[ダイワ]ポコクロインプレッション[POKOKURO]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ハードルアー関連
スポンサーリンク

今回の記事はダイワのクローラーベイトルアーのポコクロインプレ記事になります。ダイワから発売されているクローラーベイトのうちの1個です。もう一つはバンクフラッターです。デカダッジのオマージュ品ですね。

結構前に買っておいたのですが、当時は羽ものにあまり興味はなくなんとなく買ってみたものの使うことなくボックスに入れいました。
最近トップでの釣りが面白くて、ペンシルベイト、ポッパーで朝はバス釣りを楽しんでします。トップで遊んだあとジャークベイト、ミノーをやってチャターベイト、スピナーベイトそのあと底もので遊んでいる感じです。その流れでポコクロも使ってみました。

スポンサーリンク

[POKOKURO]ポコクロ

ダイワの羽物は2個販売されていて、ポコクロとバックフラッターがあります。ポコクロのほうはあまり店頭でも見かけないので人気もないのかなと思います。バックフラッターも持っていますが店頭でもよく見かけます。ポコクロはあまりみないかな。近所のキャスティングには3~4個置いてありました。今は羽物の事態はもうそこまでやっている人は少ない印象です。

どっちかというとビックベイト、ブラストボーンや私の地元のミブロのアダプトスイマーみたないウエイクタイプが今は人気のようです。巻くだけでアクションが可能な手軽さとビックベイトというロマンがありますからね。

ポコクロはフロッグのようなソフトボディをしています。少し硬いフロッグに羽を付けた感じです。

ゆっくりゆっくり誘うためのルアーのようで、少しでも早く巻くと回転してしまいます。かなり遅くしないと回転してしまうので、速く巻きたい場合はブレード部分にシンカーをつけるなどチューンが必要です。

ブレードを大きめのフックに交換するのもいいかもしれません。フックも結構重さありますから、ティンセルとかラビットフェザーなんかを付けるのもいいかと思います。

リアフックは通常のリングアイではなく硬めのプラスチックみたいなリングを採用しています。

ポコクロのスペック

全長:66㎜

重量:20グラム

フックサイズ:#4

価格:1640円

カラー:10色

そこまで大きくないので大きなボックスは必要ありません。

このボックスはかなり使いやすいのでお勧めです。アマゾンで買うと500円以下で買えます。

タックルとライン

20グラムくらいなのでMHタックルクラスが使いやすいと思います。Mクラスロッドでもフルスイングしなければ普通に投げることはできます。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。ライン事態に問題はなく使用できています。おそらく飛距離も多少伸びている感覚があります。PEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

 

まとめ

ダイワの羽根ものルアーのポコクロ。価格も安く手軽に使えるクローラーベイトです。デメリットはゆっくりしか巻けないことでしょう・・・メリットでもある気がしますがもう少し早く手早くサーチしたい場合の使いがってはあまりよくありません。

バイトは少しあったものの今のところ一度もフッキングまでいかないので、フックアップも少し悪いのか、バスが小さかったのかな不明ですがフックに関しては大きくするとかチューンしたほうがよさそうです。大きさもそこまで大きくないの通常のボックスに入ります。

専用タックルが必要ない重さなのでルアーボックスに一つは羽もの入れたい時なんかは最適かと思います

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

便利、マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました