[OSP]ドライブシュリンプ6インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

オーエスピーから販売されているワーム、ドライブシリーズのドライブシュリンプです。今は店頭でもあまり見かけなくなりましたね。3インチあたりの小さいサイズはダウンショット、ラバージグのトレーラーとしてはドライブクローがありもともと出番はあまりなかったワームになります。

私がこのワームを在庫ボックスから出してきたのは、チャターベイトのトレーラーとして使えないかなーと思いついでに読まれない記事だと思いますが記録も兼ねていますので記事にしておきます。

最近時期的なものなのかチャターベイトの釣果が私個人ではかなり良い感じになっています。トップが釣れなくなってきてスピナーベイト、シャッドテールワーム、シャッドテールと巻いていますが一番釣れているのがチャターベイトになります。

チャターベイトはAKチャターとジャックハンマーが釣れると思っていますが、トレーラーワームをいろいろ試しています。そんな感じで今回使わなくなったワームBOX入れからいろいろ試しています。

 

他には個別にプロが監修したオリカネムシのようにプロがデザインしたものもあります。その昔はボトムアップ川村光大郎氏が以前勤めていた会社でもあります。

スポンサーリンク

[OSP]ドライブシュリンプ

オーエスピーのドライブシュリンプシリーズは3インチ、4インチ、4.8インチ、6インチがあります。チャターで使うには4.8インチが良かったですが、6インチしか今は持っていなかったのでチャターで試したところでは、あまり良くはなかったです。

動きはするんですが、チャターとの相性もあるかと思いますけど。

やっぱり本来の用途の通りテキサスリグ、フリーリグで使うのが一番いいのかな。縦さばきのアクションがいい動きをします。3インチ、4インチはダウンショット、4.8インチ6インチはテキサスリグ、フリーリグをメインにラバージグのトレーラーとしても使っていました。

ただOSPにはラバージグのトレーラーとしてはドライブクローがあります。なのでドライブシュリンプの出番は必然的に減っていきました。

テール部分が長いだけで実際はそこまで大きくは感じません。

ドライブシュリンプ6インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

ドライブシュリンプ6インチの重さは12.9グラムとなかなか重たいです。今だとノーシンカーで使っている人もいるかもしれません。昔はリールの性能的にシンカーを使うことが前提でしたから。

メーカー推奨フックサイズはオフセットフックの5/0~6/0サイズです。細身なのでナローゲイプタイプのオフセットフックがいいかと思います。6/0サイズは使い勝手が他にある場合以外は5/0でいいと思います。

このハヤブサフックは最新の防錆加工がされていて、ほんと錆びないです。

タックルとライン

ドライブシュリンプ6インチの自重も13グラムくらいありテキサスリグ、フリーリグの場合はシンカーを5~9グラムと使うのでタックルはMH~Hタックルを使用します。

私は硬めのロッドが好きなのでH+も使いますが、普通のHクラスのロッドで快適に遊べると思います。

ラインに関してはカバー次第でラインは太くする必要があるかと思いますが、私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。1/0フックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。

まとめ

今回の記事はOSPのドライブシュリンプ6インチの紹介記事を書きました。ドライブシュリンプ6インチの重さは12.9グラム、フックサイズは5/0~6/0サイズです。

ドライブシュリンプ6インチを使わずに収納していたので、チャターベイトに付けてみましたがイマイチでしたのでまた封印ボックス行きになりそうです。

テキサスリグ、フリーリグで使うのが一番良いと思います。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました