[ダイワ]ネコファット5インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

ダイワとゲーリーヤマモトのコラボワームです。ダイワデザインのワームをゲーリーヤマモトの素材で作ったワームです。ゲーリー素材で作られたネコストレート、ネコファット、ネコマッチョがあります。

ネコストレートは5.8インチと6.5インチが販売されています。日本では大きいサイズに思えますが柔らかく細身のワームなのでウネウネしてよい感じです。私の場合は、プロセンコーがあるのでダイワから買う必要はないかなと思います。店頭で好きなカラーがあれば買おうかなって程度です。

ネコマッチョは4.5インチのみです。店頭で見かけることは少ないと思います。私はアマゾンで買いましたが太いのでフッキングがかなり悪いです。はじめはカバースキャットの代用となりそうだったのですが、ゲーリー素材をあそこまで太くすると結構固くかなりのワイドゲイプを使うか、スクリュータイプのフックを使うしかないです。

ネコマッチョは水平フォールでくねりながら落ちてダートもするので動きはかなりいいのですけど、フッキングが決まらない・・・。5パックくらい残ってしまった。今回のメインネコファット5インチは本家ゲーリーヤマモトのヤマセンコー5インチの改良版といった感じです。

ダイワのワームだと結構気に入って使うのが、このネコファット5インチです。後ろの膨らんだ部分が水を受けて、くねりながらフォールします。4インチよりも5インチのほうがアクションが大きめです。

スポンサーリンク

ダイワ ネコファット[NEKOFAT]

ダイワのネコファットシリーズはダイワプロスタッフの赤羽修弥氏がデザイン監修しています。ゲーリーヤマモトとのコラボでゲーリー素材を使った、ダイワのワームネコファットとなります。

4インチ5インチがあります。価格は10個入りで4インチが1100円、5インチ1150円です。プラス消費税かな。キャスティングオンラインでまれにセールをしているのでそのタイミングで買うと少し10パーセント安くなります。ポイントアップと合わせれば多少の割引アップになります。

基本的にはフォールの時のアクション以外はコラボ相手のゲーリーヤマモトのヤマセンコーとほぼ同じです。素材も同じなのであとは形だけの差だと思います。

4インチと比べるとフックの支点が離れるために、アクションも大きめで上から見ていると、よく動くな~と思いました。ヤマセンコー5インチよりかは入手しやすいのが良いと思います。ダイワ製品なので子会社のキャスティング注文できるからです。好きなカラーも選べますからね。

あとはアマゾンでもダイワのルアーは取り扱っているのでアマゾンをよく使う人はそっちでも買うことができます。アマゾンの場合、タイミングが良ければ安く買うこともできるため、欲しいものリストに入れておいてたまにチェックすると安く手に入る場合があります。面倒なのはカラーごとに価格が変わるので好みのカラーをすべて登録しておくことをお勧めします。

ネコファット4インチにも言えることですが、針持はかなりよいです。フッキングしても先端は保持されていることが多いです。太目のボディだからだとは思いますが経済的?です。

手前に来てるので太く見えますが4インチと5インチの太さは同じくらいです。続いてヤマセンコーとの比較。

4インチネコファットと4インチヤマセンコー

センコーのほうがハチマキ部分が後ろにきています。次は5インチ

ネコファット5インチに比べてヤマセンコーのほうが少し太い感じ。ハチマキ部分はほぼ同じ場所になります。特徴であるオフセットフックでのクネクネアクションはかなりいい感じです。ベイトで投げることができる重量があるのもいいと思います。

一番のデメリットはしっぽが食われると短いセンコーっぽくなってしまうことです。

ダイワ ネコファット5インチの重さとフックサイズ

まずはネコファット5インチの重さから↓

9.1グラムです、ゲーリーヤマモトのヤマセンコー5インチより軽くなっています。後ろのクビレ分でしょう。ネコファット4インチの重さが6.7グラムなので私の場合は、狙いたい場所、飛距離が必要な場合5インチを使うことが多い感じです。リグにもよりますけど。

ネコファット5インチのフックサイズはオフセットフックは3/0がいい感じだと思います。オフセットフックは4/0~5/0でもいいかと思います。マス針は好みが分かれますが1/0サイズくらいがいいと思います。ワームの重さを支える、保持する面積が少ないと身切れしてしまいますから1/0か2/0くらいがよいと思います。

オフセットフックはナローでもワイドでも好きなほうでいいかなと思います。私はハヤブサのライトニングストライク3/0~4/0を使っています。錆に強く伸びることはあっても折れることがないので気に入って使っています。伸びるっていうのは、悪い意味でなく根掛かりとかの時です。

同時期に発売されている防錆使用のフックがTNSナローです。

掛け重視ならDASオフセットかなと思います。ハヤブサフックはコスパと性能のバランスが良いのでお勧めです。

タックルとライン

タックルはスピニングタックルでもベイトタックルでも扱える重さがあるので、大きさ的にもいい感じです。子バスも釣れるし大きなサイズも釣れる万能ワームです。

タックルはベイトロッドならノーシンカー、ネコリグならL~Mくらい、フリーリグ、テキサスリグならMHという感じです。

スピニングタックルはMLタックルで使用します。遠投したいときに使う感じです。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。Lロッドの場合はフィネスブレイブ11ポンドを使うことが多いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。

まとめ

ダイワとゲーリーヤマモトのコラボルアーネコファット[NEKO FAT]5インチ。デザイン監修は赤羽修弥氏。他にもコラボルアーのネコストレートとネコマッチョがあります。ヤマセンコー5インチよりフォール時のアクションは大きめで、いい感じです。

ネコファット5インチの重さは9.1グラム。ほぼ本家ゲーリーヤマモトのヤマセンコーインチより少し軽めの重さ。フックサイズもオフセットフック3/0を中心に4/0~5/0も使えます。マス針1/0~2/0くらい推奨です。

ベイトタックル場合はM~MHくらいが扱いやすいと思います。ノーシンカーの場合はPEラインを用いたスピニングタックルのほうが私は扱いやすいです。飛距離も出ます。

ネガティブな部分は販売している釣具店が少ないこととでしょうか。アマゾン、キャスティングオンラインで注文できるので入手が困難ということはないと思いますが在庫切れが多いので、キャスティングの入荷案内登録をしておくと入荷のメールが来ます。大体同じタイミングでアマゾンでも入荷するので好きな店舗で買うといいと思います。

ゲーリーヤマモトのヤマセンコーを使っているのであれば、ネコファットはきっとお気に入りのルアーになると思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました