[Dスタイル]トルキーストレート3.8インチのインプレと重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

今回はDスタイルのトルキーストレート3.8インチのインプレ記事です。私がネコリグで使うストレートワームはOSPのドライブクローラー、ダイワのネコストレート、Dスタイルのトルキーストレートです。手持ちがないときはゲーリーのカットテールもたまに使います。

最初にインプレを書いてしまいますが、まず一番良いのは針持の良さです。素材がかなりもっちりしていますが、ストレートワーム中でも上位にくるくらい丈夫です。丈夫なのですが動きが悪いわけでもありません。

大体のストレートワームは巻くと多少ブルブルするのですが、私使ったことがあるストレートワームの中では一番派手にアクションします。サイズが大きくなると動きも大きくなりますがトルキーストレートは小さいサイズでも動きます。

スポンサーリンク

[Dスタイル]トルキーストレート

Dスタイルのトルキーストレートのサイズ展開は3.8インチ、4.8インチ、5.8インチがあります。一番使い勝手がいいのは4.8インチだと思います。実際のところ数釣りする以外では3.8インチは使うことはあありません。5.8インチはアベレージサイズの大きいところか飛距離が必要なときに使います。

フックセットする場所に切れ込み見たいなものがありそこを起点にアクションします。

このクビレみたいのおかげでワームチューブのずれもしにくくなっています。フックをセットするのはこの裏側です。

三角形の形をしていて平らな面で水を受けてブルブルします。ただフォールではそこまで良い動きはしません。

トルキーストレート3.8インチのフックサイズ

フックサイズはメーカー推奨では#4~#2番です。私はほぼ#2を使うことが多いです。#4を使う機会が少ないので基本小さいフックは2番です。4番はジャングルワッキーのみ持っていますがほぼ2番で使用します。

ザルツのシリコンチューブが頑丈で一番いいと思うのですが、価格が高いのでコスパ等を考えるなら今はダイワのチューブが一番かなと思います。装着も簡単で入手も容易です。5㎜と6㎜があれば大抵のストレートワームに適応しますが、一誠のスパテラ、ゲーリーヤマモトのカットテールは細身なので4㎜が良いと思います。なので4,5,6㎜があれば安心です。

このダイワのチューブは切って使うため長さを自分で調整できます。カットして使っていきますが先にカットしておくのはやめたほうがいいです。使う前に必要分だけカットするのがいいです。

トルキーストレート3.8インチの重さ

トルキーストレート3.8インチの重さ2.8グラム。私の場合はネイルシンカー0.9~1.3グラムくらいを入れて使用しているので実質4グラム程度になります。

タックルとライン

タックルはUL~Lくらいでないときついかなと思います。ベイトフィネスでもできますが飛距離を考えるとスピニングタックルが最適だと思います。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

マルチカラーは飛距離を確認したい場合には便利ですが色落ちと毛羽立ちが多いように最近感じます。距離の確認が必要ない場合は単色カラーを選んだほうがいいかと思います。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックス2.5号を使用しています。

まとめ

今回はDスタイルのトルキーストレート3.8インチのインプレ記事を書きました。4.8インチをメインで使うためあまり出番はありませんが、9月に入り小バスが釣れるようになり数釣りもできる時期になってきて、少し出番が増えてきています。

私の行く場所では25センチくらいが多く釣れるので、4インチ前後のワームでの釣りはかなり効果的です。ただゆっくり巻いてるだけでも釣れるくらい巻アクションはいい感じです。多くの釣具店にも置いてあると思うので数釣りができる場所であれば試してみるといいかと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました