[ボトムアップ]ヴァラップスイマー4.2インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

私がバス釣りをする場合のトッププラグを投げた後に投げるのは、スピナーベイトかシャッドテールワームです。シャッドテールワームも主軸はOSPドライブシャッド4.5インチですが、持っていくタックルによって変えていきます。

ライトタックルメインの時は、スピナーベイトを持っていかずにOSPドライブシャッド4インチ、ボトムアップのヴァラップスイマー4.2を持っていきます。その場合はPEラインを用いたMLロッドでの遠投での使用になります。シャッドテールワームは広範囲に一気に表層を探れるので朝マズメなんかのときはよく使います。

ドライブシャッド4インチは早く巻くと動きが破綻してしまうので、スピニングタックルの場合はヴァラップスイマーを使うことが最近は多いです。

スポンサーリンク

[ボトムアップ]ヴァラップスイマー4.2インチ

ボトムアップから発売されているシャッドテールワームのヴァラップスイマー4.2インチ。ダウンサイズの3.3インチもあります。3.3インチはスピニングタックルで川村氏はよく使っています。

使った感じよくウォブリングするワームだなと思います。足元で泳がせてもよく動いているのがわかります。ロールは少ないほうだと思うのでアピールしては若干弱いタイプのシャッドテールワームなのかなと思います。

OSPドライブシャッドと一誠のキャラメルシャッドはロールもウォブリングも、どっちもする感じです。動きの派手さでいうとヴァークレイのパワーウィグラーが一番なのかなと思います。さらに動きの派手さでいうとレイドジャパンのフルスイングも大きく動きます。

動きの派手さでいうと、パワーウィグラー→フルスイング→キャラメルシャッド、ドライブシャッド→ヴァラップスイマーって感じです。他のシャッドテールワームはまだ使っていないので、また購入して使ってみてリライトしようと思います。フックセットやネイルリグでも違います。

もう少しロールしたらツートンカラーがもっと生きると思いますけど、難しいのかな。

ヴァラップスイマーの私が思う一番良いところは針持の良さです。ワームの素材からくるものなのか、形状の良さから来るものなのかは分かりません。

HPより

フックセットが少しシビアで真っすぐ刺さないと横向きに泳いだりするので、慎重にフックセットする必要があります。

カラーは22色あります。ツートンカラーが多いので色選びは楽かなと思います。

私のおすすめカラーはスモーキンシャッド、オイカワ、KUWSE、ゴールデンシャッドです。まぁ定番カラーです。

この上のスリットがよくて針先はでていても隠れる状態になります。リューギのオフセットフックインフィニみたいに針先が少し上向きのフックでもフックセットが楽です。

お腹側にもスリットが入っていてナローゲイプタイプのオフセットフックが使えます。川村氏は自身が監修するオフセットフックのライトニングストライクを使用しています。

ヴァラップスイマー4.2インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

ボトムアップのヴァラップスイマー4.2インチの重さは12.9グラム。ベイトタックルでも十分投げることができる重さで尚且つ、少し硬めのスピニングタックルでも扱える重さです。最初に私のスピニングタックルを紹介していますがMLクラスのスピニングタックルなら普通に扱えます。

ヴァラップスイマー4.2インチのフックサイズはメーカー推奨オフセットフック4/0,5/0です。フックは好みのオフセットフックを使えば良いと思います。5/0を使うのがいいかと個人的には思います。4/0だとワームを保持ている部分が少なくなるので少しだけ動きは大きくなります。

タックルとライン

まずは作り手の川村光大郎プロのタックルです。記事を書いている時点では最新タックルです。3.3インチも載せておきます。

ロッド:スティーズ SC S64L-SV・ST ファイヤーフラッシュ
リール:イグジスト LT 2500-C
ライン:UVF タトゥーラ センサー×8+Si2 0.8号
リーダー:タフロンZα 1.5号
ルアー:ヴァラップスイマー3.3インチ

少し前に、PEに結ぶリーダについて釣具店で聞いたら、リーダー専用のラインは通常ラインより強度がかなり高い高級素材を使用しているらしい。本当かどうかはしりません。私は通常の100m巻きのラインの余りを使っています。

4.2インチ、しばらくするとダイワのユーチューブで放映されると思います。

ロッド:スティーズ SC C69M+ -ST【FIRE WOLF】
リール:スティーズリミテッド SV TW 1000HL
ライン:スティーズ フロロ X’LINK 13lb
ルアー:ヴァラップスイマー 4.2in. (ネイルリグ:シンカー 1/64oz.)
ルアー:ヴァラップスイマー 4.2in. +ジグヘッド2/7oz
ルアー:ヴァラップスイマー 4.2in. + STEEZ フレックスジグ 7g

 

私の場合はDAIWAのBLXシリーズになります。スピニングタックルは最初に書きましたので、ベイトタックルを書いておきます。最新ファイアウルフと同じM+かスピニングのMLを使用します。

リールはスティーズCTの6.3を使用しています。私は手が小さいのでCTが持ちやすくていいのです。次のスティーズが23年には発売されるかもしれないので今はリールの整理中です。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。

まとめ

ボトムアップのヴァラップスイマー4.2インチの重さは約13グラムで少し硬めのスピニングタックル、Mクラス前後のベイトタックルで扱えます。フックサイズはメーカー推奨4/0,5/0のオフセットフックです。

よくウォブリングするシャッドテールワームです。ロールは少ない感じです。なんと言っても針持が良いのが私的には高得点です。針持を気にしながら使うのは嫌ですからね。スピニングタックルで遠投して広範囲に探ることもできます。

ある程度の釣果はでているので他のカラーも集めて、パッケージをカラフルにして持ち歩きたいです。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました