[ゲーリーヤマモト]ヤマセンコー3インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

ゲーリーヤマモトのFATヤマセンコーの3インチはスピニングタックルで投げてチョンチョンするだけで子バスが釣れる便利な高比重ワーム。通常の3インチヤマセンコーはほぼ使わず、重たいファットヤマセンコー3インチを使っています。

フィネスロッド、フィネスリールがあればノーシンカーでも投げることができますが、やっぱりPEスピニングタックルで飛距離を出したほうが気持ちよく使えると思います。

このファットヤマセンコー3インチは、バス用品を取り扱っている釣具店にはほぼほぼ置いてあるかと思います。ゲーリーヤマモトのワームはカットテール3.5~5インチ、ヤマセンコー4インチ、グラブ、ファットイカ、イモグラブなんかは売っていると思います。

中でもセンコーとカットテールは一度は一度は使ったことのある人が多いかと思います。私はストレートワームはゲーリーワームをメインで使っているので在庫もかなりの数を持っています。

私のストックボックス↓

ワームやハードルアー腐らないですから、海外製品のお気に入りのストックはお金が許すならストックは多めにしておきたいところです。

スポンサーリンク

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー

投げて放置しておけば釣れるって言われるヤマセンコーですが、実際は放置で釣れるのは稀だと思います。釣れる理由は形っていうより素材のような気がします。バクラッシュを直していると釣れているなんてことはありますね。

あれは、フォールしているときに見つけていて食べるかどうか考えてゆっくり食べるからなのですが、ずっと放置しているだけで釣れたことは私はありません。ゲーリーヤマモトといえば、カットーテールとヤマセンコーだと思います。

よく言われるゲーリ素材ってやつです。ゲーリーのボスも動画に移っています↓

私は4インチをよく使いますが、小さい池では3インチで遊ぶことが多いです。ライトテキサスかノーシンカーワッキー、ジグヘッドワッキーを使うことが多いです。ヤマセンコーの中心サイズは私の場合4インチ、飛距離を出したい場合は5インチといった感じです。

3インチファットは針持も結構よいです。先端結構太くて丈夫です。レイドジャパンのファットウィップ3インチのほうが丈夫ですけど、動きはセンコーかなって感じです。

形状はまったくのヤマセンコーです。

海外のゲーリーワームが好きな人のユーチューブを見ていると、日本とはカラー選びが違うことにかんしてへぇーって思うことがあります。アメリカの場合は湖が基本タンニンで濁っているため茶色のそうでない湖でも緑色をしていることが多いそうです。日本みたく上流でダムなどを作らないかららしいですがその辺で色選びは違います。

日本では水の色とかエサに合わせますが、海外では推進でカラー選びをすることが多いみたいです。私が見ていた動画では、日本ではあまり見ない薄いウォータメロンカラー、とかシナモンカラーは浅い場所。少し深いと通常のウォータメロンレッドフレークとかグリパンブラックラメ、深くなると濃いグリパンレッドラメ、ブルーラメ、ブラックに青ラメみたいな感じです。

私は間をとったカラーを選んでいます。優柔不断な日本人って感じですね。濁ってない普通の色の場合。ウォータメロンブラックフレーク1択です。

水が少し濁っているときはグリパンブラックフレーク。

濁ってるときはウォータメロンレッドかグリパンレッドフレークです。

アメリカ人の真似ですけどね。

ファットヤマセンコー3インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

ゲーリーヤマモトのヤマセンコーFAT3インチの重さは5.1グラム。結構な重量があります。ヤマセンコー4インチが6.8グラムなので3インチにしてはなかなかの重さです。したがってPEスピニングタックルでは結構な飛距離が出ます。通常の3インチでなくファット3インチを使うのはそのためです。フィネスベイトタックルでもノーシンカーで十分な飛距離がでます。

フックサイズはオフセットフックは#2~1/0サイズがちょうどいい感じです。ストレートワームなのでナローゲイプオフセットを使うことが多いです。マス針タイプは私は大きめを使うことが多いですが#2~1/0とオフセットフックと同じになります。

マス針はワーム保持力が高いものがいいと思います。

タックルとライン

ノーシンカーならスピニングタックル、シンカーを使用するならL~Mクラスのベイトタックルで良いと思います。リールがフィネスよりならさらに使いやすいかな。ライトテキサス、ジグヘッドワッキー、ノーシンカーをメインにライトキャロ、フリーリグ、ヘビキャロなんかでも使用します。完全な子バス狙いです。

私はノーシンカーメインの場合はスピニングのL+、ライトテキサスで使用する場合はLクラスのベイトタックルで使用します。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックス2.5号をメインに使用しています。ベイトタックルの時もフィネスブレイブZの10~11ポンドを使用します。

まとめ

まとめるほどのことはないですが、誰も知ってるヤマセンコーシリーズの一番小さいサイズの3インチのファットモデル。重さは5.1グラム、フックサイズはオフセットフック#2、1/0、マス針も#2、1/0サイズでいいかと思います。

PEスピニングタックルでノーシンカー遠投して使うと子バスがたくさん釣れますので1個2個ボックスに入れています。オフセットフックセットすればかなり飛距離がでるので広範囲も子バス祭りを楽しむことができます。

飛距離重視ならPEラインを持ちいたスピニングタックルがおすすめ。ベイトタックルでアキュラシー重視ならフィネスリールを用いたMクラス以下のロッドなら使いやすいと思います。おまけで私のゲーリーボックス。

釣りに行くときのボックス↑

色違い在庫ボックス↑

在庫ボックス大です。鞄にも入らない大きさです。メイホーBOXでは最大サイズです。

 
おわり。
 
マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました