[OSP]ドライブショット4.5インチのフックサイズと重さインプレ[バックスライド]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連
スポンサーリンク

OSPから販売されているバックスライドワーム、ドライブショットのインプレ記事になります。もとはドライブスティック4.5インチのバックスライドセッティングをしてカバーなどの奥に入れる問ものでしたが、フックセットがシビア難しいのという難点がありました。

ドライブスティック4.5FATであれば自重があるので多少フックセットが雑でも良かったですが、フックのワーム保持力が低いという大きなデメリットがありました。発売当時バックスライドワームが各社からバックスライドワームがでていたのでOSPも対抗してだしてきた印象でした。

スポンサーリンク

[O.S.P]ドライブショット4.5インチ

ドライブショット4.5インチはバックスライド専用として作られています。パーツが少ない分にドライブスティック4.5みたいにウネウネしながらスライドはしません。後ろの足が抵抗になって斜めになりスライドフォールします。

フォールしながら落ちていきますが、少しロールをしながらすーっと落ちていきます。フォールアクションは控えめな感じです。ドライブスティックFATのほうがアクション的にはクネクネアクション少しありますがフックセットが難しいです。それもあってドライブショットが作られたのでしょう。

ドライブスティック4.5インチと比べると少し柔らかい印象です。しかし、OSPのワームにしては針持は良いほうです。フッキングすれば裂けてしまいますが、使用中に破損してしまうことはないと思います。

[OSP]ドライブショット4.5インチの重さとフックサイズ

ドライブショット4.5インチの重さは10.4グラム。ドライブスティック4.5が8.4グラム、4.5インチFATが11.6グラムなので中間の重さくらいです。

ドライブショット4.5インチのフックサイズはオフセットフック4/0,5/0サイズがメーカー推奨です。私は5/0で使用しています。飛距離を出すために大きなフックを使用しています。

タックルとライン

タックルはそこまで強くなくて良くてM~MHくらいのバーサタイルタックルで扱えます。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。飛距離アップと耐久性アップのためでPEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

 

まとめ

今回の記事はOSPのバックスライドワーム、ドライブショット4.5インチのインプレ記事を書きました。ドライブスティックのバックスライドはフックセットが結構シビアなのでドライブショットを使ったほうが楽で簡単にフックセットができます。

自重もあるのでベイトタックルで手返し良く、釣りができるのでテンポを上げて打つ釣りには向いていると思います。

またバックスライドではないフックセットでのダートアクションは結構いい感じなのでバックスライドだけではなくボトムダートアクションもな一つのワームで色々できて便利だと思います。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました