[ケイテック]スイングインパクト3.5インチフックサイズと重さ[インプレ]

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

今回の記事はケイテックのスイングインパクト3.5インチの記事になります。3インチは基本的にはヘビキャロのワームとして使うことが100パーセントですが、3.5インチはスピニングタックルでやるスプリットやライトキャロのときに使います。

簡単に言うとリーダーが短いときに使用するのが3.5インチです。フォールを遅くしたいときにはスイングインパクトはかなり有利です。同じサイズでもクロー系やホッグ系はフォール時に動きはするのですがフォールは早いです。それが有効なときもありますが寒い時期や餌が小さときにはゆっくり見せたほうがいいと思う時が私にはあります。

私が使っている中でフォールが遅いワームはスティーズホッグ3インチか今回のスイングインパクト3インチです。とにかくスローにしたいときはこの2つどちらかを使います。それ以外はドライブクロー3インチ、スティーズクロー3インチ、ハニーナゲットなどいろいろ使います。

スポンサーリンク

[ケイテック]スイングインパクト

スイングインパクトは2インチから4.5インチまでのラインナップがあります。また派生商品のスイングインパクトのFATシリーズがあります。FATシリーズは店頭では多く売ってるお店はあまり見ない感じです。

ケイテック事態がSNSとかでバンバン広告しまくるレイドジャパンとは反対であまり、宣伝活動していないので派手さがない気がします。製造請負業がメインだと思うのでそこまで自分のところのルアーを売る必要はないのかなと思います。

スイングインパクト3インチに比べると3.5インチは少し太く少し長くなっています。リングボディなのは同じでフォールスピードも遅いです。三又でやる場合とか上記したようにスピニングタックルでやるライトキャロやスプリットショットをやるときに3.5インチを使います。

スピニングタックルのときは結構強めにアクションしてフォール、かなり放置を繰り返してバイトを誘う釣り方で私は使っています。ヘビーキャロライナリグの場合は重たいシンカーを使って遠投を繰り返すときには耐久性も考慮して3インチより3.5インチを使う場合もあります。食わせ重視なら3インチです。

なんといっても魅力は価格の安さです。

スイングインパクト3.5インチのフックサイズと重さ

スイングインパクト3.5インチの重さは2.9グラム。カラーやラメで重さは若干異なります。

スイングインパクト3.5インチのフックサイズはメーカー推奨#2か#1です。私は#1を使っています。フックは細身のワームなのでナロータイプがいいかと思います。掛け重視の場合は私はマルチオフセットの2番を使いますが、普段はライトニングストライクの1番を使います。

タックルとライン

スピニングタックルの場合は強めのスピニングロッドを使って、ベイトタックルの場合はヘビキャロロッドを使用します。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。ライン事態に問題はなく使用できています。おそらく飛距離も多少伸びている感覚があります。PEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

キャロのリーダには10~13ポンドのラインを最近は使っています。ダイワのスティーズクロスリンクモンスターブレイブZ、フィネスブレイブZです。最初にこの2種を組んでおいてトラブルや組みなおすときにはグランドマックスの2.5号~3号を使います。グランドマックスリーダー専用でカバンの場所を取らないのでそうしています。

まとめ

今回の記事はケイテックのスイングインパクト3.5インチの記事を書きました。基本的にリーダーの短いライトキャロ、スプリットショットリグで3.5インチは使用しています。ヘビキャロでも使いますが食わせの能力は3インチのほうが高いというのが私の印象です。

年間を通して釣れるワームなので多くの方が使っているとは思いますが、私は冬のスローな釣りに3インチを強くトゥイッチするようなリアクション的な釣りには3.5インチを使用します。リアクションの釣りには他にドライブスティック3インチや同じケイテックのシャッドインパクトなどを使います。

冬などにハードルアーを投げてなにも反応がない場合に私は使いますが、スローな釣りが苦手でも一度やってみると冬でもリアクションバイトで1匹釣れるかもしれません。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました