[ケイテック]スイングインパクト3インチフックサイズと重さ[インプレ]

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

今回の記事はケイテックのスイングインパクト3インチの記事になります。ダウンショットリグで使う人が大半のワームかと思います。大きいサイズはスイムジグなどで使うことはあります。

寒い時期になるととにかくリアクションバイトを狙うか超絶スローでの釣りになってくるかと思います。リアクションはメタルバイブやバイブレーション、テキサスリグでやる瞬テキなどです。その反対のスローな釣りの代表のヘビーキャロライナリグやダウンショットリグ、あとは高比重ノーシンカーがスローな釣りになるかと思います。

その中のキャロライナリグで使うワームとして私はスイングインパクト3インチを使っています。空気抵抗が少なくゆっくり沈んで、それでいて安いという最高のワームです。ケイテックはワーム製造の工場を持っていて、OSPやDスタイルのワームとかも製造しているようです。なので自前で製造工場を持っているので安く販売されています。

スポンサーリンク

[ケイテック]スイングインパクト

スイングインパクトは2インチから4.5インチまでのラインナップがあります。また派生商品のスイングインパクトのFATシリーズがあります。FATシリーズは店頭では多く売ってるお店はあまり見ない感じです。

ケイテック事態がSNSとかでバンバン広告しまくるレイドジャパンとは反対であまり、宣伝活動していないので派手さがない気がします。製造請負業がメインだと思うのでそこまで自分のところのルアーを売る必要はないのかなと思います。

スイングインパクト3インチはとにかく細く小さいまさにエサっぽいワームです。リングボディなのでフォールスピードもかなりゆっくりです。一応シャッドテールなので引くとテールがぷるぷるしてアピールします。私はキャロでしか使わないのでずる引きでは見た感じは、ただ引きずられているワームといった感じです。でも不思議とたくさん釣れるので琵琶湖なんかでも使っている人は多いようです。

スイングインパクト3インチフックサイズと重さ

スイングインパクト3インチの重さは2グラム。キャロライナリグをやる場合シンカーとワームの重さと空気抵抗の関係で回転して飛ばないことがありますが、スイングインパクト3インチなら14グラムくらいのシンカーでも安定してなげることができます。

スイングインパクト3インチのフックサイズはメーカー推奨は#3ですが、たぶん3番はほとんどないかと思います。私は4番を使用しています。ワームが細いのでナロータイプのオフセットフックが良いです。私は掛かり重視にときはマルチオフセット、通常はハヤブサのライトニングを使用しています。

タックルとライン

キャロで使う場合はMHのキャロロッドを私は所有しているのでそのロッドを使います。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。ライン事態に問題はなく使用できています。おそらく飛距離も多少伸びている感覚があります。PEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

キャロのリーダには10~13ポンドのラインを最近は使っています。ダイワのスティーズクロスリンクモンスターブレイブZ、フィネスブレイブZです。最初にこの2種を組んでおいてトラブルや組みなおすときにはグランドマックスの2.5号~3号を使います。グランドマックスリーダー専用でカバンの場所を取らないのでそうしています。

まとめ

今回の記事はケイテックのスイングインパクト3インチの記事を書きました。私はヘビキャロのワームとしてしか使いませんが、ダウンショットリグでもかなり釣れるらしいのでいつかやりたいと思います。

ヘビキャロのワームとしては3.5インチも使いますが、3インチのほうが使いがってがいいので3.5インチより3インチを使うことが多いです。シャッドインパクトもよく使いますが一番釣果がいいのはやっぱり3インチです。

冬になるとリアクションの釣りかスローな釣りに移行していくと思いますが、ヘビキャロは1年やれる唯一釣りなので価格も安いので1パックかっておいて、釣れないときの最終手段として投入すると冬の寒い時期でも1匹つれるかもしれません。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました