[ゲーリーヤマモト]ヤマセンコー3インチのフックサイズと重さインプレ

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連

今回の記事はゲーリーヤマモトのFATヤマセンコーの3インチのインプレ記事になります。スピニングタックルで投げてチョンチョンするだけで子バスが釣れる便利な高比重ワーム。通常の3インチヤマセンコーはほぼ使わず、重たいファットヤマセンコー3インチを使っています。

フィネスロッド、フィネスリールがあればノーシンカーでも投げることができますが、やっぱりPEスピニングタックルで飛距離を出したほうが気持ちよく使えると思います。

このファットヤマセンコー3インチは、バス用品を取り扱っている釣具店にはほぼほぼ置いてあるかと思います。ゲーリーヤマモトのワームはカットテール3.5~5インチ、ヤマセンコー4インチ、グラブ、ファットイカ、イモグラブなんかは売っていると思います。

中でもセンコーとカットテールは一度は一度は使ったことのある人が多いかと思います。私はストレートワームはゲーリーワームをメインで使っているので在庫もかなりの数を持っています。

私のストックボックス↓

ワームやハードルアー腐らないですから、海外製品のお気に入りのストックはお金が許すならストックは多めにしておきたいところです。

[ゲーリーヤマモト]ヤマセンコー3インチ

投げて放置しておけば釣れるって言われるヤマセンコーですが、実際は放置で釣れるのは稀だと思います。釣れる理由は形っていうより素材のような気がします。バクラッシュを直していると釣れているなんてことはありますね。

あれは、フォールしているときに見つけていて食べるかどうか考えてゆっくり食べるからなのですが、ずっと放置しているだけで釣れたことは私はありません。ゲーリーヤマモトといえば、カットーテールとヤマセンコーだと思います。

私は4インチをよく使いますが、小さい池では3インチで遊ぶことが多いです。ライトテキサスかノーシンカーワッキー、ジグヘッドワッキーを使うことが多いです。ヤマセンコーの中心サイズは私の場合4インチ、飛距離を出したい場合は5インチといった感じです。

3インチファットは針持も結構よいです。先端結構太くて丈夫です。レイドジャパンのファットウィップ3インチのほうが丈夫ですけど、動きはセンコーかなって感じです。

ファットヤマセンコー3インチの重さとフックサイズ

ゲーリーヤマモトのヤマセンコーFAT3インチの重さは5.1グラム。結構な重量があります。ヤマセンコー4インチが6.8グラムなので3インチにしてはなかなかの重さです。したがってPEスピニングタックルでは結構な飛距離が出ます。通常の3インチでなくファット3インチを使うのはそのためです。フィネスベイトタックルでもノーシンカーで十分な飛距離がでます。

フックサイズはオフセットフックは#2~1/0サイズがちょうどいい感じです。ストレートワームなのでナローゲイプオフセットを使うことが多いです。マス針タイプは私は大きめを使うことが多いですが#2~1/0とオフセットフックと同じになります。

タックルとライン

3.5グラムのテキサスリグの時はLクラスの強めのベイトタックル、ノーシンカーの場合はスピニングタックルを使います。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

ベイトタックルの場合は12ポンドを使いたいところですが、シャロースプール使用しているため巻ける長さが短くなるのでフィネスブレイブZの10ポンドを使っています。

PEラインは安いのと、どこでも売ってるダイワのPEライン0.8号をメインに使っています。飛距離重視の場合はYGKのアップグレード0.6号の4ブレイドを使います。本当はYGKだけでやりたいのですが高いので0.8号はダイワにしています。ダイワのPEはブランド名が違ってもラインは同じです。↑リンクに記載しています。

バス釣りの場合は根ズレに強い4ブレイドがいいみたいですが、私はキュルキュル音がするのが嫌で8ブレイドを使用しています。4ブレイドは価格の安さが魅力です。飛距離は変わらないので音がしても安いラインのほうが良いかどうかの問題です。表記だけを信じるならYGKが最強です多分。同じ号数を使っていても力ずくで切るのが大変です。PEラインを引っ張るアイテムがあるのでも持っておいたいいです。私は一度ロッドが折れているので、カラビナカッターをバックに付けています。

バス釣りの場合、PEラインはそこまで長く巻く必要がないため150mを買って75mづつ使えばいいかと思います。70m以上飛距離ほぼないですが、出る場合は200m巻きを買うしかないですが無駄が出ます。リールが3個かリサイクラーがあれば下巻もきっちり巻くことができます。一度安いフロロライン10ポンドで下巻をしてしまえばあとはPEラインだけを交換するだけです。

まず使用するスピニングにPEを75m巻いて下巻のフロロを結び、自分の好きなとこまできっちり巻いて、次は違うリールAに巻いて、次に別のリールBかスプール交換して巻いてスピニングに巻けばPEラインが上にきます。このときフロロの巻き数とPEの巻き数を覚えておけばこの作業すらする必要がありません。

リーダーは気持ち太めのラインを選んでいたほうが無難です。私の場合は0.8号には14ポンド、0.6号には12ポンドを使用してます。ラインはスティーズクロスリンクかグランドマックスを使っています。リーダーは使う長さが短いので良いラインを組んでいます。コスパならスティーズの方が良いです。

まとめ

今回の記事はゲーリーヤマモトのFATセンコー3インチのインプレ記事を書きました。PEスピニングタックルでノーシンカー遠投して使うと子バスがたくさん釣れますので1個2個ボックスに入れています。オフセットフックセットすればかなり飛距離がでるので広範囲に子バス祭りを楽しむことができます。

飛距離重視ならPEラインを持ちいたスピニングタックルがおすすめ。ベイトタックルでアキュラシー重視ならフィネスリールを用いたMクラス以下のロッドなら使いやすいと思います。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました