロ問わずシンカーを使った釣りの天敵は底での根掛です。ある程度は経験でなんとかなる場合がありますが、どうしようもないときも多々あります。どちらが先に販売したかは不明ですが一誠のUSSがかなり根係しないので同じ形のビーツもいいのではないかと思って使っていました。

ビーツは1個だけ持っていましたがロストしたので、今回は3個買ってみました。いつもは21グラムだけを使用していましたが試しに前後の重さのビーツも購入してみました。

スポンサーリンク

[RYUGI]ヘビキャロシンカービーツインプレ

ビーツはタングステンシンカーなので底のコツコツした感じはかなり伝わります。三又でヘビキャロで使うスティックタイプのシンカーなど比じゃないくらい振動が伝わります。

中堅クラスのロッド私はダイワのBLXですが、甥っ子は22エクスプライドですがそのクラスであれば違いが判るとおもいます。低価格帯は少し投げたくらいで使ったことはないので分かりませんが、ゾディアスクラスでは違いが判らないって甥っ子は言っていました。

多分一番気になるのは根掛だと思うのですが、私が通っているダムでは一度もロストしないで3か月くらい使い続けていました。釣行回数でいうと20回の5時間でキャロは1時間~1時間半くらいやるのでそのくらいはロストしていないってことになります。無くなったのは遠賀川なのでダムで使い続けていればもっと寿命は延びたかもしれません。

ビーツの前はバレーヒルのシンカーもかなり根掛の少ないキャロシンカーでした。ただビーツのほうが上かなという感じです。

ビーツが出るまでは一番使われていたシンカーじゃないかと思います。私も根掛の少ないシンカーだなと思っていました。

あとはビーツは価格が高いので2個入っているバレーヒルのシンカーと比べると、地域差根掛の多い場所でやる人はビーツ、そこまで根掛の少ない場所ならバレーヒルのキャロシンカーでもいいのかなと思います。

ヘビキャロタックルとライン

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

28グラムなら16ポンドくらいを使っておいたほうが安心だと思います。ナイロンは明らかに飛距離に差が出るのでナイロンアンチでなければおすすめです。

リーダはワームも根掛するのでここは少し弱めの10ポンド~12ポンドにしておきます。グランドマックスの2号あたりかフィネスブレイブZの10ポンドを私は使用しています。

次に結構大事なノット保護のシンカーストッパーです。これはデコイのが他に用途にも使えて便利なのでバーサタイルキーパーを使っています。トレーラフックのストッパー、ワームのストッパーノット保護と使えます。シンカーを固定したいときには使えませんが、シンカーを固定すると根掛が外しにくいのであまり固定することは私はしていません。

次にスイベルですが手に入りやすいダイワのスイベルを使用しています。安いのも魅力です。サイズは好みでいいかと思います。6~10番を選んでおけばいいかな。私はスピナべのスイベルにも使うので6番と5番を持っています。キャロの場合8番か6番を使っていますがそこまで気にいていません。

ロッドはMH~Hクラスのロッドで使用します。Hタックルのほうがいいのかと思います。

キャロロッドなので使い心地は抜群です。テキサスリグ、フリーリグ、高比重ノーシンカーなども快適に使うことができます。

まとめ

今回の記事はリューギのヘビキャロシンカービーツのインプレ記事を書きました。根掛しないわけでないので、しにくいだけです。状況によってはすぐにロストする場合もあります。

ある程度そこの状態を安いバレットシンカーなどで把握してから使用したほうがいいかなと思います。タングステンシンカーな上にリューギのシンカー全体的に高価なので底の状況をある程度把握してからでないとロストは精神的にダメージがありますからね。

キャロとしての使用感は抜群である程度の回避率は高いほうだと思うので、軽いほうを一個使ってみて気に入れば、他の重さも買っていけばいいかと思います。バレーヒルのシンカーはライトキャロなんかにはすごくお勧めです。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました