[一誠]スーパースティックヘビーソルト4インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

この一誠ワームのスーパースティック4インチは発売後、少し持っていましたが他のワームを使うことが多いので少しづつ使っていて、在庫がなくなって手に入れようとしたら手に入らなかったワームです。

一誠動画のなかでも売れ行きの悪いものは、HPに商品として記載されていても生産していないと。たまに村上晴彦氏が動画内でスーパースティックを使うと営業が嫌な顔をするって言っていましたから。スパテラや沈み蟲は定期的に店頭に入荷するのでクルコマは前回販売時に買えなかったのでもう一回販売いてほしいところです。

そのことから生産していないから動画に出すのはやめてほしいということです。また動画の中では発売時期が悪いのではないかっていうのも村上氏が語っていましたね。冬に販売開始するともともと釣れない売り上げが低い時期なのでそれで売れないって判断するのもどうなのかと。

多分一誠のルアーで一番再販してほしいって声が多かったのがこのスーパースティックだと思います。

以前から高比重モデルのスーパースティックとして再販するってプロトなんかが動画にたまに出ていたのでいつなのかなと思っていましたが釣具店からの入荷案内がきていたので、2日後くらいに買いに行きました。少なくはなっていましたが1パックだけ買ってみました。

一応活エビカラーを買いましたがいつもより少し明るさが少ない気が・・・。

スポンサーリンク

一誠 スーパースティック4インチ高比重モデル

もともとあったスーパースティックを沈み蟲のマテリアルで作ったのがこの高比重スーパースティックです。動画などで何回でてきていていつなのかなと思っていたら今年発売でした。

1時間ほど使用しましたが確かに身切れは早そうですね。シャープに投げるよりかはスイープに投げてあげたほうが長持ちはすると思います。最近村上氏はワームは比重で釣れているということをよく言っているので、釣れる比重バランスみたいのがあるのでしょう。

たしかスパテラも同じに高比重タイプを色々試しているようです。オンライン限定とかで販売たことがあるので実際に発売されるかもしれません。

スーパースティックはとくに特徴はなく、ゲーリーヤマモトのヤマセンコーとプロセンコーを合わせて小さいシャッドテールをつけたような形をしています。

後ろにいくほど太くなっています。

後ろに少しくぼみがあります。なんのためかは分かりません。

申し訳ない程度のシャッドテール。

一誠 スーパースティック4インチ ヘビーソルトの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

スーパースティック4インチ ヘビーソルトの重さは5.3グラム。ヤマセンコーの4インチ6.8グラムなので飛距離は落ちます。

メーカー推奨フックサイズはカルティバのマルチオフセット#1です。ワームが後方重心なのでワームがグズグズになりやすいのでもう少し大きいサイズでもいいかもしれません。4インチなので1/0くらいでもいいかと私は思っています。

ただアクション的にフックセットしている場所は動かなくなるデメリットもあります。私はコスパと性能でハヤブサフックをお勧めします。

タックルとライン

使い方がスプリットショット、ライトテキサス、ライトキャロライナ、ノーシンカーでの使用を前提にしているようなので必然的にスピニングタックルが前提かと思います。

L~MLクラスのロッドがいいのかと思います。フィネスリールを使用したベイトタックルでも遊べるかなと。ただ飛距離を出す釣りが多くなると思うのでPEラインを用いたスピニングタックルが最適です。フリーリグ、テキサスリグはM~MHくらいが必要にるかと思います。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。ベイトタックルのフィネスタックルにはフィネスブレイブZの11ポンドを使用しています。

まとめ

一誠の高比重ワームスーパースティック4インチの重さは5.3グラム、メーカー推奨フックサイズはカルティバのマルチオフセットの#1が推奨されています。タックルはL~MLクラスのスピニングタックルが良いと思います。

使った感じノーシンカーでも十分な飛距離が出ます。沈み蟲もそうですがカバースキャットより飛距離が出るのは形状からくる飛行姿勢の安定具合だと思います。カバースキャットは遠投したときかなり回転しますが沈み蟲は気になるほどの回転はしません。

スーパースティックも後ろ重心になっているのダウンショットみたいなバランスで飛距離が出ているのかもしれません。

メインの使い方はスプリットショット、ライトキャロライナ、ライトテキサス、ノーシンカーでのアクションが良いようです。売れ行きが悪ければまた販売されるかわからないので、使ってみたい方は確保しておくことをおすすめします。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました