[ダイワ]BLXSG721H+FBインプレッション

スポンサーリンク
ロッド・リール関連

ヘビキャロが快適にできるロッドを探していて、初めに701MHXBを購入して1オンスクラスをフルスイングするには不安があり、さらに強いロッドの購入を考えていました。

私が目指す飛距離が1オンスでも届かない場合があり、1.5オンスの42グラムくらいまで使うことも想定しています。ロッドの強さならBLX SG 721H+,ロングレングスを生かして飛距離をだすならBLX SG 742HFB。

742HFBと721HFBで悩んで重たいシンカーが投げれると思い、硬いほうの721H+FBを選びました。使いにくければ742HFBも買って試したいと思います。

721H+FBを使用したインプレを記事にします。

スポンサーリンク

[グローブライト]ダイワ

最近ダイワはワームに力を入れているのか、このバス釣りワームはシャッドテールでほぼ出そろった感じです。
ネコストレートをはじめクロー系、ホッグ系、カーリーテールとラインナップは豊富です。シマノはハードルアーは出していますがワーム系は出していません。
スコーピオンルアーが今年から復刻されているので、もしかしたらワームも出るかもしれないですね。

日本を代表する2大メーカーの一つ。グローブライトの釣り部門がDAIWAになるのかな。他にはテニス道具、ゴルフ道具などを展開しています。
リールに関してはシマノが優位だと思いますが、ダイワも頑張ってほしいものです。シマノは自転車部品がメインの会社だったと思います。

シマノより数段優っているのはアパレルですかね。アウトドアをやっている人なんかもダイワのレインウェアなんかは人気っぽいです。

あとは小売店キャスティングの運営も行っており、ダイワ製品はもちろんライバル社のシマノ製品も店舗で販売しています。

商魂がたくましい限りです。

キャスティングはオンラインで注文して店舗で受け取れて、取り扱いアイテムの数も多くいです。ネットで注文して店舗受け取りなら、少額でも送料はかかりません。支払いも店舗かオンライン決済どちらも選べます。ポイントアップの券などタイミングを合わせて使うとお得です。

唯一不満なのはキャスティングのオンラインサイトは重たくて使いづらいことですかね。

BLXシリーズSGとLGシリーズ

ダイワのブラックレーベルがリニューアルして、BLXシリーズになりました。

SGシリーズはどっちかというとワーム、ワイヤーベイトのシングルフック系が向いている高弾性カーボンを使用したロッドシリーズです。

巻物をはじめとするハードベイト系のトレブルフック系は低弾性のからめとる?タイプの低弾性カーボンを採用しているLGシリーズがあります。

SGシリーズでハードルアーができないことはないですし、LGシリーズがワーミングできないわけでもありません。LGの6101MRBを2か月くらい借りてテキサスなんかをやっていましたが特に感度が悪い思うことはなく、SGに比べると少し悪いのかなって程度です。投げやすいのはLGシリーズなのかなと思います。

今回購入したBLX SG 721H+はSGシリーズになります。ワーミングロッドですが、ジグロッド専用なロッドです。私の使用用途がヘビキャロなので感度はそこまで関係ないので投げやすさと強さで選んでいます。

BLX SG 721H+FB インプレ

ヘビキャロで使用していたブラックレーベル+6101MHFBが折れてしまい。代わりのロッドを探してBLX SG701MHXBを購入。

BLX SG 701MHXBは底ものをやるにはかなり良いロッドです。テキサスリグ、フリーリグみたいな投げてずる引きみたいな釣りには最適なロッドです。
ただ遠投には向いていないので、今回またロッドを追加することに・・・。

721H+はBLXのなかで一番強いロッドで、2オンスくらいのビックベイトでも投げることができます。その他アラバマリグ、パンチング、ヘビーキャロライナリグ、重たいスピナーベイト、ヘビーラバージグなどができます。

私はヘビキャロロッドとしての使い方がメインですが、最近購入したシマノのビックベイトアーマジョイントも普通に投げることができます。

ヘビキャロも1.5オンスならフルスイングしても何の不安もなく投げることができます。唯一は少し重たいくらいでしょうか155グラムあります。同じSGシリーズの742HFBと比べてみたいので年末セールの時にでも買ってみて比べてみたいとは思っています。

ロッドスペック

全長(m):2.18
継数(本):2…グリップジョイント
仕舞寸法(cm):189
自重(g):155
先径/元径(mm):2.9/16.4
適合ルアー(g):11~56
適合ライン(lb):14~30ポンド PE#5

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

ヘビキャロロッドとして購入しましたが、中型ビックベイトも扱えるので意外と使えるルアーの重たいほうでは汎用性は高そうです。

あとは遠投用のリールを購入すればヘビキャロタックルが完成する予定です。シマノのアンタレスDCMDの後継機がでたら買おうと思っていますが、それまでは21ジリオンでやっていこうと思っています。22ジリオンは期待外れだったので売却しましたので、遠投用リールを購入したらもう一度記事にしようと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました