[遠賀川]遠賀川下流攻略ルアーの準備

スポンサーリンク
ライン、小物その他

少し前の記事で遠賀川の下流にしばらく通うかなと思って、リサーチするもあまり情報はなく多少の動画はあるのですが、そこは私でも知っている水門とか橋の下なのであまり調べる価値はないかなと。

そうなると自分でさがすことになります。その昔はヘビキャロとかやっているイメージでしたが今は人も少なく、私が少し歩いて見て回った時も釣り人は橋の下のみで下流の護岸の場所で釣りをしている人はいませんでした。

時間帯などで人が入る可能性はありますが朝7時にいないってのはおそらく不人気エリアなのでしょうけど、ボートは2艇いて何かずっとやっていたので、沈んでいるものがあるのか、地形変化があるのかもしれません。ワンコを散歩しながら最下流の駐車場から3号線?まで往復して下見をしました。

下流は川幅は広いですがそこまで深くはないようです。深くても4~5mくらいらしいです。浅いところ2mくらい?川幅は380mくらい。

スポンサーリンク

下流域の攻略ポイント1

画像で見る限りカバーが数メートルある程度で他はなにもありません。コンクリート垂直護岸なので太陽の位置でカバー、シェードにはなるのかなと。

そうなるとかなりに長い距離になってしまうので、テクトロになるのかなと。スピナーベイト、クランク、ミノーでやろうかと思います。朝歩いていると多分ハスが跳ねていたのでジャークベイトかなと思っています。あとはまだ釣れていないハードルアーも使っていきたいです。

このあたりはまだ釣れてないで、早めに入魂したいと思っています。水深次第ですが、エリー115TWでなんとか一匹釣りたいんですけど、これがなかなか釣れない。

下流域の攻略ポイント2

ポイントというかこういったコンクリート護岸の場合L字になっていると思うので、護岸から2~3m付近をチャターベイト、スピナーベイトで探っていくのが手早くサーチできるかなと。

護岸をテクトロでサーチして帰りに少し離れた場所をチャターとスピナーベイトでサーチ、何しろ距離が1キロ以上ありそうなので、巻物で釣るのがマストになってきます。ワームだとシャッドテールですが時間がかかりそうなので場所になれるまでは、ハードベイトで探っていくことになるかと思います。

下流域の攻略ポイント3

少ないですがカバーや水門っぽいものあるので、点で釣るルアーも必要です。一応それなりにワームも準備していきますが、ここは実績の高い信頼しているワームを持っていきます。沈み蟲2.6とスターリングツインとハリースライドを持っていこうと思います。遠賀川は濁っている場合が多いと釣具店で聞いたので濃いカラーを購入してきました。3個ともバックススライドもできるワームなので便利に使えます。

まとめ

この記事を書いている次の日に釣りに行くので、行く前の攻略を考えてみました。準備もすでに終わっているのでどうなるかは分かりませんが。遠距離の釣り、カバースキャットの釣りとかヘビキャロなどはもう少しあとにしようと思います。

慣れてきたらスプリットショットやネコリグみたいな釣りは地形把握が終わり次第やっていこうともいます。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました