[ダイワ]ネコファット4インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

ダイワとゲーリーヤマモトのコラボワームです。ダイワのデザインのワームをゲーリーヤマモトの素材で作ったワームです。ゲーリー素材で作られたネコストレート、ネコファット、ネコマッチョがあります。

ネコストレートは5.8インチと6.5インチが販売されています。日本では大きいサイズに思えますが柔らかいのでウネウネしてよい感じです。私の場合は、プロセンコーがあるのでダイワから買う必要はないかなと思います。

ネコマッチョは4.5インチのみです。店頭で見かけることは少ないと思います。私はアマゾンで買いましたが太いのでフッキングがかなり悪いです。はじめはカバースキャットの代用となりそうだったのですが、ゲーリー素材をあそこまで太くすると結構固くかなりのワイドゲイプを使うか、スクリュータイプのフックを使うしかないです。

ネコマッチョは水平フォールでくねりながら落ちてダートもするので動きはかなりいいのですけど、フッキングが決まらない・・・。5パックくらい残ってしまった。今回のメインネコファットは本家ゲーリーヤマモトのセンコー4インチの改良版といった感じです。

スポンサーリンク

[DAIWA]ネコファット4[NEKOFAT]

ネコファット、ネコストレートともに赤羽修弥氏がデザイン監修しています。↓

ダイワのネコファットシリーズはダイワプロスタッフの赤羽修弥氏がデザイン監修しています。ゲーリーヤマモトとのコラボでゲーリー素材を使った、ダイワのワームネコファットとなります。

4インチ5インチがあります。価格は10個入りで4インチが1100円、5インチ1150円です。プラス消費税かな。

キャスティングオンラインでまれにセールをしているのでそのタイミングで買うと少し10パーセント安くなります。ポイントアップと合わせれば多少の割引アップになります。

基本的にはフォールの時のアクション以外はコラボ相手のゲーリーヤマモトのヤマセンコーとほぼ同じです。素材も同じなのであとは形だけの差だと思います。

4インチと比べるとフックの支点が離れるために、アクションも大きめで上から見ていると、よく動くな~と思いました。ヤマセンコー5インチよりかは入手しやすいのが良いと思います。ダイワ製品なので子会社のキャスティング注文できるからです。好きなカラーも選べますからね。

あとはアマゾンでもダイワのルアーは取り扱っているのでアマゾンをよく使う人はそっちでも買うことができます。
アマゾンの場合、タイミングが良ければ安く買うこともできるため、欲しいものリストに入れておいてたまにチェックすると安く手に入る場合があります。面倒なのはカラーごとに価格が変わるので好みのカラーをすべて登録しておくことをお勧めします。

足元で見ていても動画と同じくらい動きます。↓

正面から太いので針持が良い

このテールのおかげでクネクネアクションをします。

ヤマセンコー4インチと並べてみる。

5インチと同じデメリットとでしっぽ部分がギルなんかに持っていかれて短いセンコーになって染むことでしょう。手に入るならオフセットフックでこの動きなのでネコファットのほうが良い気が私はしています。

[NEKO FAT]ネコファット4インチの重さとフックサイズ

いつものように重さから↓

ダイワのネコファット4インチの重さは6.7グラムです。フィネスよりのタックルならベイトリールでも十分使用できます。タックルとうよりフィネスより軽いものが投げれるベイトリールなら十分投げることができます。ノーシンカーでの使用ならスピニングタックルのほうが良いかもしれません。

ヤマセンコー4インチの重さが6.8グラムなのでほぼ同じ重さです。上のほうでも書きましたがヤマセンコーの進化バージョンと捉えてもいいと思います。

並べるとこんな感じ。しっぽの膨らみでクネクネアクションを生み出します。ネコファット4インチのフックサイズはオフセットフック2/0,私は1/0と3/0も使います。針持はかなり良いのでそこそこ長く使えると思います。マス針の場合#1か1/0あたりで良いかと思います。

オフセットフックの場合、ナロータイプを使うとシルエットがスマートになります。参考までに私は20/のハヤブサライトニング、同じくハヤブサのDASオフセットを使用します。

タックルとライン

ヤマセンコーとほぼ同じですが、私の場合は直リグかフリーリグ5~11グラム、ライトテキサス3.5~5グラム、ノーシンカー、ネコリグです。キャロやダウンショットはほぼやりません。

タックルはノーシンカーはスピニングタックルかフィネスベイトタックル。ラインはPE0.8~1号、リーダーは10~11ポンド。

フリーリグ、テキサスリグの場合はMHタックルでやります。ラインは14ポンド。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。

まとめ

ダイワとゲーリーヤマモトのコラボルアーネコファット[NEKO FAT]4インチ。デザイン監修は赤羽修弥氏。他にもコラボルアーのネコストレートとネコマッチョがあります。ネコファット4インチの重さは6.7グラム。ほぼ本家ゲーリーヤマモトのヤマセンコーと同じ重さ。フックサイズもオフセットフック2/0を中心にマス張り#1~1/0くらい推奨です。

ベイトタックル場合はM~MHくらいが扱いやすいと思います。ノーシンカーの場合はスピニングタックルの私は扱いやすいです。ネガティブな部分は販売している釣具店が少ないこととでしょうか。キャスティングオンラインかアマゾンで販売されていますので安いタイミングを見計らって買うことをおすすします。

4インチは小バスから大きいサイズまで喰ってくるので、数釣りにも使えて便利です。特に難しいミドストのようなロッド操作必要ないので、投げてチョンチョンしていればいいだけの楽なワームです。

近所のため池なんかでも使えると思うので、ヤマセンコーを使っている方がいるならこちらも使ってみるとアクションの違いに驚くと思います。最後にゲーリーヤマモトワームは色移りするのでケース保管するときは区切りがあるケースでの保管が必要です。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました