[OSP]ドライブシャッド4インチのフックサイズと重さインプレ[シャッドテール]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連

今回の記事はOSPから販売されているドライブシャッド4インチのインプレ記事になります。4.5インチが定番だったのですがやっぱり大きすぎるなと思うときもあります。4インチはPEラインを使ったパワースピンでも使える重さでセッティングさえでれば60m近い遠投も可能です。

4.5インチじゃ大きいと思ったときに使う4インチ。普通のMクラスベイトタックルでギリギリ投げることができるサイズです。小さめの池でのノーシンカー、スピナーベイト、チャターベイトのトレーラー、スイムジグトレーラーとしても使用しています。4.5インチに比べて長さは少しですが、横にスリムなっています。

なぜか、このサイトスペシャルがなぜか一番釣れています。そんなに頻繁に使っている訳ではなのですが4インチではnこのカラーが強いです。喰わせピンクも釣れてはいますがこのホワイトカラーが4インチでは一番です。使う頻度も多いのでそうなっています。

シャッドテールワームではボトムアップのヴァラップスイマー4.2インチも同じような使い方で使用しています。ヴァラップスイマーのほうが自重があるので飛距離がもう少しほしい場合に持っていきます。

ヴァラップスイマーのほうは少し横向きになることが多いのでネイルシンカーで低重心化する必要があります。アクションはヴァラップスイマーのほうが大きいというかリアルな感じがします。

[OSP]ドライブシャッド

ゆっくり巻いても、速く巻いてもきっちり動いてくれるシャッドテールワームです。さらに動きを止めてもフォールするときの勢いでテールを振りながら落ちていきます。ドライブシャッドの私が思ういいとことはロールなんですよね。数十年前にミドストが流行った後に発売されたと記憶しています。同じくらいかもしれません。

ミドストって面倒じゃないですか動かし方が、ロールすればいいのであればロールするワームを使えばいいだけってことで使い始めました。OSPのおひざ元の相模湖、津久井湖に行っていましたので、OSPにはなじみがありましたから。

ソフトシェルスモークとゴールドシャイナーこの2色を中心に、サイトマジックをたまにあとは気分次第で色を選んでいます。私の場合メインで投げるのは4.5インチを使って、遠投や大規模な場所では6インチ、規模が小さいときは4インチ、スピニングタックルのときは3.5インチと使分けています。

投げて巻くだけ、針先を隠してしまえば根掛かりも少ないのでややこしい場所でも誘うことができます。ピンポイントでフォールさせて狙うこともできます。

[OSP]ドライブシャッド4インチの重さとフックサイズ

ドライブシャッド4インチの重さ9.7グラム。このくらいの重量があればベイトタックルでもMLクラスのスピニングのタックルでも投げることができます。PEを使用したスピニングタックルでは50mくらい飛距離をだすことができます。折金氏はセッティング次第で70mくらい投げるそうです。

ドライブシャッド4インチのフックサイズはオフセットフックTNSオフセットの3/0がメーカー推奨です。3/0ならなんでも良いと思います。

4.5インチと並べてみました。ネイルシンカーを入れたほうが姿勢が安定するので入れたほうがいいです。0.9~1.3グラムを使うことが多いです。

タックルとライン

私はベイトタックルの場合はL/ML、スピニングタックルの場合はパワースピンのML/MHを使用します。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

ベイトタックルの場合は12ポンドを使いたいところですが、シャロースプール使用しているため巻ける長さが短くなるのでフィネスブレイブZの10ポンドを使っています。

PEラインは安いのと、どこでも売ってるダイワのPEライン0.8号をメインに使っています。飛距離重視の場合はYGKのアップグレード0.6号の4ブレイドを使います。本当はYGKだけでやりたいのですが高いので0.8号はダイワにしています。ダイワのPEはブランド名が違ってもラインは同じです。↑リンクに記載しています。

バス釣りの場合は根ズレに強い4ブレイドがいいみたいですが、私はキュルキュル音がするのが嫌で8ブレイドを使用しています。4ブレイドは価格の安さが魅力です。飛距離は変わらないので音がしても安いラインのほうが良いかどうかの問題です。表記だけを信じるならYGKが最強です多分。同じ号数を使っていても力ずくで切るのが大変です。PEラインを引っ張るアイテムがあるのでも持っておいたいいです。私は一度ロッドが折れているので、カラビナカッターをバックに付けています。

バス釣りの場合、PEラインはそこまで長く巻く必要がないため150mを買って75mづつ使えばいいかと思います。70m以上飛距離ほぼないですが、出る場合は200m巻きを買うしかないですが無駄が出ます。リールが3個かリサイクラーがあれば下巻もきっちり巻くことができます。一度安いフロロライン10ポンドで下巻をしてしまえばあとはPEラインだけを交換するだけです。

まず使用するスピニングにPEを75m巻いて下巻のフロロを結び、自分の好きなとこまできっちり巻いて、次は違うリールAに巻いて、次に別のリールBかスプール交換して巻いてスピニングに巻けばPEラインが上にきます。このときフロロの巻き数とPEの巻き数を覚えておけばこの作業すらする必要がありません。

リーダーは気持ち太めのラインを選んでいたほうが無難です。私の場合は0.8号には14ポンド、0.6号には12ポンドを使用してます。ラインはスティーズクロスリンクかグランドマックスを使っています。リーダーは使う長さが短いので良いラインを組んでいます。コスパならスティーズの方が良いです。

まとめ

今回の記事はOSPから販売されているドライブシャッド4インチのインプレ記事を書きました。タックルはベイトタックルなら少しだけフィネスリールを使ったL~Mクラスタックル、遠投するならPEスピニングタックルで50m以上の飛距離を出すことも可能です。

70m飛ばすにはセッティングを煮詰めないとここまでの飛距離はだせません。そんなに飛べば気持ちいいだろうなと思います。

ドライブシャッド4インチはベイトでもスピニングでも快適に使えるので、ベイト1本スピニング1本の2本で釣りしている方には最適なワームだと思います。ボックスに1個私は入れています。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました