[エバーグリーン]キッカーバグ3.3インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

最近は引っ越しをしてからはレンタルボートに乗ることがなくなり、ある程度の重たいテキサスリグやラバージグを使う機会が減っていました。それに伴ってテキサスリグで多用していたエバーグリーンのキッカーバグ、OSPのドライブクロー4インチ、ノリーズのエスケープリトルツインの出番は減っていきました。

しかし、最近遠賀川に行くようになって上流では結構ややこしい場所が多くテキサスで打っていく釣りが少し懐かしくなり、ちょうど入荷していたときに1パック買っておきました。当然ノリーズのエスケープリトルツインも買っておきました。

私はシュリンプカラーが好きなので初めに買うときは少し濃い目のシュリンプカラーを選びます。なければグリパン、ウォーターメロン系を選んで買っています。

スポンサーリンク

[Kicker bug]キッカーバグ

キッカーバグは菊元俊文プロがデザインしたワームです。テキサスリグ、フリーリグ、ラバジグのトレーラーとして使われることが多いと思います。

サイズは3.3インチFATベイビー、4インチ、5.5インチがあります。5.5インチはほぼ店頭ではほぼ見かけないサイズです。少し硬い素材でできているので、針持ちも良いのでよく使っていました。おそらくカバーで使うこと前提なので硬めの素材で作られいるだと思います。

4インチが基本サイズだと思いますが、最近の小さいワーム、流行りのフィネスの流れでダウンサイズを作ったのかなと思います。ただ3.3FATの名が付く通り短く小さくなった訳ではなく、太短くなった感じです。実際は4インチの太さ厚さのまま、他のパーツを小さくした感じです。

HPより

特徴的なのはこの丸い際の部分でしょうか、正直全体像はゴキブリっぽいです。私の感想ですけどね。

私の個人的なイメージはフッキングしないといけないワームってイメージですかね。ラインを少し巻いてストロークで合わせるみたいな感じです。

キッカーバグファットベイビー3.3インチの重さとフックサイズ

キッカーバグファットベイビーの重さは↓

エバーグリーンのキッカーバグファットベイビーの重さは7.5グラム。

3.3インチでFATと名乗っていますがそこまで重たくはありません。同じサイズのボトムアップのハリースライドは10グラムですので、むしろ軽いほうかなと思います。見た目ほど重くはないといったかんじでしょうか。フォールも結構ゆっくり落ちます。

フックサイズはオフセットフックの2/0~3/0サイズが良いと思います。ライトカバー3/0,ヘビーカバーは2/0とカバー打ちする人は使い分けるのが良いでしょう。プロスタッフの方もそういう使い分けをしているようです。

タックルとライン

タックルはMH~テキサスリグ、フリーリグはMHクラスのタックルので私は使用します。硬いほうが底感度も良く、シンカーの選択肢も広くなります。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

もともと人気のあるエバーグリーンのキッカーバグのダウンサイズバージョンのキッカーバグファットベイビー3.3インチです。人気には地域差もあるかと思いますが、近所の釣具店ではまだ少し残っていました。

フリーリグ、テキサスリグで私は使っていますがカバー打ちをやるような場所っていうのはため池なんかだとそこまで打てる場所は限られてくるので、フリーリグで使うことが多いです。ずる引きで使うことは少なくカバー付近投げて少し誘って回収してを繰り返して反応がなければ交換って感じです。

遠賀川の上流では打てる場所が多いので歩きながら打って少し釣れていますが、ボートでの釣りだと出番が多いでしょうけどもう少し使い方を検討したいと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました