[シマノ]ワールドミノー115Fフックサイズとインプレ[ジャークベイト]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ハードルアー関連

今回の記事はシマノのバンタムシリーズ、のワールドミノー115Fのインプレ記事になります。私はミノーのサスペンドモデルはあまり意味がないのではと考えているため、基本フローティングモデルを買います。ワールドシリーズは他にワールドポップ、ワールドジャーク、ワールドダイバー、ワードラッシュがあります。ワールドジャークはバンタムシリーズではなくスコーピオンです。

ワールドジャークとワールドミノーは見た目はそっくりですがリップとフックが違うのかなってくらいです。ジャークベイトは他にニシネルアーのエリー、DUOのレアリスジャークベイトを持っていますが価格差を考えるとシマノルアーは割高です。メガバスのワンテンも少し高いです。

私が持っている中ではハードコアのミノーフラットが一番安いのかな。

サイズ展開も多く価格も安いのでジャークベイト、ミノーやってみたい人は最初はこれから始めるといいと思います。

[バンタム]ワールドミノー115F

サスペンドモデルもありますが、夏から秋まで連れるのがミノーだと思います。シャッドテールとかと同じですね。フローティングモデルのほうがジャーク、トゥイッチはやりやすいと思います。

ワールドミノーはメガバスのワンテン、ニシネルアーのエリーに比べてダート幅少な目かなと、動かすなら動きは派手なほうがいいと思うで、動きを抑えるのはロッド操作でなんとでもできますから。

巻いて使うならサスペンドモデルのほうがレンジコントロールはやりやすいのかな?使ってないので分かりませんが解説動画みるかぎりそうなのかなと思います。

価格が2380円なので結構高いほうで、店頭価格は2000前後が多いのと思います。私はセールで1770円で購入しました。

ワールドミノー115Fフックサイズとスペック

全長:115㎜

重さ:14グラム

モデル:フローティング

フックサイズ:#5

価格:2380円

タックルとライン

私はジャークベイト専用ロッドを持っているのでそれを使いますが、Mクラスのファーストテーパーであればジャークはやりやすいと思います。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。ライン事態に問題はなく使用できています。おそらく飛距離も多少伸びている感覚があります。PEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

まとめ

今回の記事はシマノのワールドミノーのインプレ記事を書きました。ジャークに限って言うとメガバスやニシネルアーワークスのエリーシリーズのほうが上かと思います。

ただストップ&ゴーみたいな使いかたをするのはいいミノーだと思います。ただ価格が高いのでセールなどで買える時に買うのがいいかなと思います。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました