[ジャッカル]デッドスローラー5.5インチのフックサイズと重さインプレ[JACKALL]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連

今回の記事はジャッカルのデットスローラー5.5インチのインプレ記事になります。最初の印象は大きい過ぎるかなって感じです。ボリュームで言うとOSPのドライブシャッド6インチより長さは短いですがでかいです。

私はOSPのドライブシャッドを愛用していますが、ソフトシェルスモークというカラーが好きで在庫かなり持っています。同じようなカラーがあったので今回はそのカラーを選びました。定番カラーと迷ったのですが結局好きな色を選びました。バスは目が余りよくなく色彩感覚はないので濃淡しか分からないらしいのでそこまでこだわる必要はないかと思います。濃さかキラメキで選べば良いようです。

[JACKALL]ジャッカル

加藤誠二氏と小野敏郎氏が創業したルアーブランド。たしかDUOみたく生産工場も持っているんじゃなかったかな?知らないけどw

ジャッカルを代表するルアーといえば、シザーコーム、フリックシェイク、ブラストボーン、マッシュボブ、TNトリゴンなど数多くあります。

私はジャッカルに興味がなくなってからはあまり知らない、見聞きはしますけどあまり思いつきません。メディアプロも多く抱えていますからメディア、ユーチューブでもよく見かけます。

ジャッカルは最近、丸紅から資本参加受けているので経営が危ないのかな?加藤氏と川島氏とジャッカルをやめているので、会社運営自体の構造を変化させているのでしょう。

今はソルトルアーにかなり力を入れているようで、流石にバスフィッシングルアーだけでやっていくのは厳しいのでしょう。レイドジャパン、OSPとソルト部門に力を入れているのでバス釣りの衰退はしょうがないですね。

[ジャッカル]デッドスローラー

とにかくゆっくり巻いて誘うシャッドテールワームです。4.8インチは比較対象が多いですが5.5インチとなると私の場合は、ドライブシャッド6インチくらいしかありません。

すでに藤田プロ監修のスティーズロッドが来季発売されるようです。ロッドに関してはジャッカルとは一緒にもうやらないのでしょう。何となくですがジャッカルからも離脱しそうです。というよりジャッカルにいて縛りが増えるより、多くのブランドと提携したほうが藤田プロにとってはいいからです。

比較対象がドライブシャッド6インチしかないのが、申し訳ないですが動きの比較だとゆっくり巻けるといういみでは対して変わりません。多分リブを増やせば水の抵抗が増えるというの安易な考えだと思います。水の抵抗は流体力学的な意味だと先端の形状に大きく依存するはずなので胴体にリブをたくさんつけてもおそらく意味はないと思われます。

続いてスイミング姿勢ですが、ピッチが大きいのはドライブシャッド6インチ、細かいのがデットスローラー5.5インチです。これはデザインの問題と、どちらが釣れるかの比較はそれぞれ感が方があるでしょうから好みがわかれるところでしょう。

明らかな違いはフォールスピードでしょうか。フックサイズは同じ5/0を使っていましたが明らかにデッドスローラーほうがゆっくりフォールしています。これは斜め方向には水の抵抗が多いからだと思います。意外とスイムジグとか沈めてズルズル系には最適なのかもしれないですね。まぁ大きめのルアーが好きな人しかやらなさそうです。

ジャッカル デッドスローラー5.5インチ 重さとフックサイズ

ジャッカル デッドスローラー5.5インチの重さは22グラムとなかなかの重量です。ドライブシャッド6インチは25グラムなのでまぁ同じような重さです。ドライブシャッドの場合フックをTNSオフセット以外を使うとワームが回転する場合があるのでネイルシンカー0.9~を打つ人が多いと思います。

ジャッカルのデッドスローラーはネイルシンカーは必要ありませんでした。低重心にきちんとなっていると思います。もしかしたらフックメーカーでは動きは変わるかもしれません。TNSオフセットではノーシンカーで問題なく使えました。カラーやラメで重量は多少変わってくるので足元で動きを見てから使用すればいいと思います。

デッドスローラー5.5インチのフックサイズはオフセットフック5/0~6/0です。

タックルとライン

かなり重たいのでMH以上のタックルでの使用になるかと思います。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。飛距離アップと耐久性アップのためでPEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

 

まとめ

今回の記事はジャッカルのデットスローラー5.5インチのインプレ記事を書きました。正直4.5インチと同様にもう次はないかなです。

驚くほどのアクションもなく今持ってるシャッドテールとあまり変わりませんでした。ジャッカル信者の人が買うんだろうな。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利マナーアップアイテム。

コメント

タイトルとURLをコピーしました