[ゲーリーヤマモト]ヤマセンコー5インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

ゲーリーヤマモトのヤマセンコー5インチです。ゲーリヤマモトのルアーを置いていない、釣具店はほぼないのではないでしょうか。ソルトでも使われるくらい有名です。投げて放っておけば釣れると言われるヤマセンコー、サイズは2インチ~7インチまでサイズ展開があるカラーは46色だそうです。釣具店の店頭では10色くらいは置いてある感じでしょうか。

釣具店のルアー担当者の好みが出るところですね。ピンクやホワイトパールを置いるか、セパレートカラーを置いてる店はなかなかセンスがあるなぁと私は思ってしまいます。3インチFATと4インチヤマセンコーは大抵は置いてあると思います。5インチを置いてる店は少ないかな・・・5インチのみキャスティングオンラインで買います。今回は海外から輸入してみました。

5インチの出しどころは少ないですが、コレクションというか所有欲もあるので減ったら買っています。

パッケージが黄色じゃないのはUSAから輸入したからです。通常日本正規品は黄色のパッケージです。

スポンサーリンク

[YAMASENKO]ヤマセンコー

投げて放置しておけば釣れるって言われるヤマセンコーですが、実際は放置で釣れるのは稀だと思います。釣れる理由は形っていうより素材のような気がします。よく言われるゲーリ素材ってやつです。

ゲーリーのボスも動画に移っています↓

ヤマセンコーはオフセットフックのノーシンカー、ノーシンカーワッキー、直リグ、テキサスリグ、フリーリグと幅広リグに対応できて楽なんです。ネコリグは太いのでイマイチの動きだなと個人的には思っています。

ストレートワームなのでフックはナローゲイプタイプが良いと思います。有名どころだとハヤブサDASオフセット、リューギのダブルエッジなどでしょうか、自分の好みのブランドを使えば良いと思います。

フックをセットして投げるとゆっくり水平フォールします。ゲーリー素材は高比重ですが比較的ゆっくり落ちていきます。その時にバイトがあることもよくあり、フォール後はずる引いたりのアクションを行いバスを誘います。フォール後とアクション入れた直後にバイトが多いので、明確なバイトがくるのでやっていて楽しいと思います。

カバースキャットみたいにラインを見つめて・・・みたいなノンビリした釣りではなくアクションで食わせるので釣り人冥利に尽きるかなと。

[ゲーリーヤマモト]ヤマセンコー5インチの重さとフックサイズ

ゲーリーヤマモト、ヤマセンコー5インチの重さ↓

ゲーリーヤマモトのヤマセンコー5インチの重さは10.2グラム。私はハヤブサのライトニングストライク3/0か同じくハヤブサのDASオフセットの3/0を使用しています。ハチマキ部分までフックを入れたいのであれば4/0~5/0でもいいくらいです。

ヤマセンコー4インチと5インチを並べるとこんな感じ↓

太さは同じで長くなった感じですね。

タックルとライン

約10グラムあるのでPE1号のスピニングタックルでぶっ飛んでいきます。飛距離を計測したことはないですが風とか考えなければ35mか40m前後飛んでいくのではないでしょうか・・・スピニングとロッドの相性もあるかとは思いますけど。

10グラムと重たいので当然ベイトタックルでも十分投げることができます。私はMHタックルに14ポンドライン、ナイロンかフロロかは気にしませんが14ポンドを使います。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックス2.5号をメインに使用しています。ベイトタックルの時もフィネスブレイブZの10~11ポンドを使用します。

まとめ

ゲーリーヤマモトのヤマセンコー5インチの重さは約10グラム。オフセットフックサイズは3/0,4/0くらいがよいと思います。飛距離が必要な場合はPEスピニングタックル、キャスト精度を求めるならベイトタックルでの使用がいいかと思いますが、私は5インチの場合はベイトタックル一択です。十分な飛距離が出るのと硬めのスピニングタックルを持っていないためです。

使用リグは基本ノーシンカーでの使用を推奨、直リグ、ライトテキサス、フリーリグでもいいかと思いますが、私はノーシンカーでの使用が一番いいと思います。私は4インチメインで使っていますので、5インチもせっかく購入したので使っていきたいと思いますがアベーレージサイズの大きな場所じゃないと厳しいのかなと。

4インチ比べて5インチのアクションは大きめなのでアピール力を上げたいときと飛距離を出したいときに私は使用していますが、4インチが釣れてしまうために出番は少なめです。ダムのような大規模なとき4インチより先に5インチを投げていこうと思います

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました