[Dスタイル]トルキーストレート5.8インチのインプレと重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

今回はDスタイルのトルキーストレート5.8インチのインプレ記事になります。3.8インチ、4.8インチのインプレ記事は書き終わったので、5.8インチで最後になります。さらにストレートワームの記事はこれが最後になります。最後というか増えれば書きますがメインで使っているストレートワームの記事は書き終わりましたので一旦ストレートワームの記事は最後になります。

私がネコリグで使うストレートワームはOSPのドライブクローラー、ダイワのネコストレート5インチ、Dスタイルのトルキーストレートです。ヤマセンコーもカットテールもストレートワームですがネコリグでは使わないので別で考えています。

5.8インチはトルキーストレートの中では最大サイズですが、サイズほど大きくは感じない印象です。

スポンサーリンク

トルキーストレート5.8インチのインプレ

トルキーストレート5.8インチは長さの割には大きくは感じません。使っているときはネコリグなので曲がっているので、大きさはあるけど大きくない・・・横から見れば大きいのかもしれませんけど。

使っていて大きいなと思うことはないです。ドライブクローラーの6.5インチはでっかいなぁと思います。

格サイズ共通でクビレ部分が曲がるようになっているのでネコリグでアクションしたときは底を起点にクネクネアクションします。巻いても5.8インチはかなりブルブルするので感度いいロッドだと振動が伝わってきます。ワームでここまで振動がでているのは私が知る限りではないです。

もしかしたらこのテール部分もアクションに関係しているのかもしれません。


トルキーストレート5.8インチのフックサイズとセッティング

トルキーストレート5.8インチのフックサイズはメーカー推奨は#2番です。私は#2か1/0を使用しますが、1/0のほうを使うことが多いです。パワーワッキーかジャングルワッキーを愛用しています。

ジャングルワッキーとパワーワッキーは掛け重視なフックです。NSSはガッツリフッキングしないと掛が悪いです。NSSフックは硬めのロッドで合わせる必要があります。

ネイルシンカーは1.3グラム~最近は重たいネイルシンカーを使うのが流行っているのか、藤田京弥氏の影響なのかは不明です。重たいほうが扱いやすいのは事実です。ネコリグの場合フォールで食わせるってのは着底後はあってもフォールで釣れることは稀ですからね。

トルキーストレート5.8インチの重さ

トルキーストレート5.8インチの重さは6.8グラム。ネイルシンカーとフックを合わせると8グラム超えてくるので普通ベイトタックルで投げることができます。

このサイズくらいなるとスピニングタックルではなくベイトタックルで使用します。

タックルとライン

タックルは自重もかなりあるので、通常のバーサタイルベイトタックルでいいかと思います。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

Dスタイルのストレートワーム、トルキーストレート5.8インチのインプレ記事を書きました。私はタックルが数が少ない場合の大き目のストレートワームを持っていきます。自重もそこそこ重たいのでベイトタックルで投げることができます。

4.8インチのほうが出番は多いですが、数はかなり持っているので遠賀下流にしばらく通おうと思っているので出番は増えてくると思っています。下流は釣れないらしいですが、魚がいないのか釣れないのかはわかりせんが、ネチネチやって行こうと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました