[ゲーリーヤマモト]ヤマセンコー4インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

ゲーリーヤマモトのヤマセンコー4インチです。ゲーリヤマモトのルアーを置いていない釣具店はほぼないのではないでしょうか。ソルトでも使われるくらい有名なワームです。

投げて放っておけば釣れると言われるヤマセンコー、サイズは2インチ~7インチまでサイズ展開があるカラーは46色だそうです。釣具店の店頭では10色くらいは置いてある感じでしょうか。

釣具店のルアー担当者の好みが出るところですね。ピンクやホワイトパールを置いるか、セパレートカラーを置いてる店はなかなかセンスがあるなぁと私は思ってしまいます。

3インチFATと4インチヤマセンコーは大抵は置いてあると思います。5インチを置いてる店は少ないかな・・・5インチのみキャスティングオンラインかアマゾンで買います。5インチの出しどころは少ないですが、コレクションというか所有欲もあるので減ったら買っています。

分かりにくいですが左がヤマセンコー4インチの在庫です。パック保管していると手持ちが分からなくなるので、最近ケースを色々買ってみてどの保管方法が良いか探しています。左の仕切りで約25個くらいの4インチセンコーが保管できます。おおよそ300本くらいの4インチセンコーが保管できます。

ゲーリーの場合、カラーは豊富ですがベースカラーを統一して保管すれば色移りは気になりません。グリパンならグリパン系カラーで同じラインに入れています。4列目がそうです。

このケースはメイホウの一番大きなサイズの仕切りがあるタイプでVS-3043NDです。自宅にパックで保管するとかさばるのと在庫を確認するのが面倒でケース保管に切り替えてみました。

おそらく自宅保管のみの使用ならこのケースが丈夫でかなりの数が保管できます。さらにこのケースはバッカンサイズなのでバッカンに重ねて保管して車に乗せておくことも可能です。ハードルアーなんかもかなりの数入るので保管用のケースとしては良いと思います。収納に小さいケースを買うと結局後で大きいボックスを買う羽目になるので最初に大きいサイズを買うほうが良いです。

悪い例↓

どんどんケースが大きくなっていきます。このVS-3043NDはカバンに入らないので持ち運ぶことはできないと思います。

スポンサーリンク

[YAMASENKO]ヤマセンコー

投げて放置しておけば釣れるって言われるヤマセンコーですが、実際は放置で釣れるのは稀だと思います。釣れる理由は形っていうより素材のような気がします。よく言われるゲーリ素材ってやつです。

ゲーリーのボスも動画に移っています↓

ストレートワームなのでフックはナローゲイプタイプが良いと思います。有名どころだとハヤブサDASオフセット、リューギのダブルエッジなどでしょうか、自分の好みのブランドを使えば良いと思います。

フックをセットして投げるとゆっくり水平フォールします。ゲーリー素材は高比重ですが比較的ゆっくり落ちていきます。その時にバイトがあることもよくあり、フォール後はずる引いたりのアクションを行いバスを誘います。

ヤマセンコー4インチの重さとフックサイズ

まずはヤマセンコー4インチの重さから↓

ヤマセンコー4インチの重さは6.8グラム。ベイトで投げれるくらいの重量はあります。飛距離を出したいならスピニングタックルのほうがよいと思います。針持があまりよくないのでベイトで投げる場合力が入ってしまい、ワームが切れてしまいます。収縮チューブを巻いて使用するか、ネコリグなどで使われるシリコンチューブを使用するかです。

私の場合はザルツのネコチューブを使用していて6mmか7mmがよいと思います。取り付けがしやすくてシリコンの持ちもかなり良いです。ダイワのシリコンチューブなんか使ってられません。

このシリコンチューブは昔G7って名前で売られていて釣具店でも見かけたのですが、最近は私が行く釣具店では見かけないので、通販で買うしかないのがネックです。5mm6mm7mmを持っていれば大抵のストレートワームに対応できます。

幅が広いほうを選べば、ネコリグ、ワッキーリグ両方使えて便利です。青木大輔プロは4インチヤマセンコーはジグヘッドワッキーかノーシンカーワッキーが一番いい動きをして釣れると言っています。ベイトでもフィネスよりなら普通に飛距離もでて使い勝手も良いと思います。

フックサイズはハチマキ部分に合わせるならオフセットフックの1/0~3/0くらいかなと思いますが、通常2/0が一番良いサイズだと思います。オフセットフックもナロータイプのほうが収まりが良くすり抜けも良いし、シルエット的にも違和感がないと思います。私はハヤブサのDASオフセットの2/0か、同じくハヤブサのライニング2/0かTNSナローも使用しています。

ライトニングストライクとTNSナローは錆びにくい最新の防錆加工が施されているのでフックをつけたままでもすぐに錆びることがありません。

DASオフセットの場合フックポイントが外向きなので針先が少し出てしまいます。隠せばいいのですけど基本針先が外を向いているので使っていると針先が出てきてしまいます。ライトニングストライクとTNSオフセットナローフックのクランク部分と針先が平行なので針先を隠しやすいです。

根掛かりやシルエットを気にしなければ普通のオフセットフックでも良いと思います。

タックルとライン

スピニングタックルならMLクラスなら快適に飛ばせると思います。ベイトだと高比重といっても7グラム弱なので少しフィネス寄りのリールであればMクラスロッドで扱えると思います。

私の場合ノーシンカーならスピニングタックルでの使用になります。PE0.8~1号に10ポンドリーダーを使用しています。場所によっては12ポンド~13ポンドを使う時もあります。ベイトの場合はシンカーを使用するのでMHタックルに14ポンドの固定になります。

フリーリグ、テキサスリグの場合はベイトタックルのMH、ノーシンカーの場合はMLクラスのスピニングタックルで使用します。

この2本で私の釣りのほとんどができる万能さがあります。あとはリールとラインで調整するだけです。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。

まとめ

ゲーリーヤマモトのヤマセンコー4インチ。重さは6.8グラムでフックサイズは2/0。ノーシンカー、フリーリグ、テキサスリグを私は多用して釣りをしています。去年一番釣ったのは、カットテールかヤマセンコーか・・・スパテラ4インチか・・・どれかな。数だけなら、カットテール4インチかな。

ヤマセンコー4インチは私の中ではこれで釣れなかったらもうここにバスはいないかなと思うようなワームです。切り札でもないですがバックにはよほどスピニングタックル1本とかでない限り必ず持っていきます。

最後にゲーリーヤマモトワームは色移りするのでケース保管するときは区切りがあるケースでの保管か色別にパック保管することが必要です。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました