[ハイドアップ]HUミノー111SPインプレッション

スポンサーリンク
ハードルアー関連

今回はハイドアップのHUミノー115SPのインプレ記事です。最近PVのアクセスがいつも1日70とかなのですが、150~200くらいに増えています。土曜日日曜日なんかは100を超えることがまれにありますが、台風で家にいる人が多かったのかいつもは読まれないハードルアーの記事が少しだけアクセスが増えていました。

今回もあまり読まれないであろうハードルアーの記事になります。ちなみに私のブログで一番読まれているのは釣り禁止の記事です。福岡県の油木ダムの釣り禁止の記事です。禁止の看板がいたるところに設置してありますが未だに侵入して釣っている人がいるようです。

9月のシルバーウィークのセールで見切り品とアウトレット品が並んでいた中にありました。980円くらいだったので、一応ジャークベイトを最近いろいろ試しているので購入してみました。ヤフオクやメルカリでも安売りされています。

スポンサーリンク

HUミノー111SPインプレ

このミノーの特徴とい特徴は使って感じませんでしたが、使い始めてすぐに子バスが釣れました。2匹くらい釣れたので悪くはないのだと思います。ジャークするとダートするってより潜ってしまいダートアクションはあまりよくありません。

ダートアクションを求めるならメガバスのワンテンRとかニシネルアーワークスのエリーシリーズのほうがダートしてピタっと止まる印象です。私が持っているジャークベイトの中で動きが似ているのはワールドミノーだと思います。

ジャークして使うって感じではなく巻いて使う感じです。重心移動がついていますが投げ比べてもそんなに飛距離の差はないので重心移動システム自体あまり意味がないような気が私はしています。巻いて足元で泳がせてもいい感じがしたのでこれは巻用のミノーにしようと思います。

ハイドアップの動画で確認していると開発に関わっているのは福岡出身の人なんだな。たまんらばいってキャッチフレーズがあるのは知っていましたが福岡出身だからっていうのは知りませんでした。

このスプリットリングは交換したほうがいいかもしれません。私は最初に交換してしまいましたがあまり強いものではないようです。

スプリットリングはクランク等にも使えるの#2は持っておいたほうがいいと思います。

タックルとライン

私はナイロンラインを多用するので張りのあるいわいる高弾性ロッドで使用します。ナイロンラインのおかげかそこまでバラシが多いようには感じません。ただジャークやトップのアクションは疲れるので短いロッドがほしいとも思っています。

今の時期はトップとジャークベイト多用しているのでナイロンラインがメインになっていますが、もう少し寒くなると底物ばかりなると思うので、そうなるとフロロラインがメインになります。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

ハイドアップのジャークベイトHUミノー111SPのインプレ記事を書きました。ジャークしてもそこまでよい動きとは私は感じませんでした。ただ琵琶湖で開発されている背景を考えるとジャークして潜っていくのはいいのかもしれません。私は琵琶湖で使うわけではないので巻きで使うことになりそうです。

ちょうど遠賀川の下流でテクトロしてみようと思っていたので使ってみようと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました