[OSP]ドライブクロー5インチインプレ重さとフックサイズ[インプレ]

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

店頭でもあまり見かけない、ドライブクロー5インチ。私の使い道はほぼテキサスリグでの使用になります。最近はボートにまったく乗らなくなったのでラバージグのトレーラーとしての使用もなくなりました。

使い道がなくなったというのが正しいかもしれません。使えば釣れるとは思うのですが大きさのせいで釣れるかな?って考えてしまいます。

かなりのボリュームのあるワームです。ドライブクローを使用している人は3インチ、4インチを使う人が多く店頭でも3インチと4インチが多く並んでいます。

私も3インチは色も含めてかなりの数を持っています。3インチはフリーリグ、テキサス、ラバージグのトレーラー、ヘビキャロのワームとしてよく使います。4インチはラバージグのトレーラーとしての使い方が多いです。

スポンサーリンク

[OSP]ドライブクロー

古いですが公式の動画です。

確かドライブクローの開発は川村氏だった気がする。間違えてたらごめんなさい。

サイズラインナップは2インチ、3インチ、4インチ、5インチがあります。私はあまり2インチは使いません。あまりサイズの幅を広げて所有しているとフックを数多く揃える必要があるため、2インチは使っていない感じです。

特徴といえば太い爪に細い腕が動きまくります。そのせいで3インチ4インチの爪は千切れてかわいそうな感じで戻ってくることもあります。ブルーギルは大敵ですね。

でもやっぱり、5インチはラバージグのトレーラとしての使い方が一番なのかもしれません。

ドライブクロー5インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

14グラム5インチにしては軽い重さです。ドライブクロー5インチのフックサイズはオフセットフック4/0か5/0です。5/0が一番しっくりくるかなと思います。

裏側↓

タックルとライン

私は今現在はボートに乗ることがなくなったために、5インチは使わなくなってしまいましたが、以前はジグロッドで20ポンドくらいを使用してのフリッピィングでヘビーカバーテキサスで使用していました。

MHタックルでもできるとは思いますが、遠投して打つことは少ないとおもうのでピッチング等を多用する場合は固いあまり曲がらない強いロッドのほうが手返しよくできると思います。

当時はHタックルの18ポンド、20ポンドを使ってひたすらカバーを打っていました。立木の場合はラバージグのトレーラーとしての使い方が多かったです。今現在持っているロッドでジグロッドを所有しているのでやろうと思えばいつでもできます。今は14ポンドメインでやっています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

OSPのドライブクロー5インチの重さは14グラム、推奨フックサイズはオフセットフック5/0。主にテキサスリグ、ラバージグのトレーラーとしてヘビーカバーをテンポよく使うのに私は使用しています。

フリーリグでも使えると思いますが、その場合は3インチ、4インチでよいと思います。

今ではボートに乗ることがないため、出番が減ってしまった5インチですがいつかボートでも購入したらまた使い始めるかもしれません。それまではラバージグのトレーラーは4インチ、ライトテキサス、フリーリグの場合は3インチを使っていきます。5インチは封印ボックスかな。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました