[ボトムアップ]ヴァラップスイマー3.3インチのフックサイズと重さインプレ[シャッドテール]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連

今回の記事はボトムアップから発売されているシャッドテールワーム、ヴァラップスイマー3.3インチのインプレ記事になります。

小型のシャッドテールの中ではかなり動くのではないかと思います。私はシャッドテールワームは好きで色々持っていますが一番動くのがヴァラップスイマー3.3インチだと思います。

PEラインを使ったタックルであれば十分な飛距離がでますし、ネイルシンカーを入れて底付近を引いてくることもできます。4.2インチはどちらかというと表層向きかなと思っています。

[ボトムアップ]ヴァラップスイマー3.3インチ

ボトムアップから発売されているシャッドテールワームのヴァラップスイマー3.3インチ。川村光大郎プロはスピニングタックルでネイルリグを入れて使ってることが多いようです。

大きいほうのサイズの4.2インチもあります。4.2インチはベイトタックルで川村氏はよく使っています。使った感じよくウォブリングするワームだなと思います。足元で泳がせてもよく動いているのがわかります。ロールは少ないほうだと思うのでアピールしては若干弱いタイプのシャッドテールワームなのかなと思います。

ドライブシャッド3.5インチはロールをするのでその分ウォブリングは減ってしまいます。ただゆっくり巻いても動くので、スローリトリーブならドライブシャッド3.5インチ、通常のスピードど巻くならヴァラップスイマー3.3インチがよいのかなと思います。

4.2インチと同様に針持はかなり良いです。先端の肉盛りのおかげか素材もドライブシャッドに比べて硬いので素材からくる丈夫さもあるかと思います。

フックのクランク部分の肉盛り、これのおかげでかなり長持ちします。

正面から三角形になっていて低重心化させようとしている意図がうかがえます。

ドライブシャッド3.5インチ

ドライブシャッド3.5インチには肉盛りが少しだけあるのですが、長く使ったり遠投をずっとやっているとダメになってきます。

ヴァラップスイマー3.3インチの重さとフックサイズ

ヴァラップスイマー3.3インチの重さは5.7グラムです。ヴァラップスイマー3.3インチのフックサイズはメーカー推奨オフセットフック1/0,2/0サイズ。

私はハヤブサのTNSオフセット2/0かライトニングストライクの2/0を使用します。フックはサイズは同じなら何でもよいと思います。ヴァラップスイマー3.3インチはフックポイントが隠れるようにスリットがあるので針先が立っているリューギのインフィニみたいなオフセットフックも使えます。

タックルとライン

タックルはLクラスのスピニングタックルが扱いやすいと思います。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

PEラインは安いのと、どこでも売ってるダイワのPEライン0.8号をメインに使っています。飛距離重視の場合はYGKのアップグレード0.6号の4ブレイドを使います。本当はYGKだけでやりたいのですが高いので0.8号はダイワにしています。ダイワのPEはブランド名が違ってもラインは同じです。↑リンクに記載しています。

バス釣りの場合は根ズレに強い4ブレイドがいいみたいですが、私はキュルキュル音がするのが嫌で8ブレイドを使用しています。4ブレイドは価格の安さが魅力です。飛距離は変わらないので音がしても安いラインのほうが良いかどうかの問題です。表記だけを信じるならYGKが最強です多分。同じ号数を使っていても力ずくで切るのが大変です。PEラインを引っ張るアイテムがあるのでも持っておいたいいです。私は一度ロッドが折れているので、カラビナカッターをバックに付けています。

バス釣りの場合、PEラインはそこまで長く巻く必要がないため150mを買って75mづつ使えばいいかと思います。70m以上飛距離ほぼないですが、出る場合は200m巻きを買うしかないですが無駄が出ます。リールが3個かリサイクラーがあれば下巻もきっちり巻くことができます。一度安いフロロライン10ポンドで下巻をしてしまえばあとはPEラインだけを交換するだけです。

まず使用するスピニングにPEを75m巻いて下巻のフロロを結び、自分の好きなとこまできっちり巻いて、次は違うリールAに巻いて、次に別のリールBかスプール交換して巻いてスピニングに巻けばPEラインが上にきます。このときフロロの巻き数とPEの巻き数を覚えておけばこの作業すらする必要がありません。

リーダーは気持ち太めのラインを選んでいたほうが無難です。私の場合は0.8号には14ポンド、0.6号には12ポンドを使用してます。ラインはスティーズクロスリンクかグランドマックスを使っています。リーダーは使う長さが短いので良いラインを組んでいます。コスパならスティーズの方が良いです。

まとめ

今回の記事はボトムアップのヴァラップスイマー3.3インチのインプレ記事を書きました。リグはノーシンカーかネイルリグでの使用が良いかと思います。私の場合0.9グラムを中心から前よりに下っ腹に刺すことが多いです。

3.3インチ、3.5インチサイズのシャッドテールは全国的に釣れるサイズだと思いますので、私もドライブシャッド4インチとヴァラップスイマー3.3インチが今では主力のシャッドテールになっています。

スピニングタックルを導入したこともあって小さめのシャッドテールの釣果には少し驚いています。秋なんかだと数釣りにも使えますし何よりバイトが明確で楽しいです。

小さなシャッドテールワームの中では私の中ではお勧めの一つです。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました