[ボトムアップ]ハリースライド3.3インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

バックスライドワーム好きとして楽しみにしてたボトムアップのバックスライドワーム。結構前から、ボトムアップ代表の川村氏が開発してると言っていたバックスライドワームのハリースライド。

Hurry Slide(ハリースライド)
HPより

以前OSP時代にバックスライドワームを作ってたいたらしいですが、ありきたりのものしかできずに諦めたとトークショーで言っていました。間違ってたらごめんなさい。

OSPのサイコロラバーが入荷案内のLINEが来てたので買いにいったらボトムアップのハニースライドも並んでいました。サイコロラバー・・・高いよw

サイコロラバーはさすがに売れ残っていましたね。最近藤田京弥プロが使っているのを見ましたが、オリジナルなのかOSPのものなのかは分かりませんでした。最近ジャッカルからDAIWAにシフトしているのかOSPとかのワームをトーナメントではよく使っていますね。

最近ツートンカラーを選ぶことが多くなってきたなぁ、制作コスト的には割高らしいですが色選びには少し楽になるかなと思います。

脱皮シュリンプとグリパンチャーを選びました。無難なカラーしか今回売ってなかったですね。ピンクとかパールっぽい色が欲しかったですが今回は、この2色を選択しました。

スポンサーリンク

[ボトムアップ]ハリースライド

ハリーシュリンプの派生商品になるのかな?見た目は似ていないです。

手の部分だけが似てるだけであとは全然違いますね。一誠の沈み蟲とハリーシュリンプを合体させたような感じかな。もともとハリーシュリンプもバックスライドセットはできましたが、軽いので飛距離という面ではうーんって感じでした。

今流行りの高比重ノーシンカーでおかっぱりとなると、使い勝手を考えるとノーシンカーでベイトタックルで飛距離がある程度だせて需要があるとなると・・・バックスライド?になるのかな。

フォルム的にはいかにもな感じです。小判型で後ろにボリュームがある形。

こう見ると沈み蒸の似てるいませんでしょうか?w 並べて写真撮れば良かったですね。

使用した感じバックスライドはフックは3/0,4/0が推奨ですが4/0のほうが浅くスライドするように思います(スライド距離が長い)。3/0の場合ネイルシンカーを横に刺して使用したほうがいいようです。ただバックスライドはラインにかなり左右されるので、釣り場の足元で確認してから使用したほうが良いと思います。

あとフックセットなのかは分かりませんが、バックスライドしないでスパイラルフォールする場合があります。4/0だとなりやすいのかなと思いますが3/0で少し回っているのでスライダーフォールみたいになっているので個体差なのかな。

多分この動画は4/0だと思うんですけど、表記がないので何とも言えないです。4/0フックを使用するとこんな感じ。

いい感じでスライドしていたので4/0で良いと思います。14ポンドラインでノーシンカーでの使用でしたがスライド方向はよく分かりませんがラインは結構でていたのでスライド幅はそれなりに出ていたと思います。

フックセットはかなりやり易いです。スリットもいい感じに入っていてフッキングも良さそうです。

フックポイントを隠す肉盛りもされています。こういったところが良いですよね。

使用前には爪を切る必要があります。切らなくても使えることは使えます

ハリースライド3.3インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

ボトムアップのハリースライドの重さは10.1です。他の個体も図りましたがマチマチで10グラムと考えて良いかと思います。

フックサイズはメーカー推奨は、オフセットフックの3/0,4/0サイズです。私はTNSオフセット4/0で使用しましたが4/0のほうがノーシンカーでは良い気がします。3/0だと少し角度が付きすぎるかなと。ただフックのメーカーとラインで違ってくると来ると思うので足元で確認してから使用したほうが良いと思います。

HPより

多分ハヤブサのライトニングの4/0を使用していると思います。TNSよりナローなので意外とナローゲイプのオフセットのほうがいい動きをするのかもしれません。

タックルとライン

10グラムとある程度の重さがあるのでベイトタックルでの使用が良いのかなと思います。MクラスMHクラスどちらでも使えるくらいの重さはあるので、カバー絡みを考えるとMHタックルの14ポンド以上のラインくらいが良いかと思います。

10グラムなのでPEラインを用いたスピニングで遠投もできます。これは40mくらいは軽く飛んでいきます。フッキングとかキャスト精度を無視して言えば少し強めのスピニングタックルが使用してみて、投げ感は最高に気持ち良かったです。

リグに関しては基本ノーシンカーでネイルシンカーを打つ程度でしょうか。テキサスリグをメーカーHPでは記載されていますがテキサスリグならこのワーム以外でもっと良いものがあるかと思います。

HPより

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。

まとめ

ボトムアップのハニースライドも重さは10グラム、推奨フックサイズはオフセットフック3/0か4/0。ベイトタックルでも少し硬めのスピニングタックルでも使えるので使い勝手は良さそうです。スライド幅はそれなりあって、スライドスピードは速いほうになるかと思います。

フックセットか個体差かは分かりませんがスライダーフォールする時があります。深いとスパイラルフォールになるかと思います。

私はPEラインを用いたスピニングタックルで遠投して使用できそうなのでそこに期待しています。沈み蟲の2.2インチ、2.6インチには飛距離では圧倒的に負けてる感じです。後ろに1.6グラムシンカーをどっちも入れて投げてみましたが飛距離もバックスライド幅も沈み蟲のほうが上です。

あとは私のキャストアキュラシーの精度を上げるしかないですが、手前に落とせば良いので楽してカバー攻略をしていきたいと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました