[Dスタイル]SVSB1.8インチのフックサイズと重さインプレ[スーパーバイブシンキングバグ]

スポンサーリンク
ランキングの参加しています。よろしくお願いします
ソフトルアー関連
スポンサーリンク

今回の記事はDスタイルから販売されている虫系ワームのSVSB1.8インチのインプレ記事になります。SVSBが発売される少し前に時期に各社から高比重の虫系ワームが発売されていました。Dスタイルは昔はオリジナル感にある商品を出してしましたが、最近は流行りの追従ばかりで個人的にはつまらないルアーメーカーになってしまった印象です。

一誠から販売されている沈み蟲1.8インチの釣果がいいので釣具店に買いにいったら1.8インチと2.2インチは毎回すぐ売り切れてしまうようでなかなか手に入りません。代替え品ないかなと思って店内を徘徊していたら見つけたので試しに購入してみました。同じく虫系ワームのレイドジャパンのAVIもありますがワームが硬くてフッキング悪いのとなぜか釣れないので封印ボックス行きになっています。最近は寒くなって釣れないのでまた使ってみようと思ってはいます。

スポンサーリンク

[Dスタイル]SVSB

DスタイルのSVSBは1.5インチのジュニア、3.4インチのビック、3.6インチのメガがあります。今回のメイン1.8インチはオリジナルサイズとなります。正直3.4インチ出すなら2.5インチ前後くらいのほうが全国的には使う人が多いかと思います。

カバースキャットが未だに入手困難な人気ぶりなのでその波に乗るために3.4インチと3.6インチを出してきた感じです。3.4インチもいつか記事にしますがボトムドックウォークもいい動きをしません。カバースキャット3.5インチみたいなキレのあるダートアクションはやり方もあるかと思いますが癖があってやりにくいです。

さて1.8インチですが私はドンキーリグで使うために購入してすでに1パック使い切りました。小バスがたくさん釣れてまぁ楽しめました。フォールが遅すぎて待つのが面倒ですがネイルシンカー0.9グラムを入れておけばストレートワームくらいのスピードで落ちていきます。

それからは2,3回ロッドアクションを入れてステイを繰り返すと秋後半はかなりの数が釣れました。ドンキーリグはスティックベイトでやるのが通常ですが虫系ワームで移動距離を抑えた釣りも効果的なようです。ワーム自体の耐久性もいいので長く楽しめます。上記したように2.2~2.5インチくらいのサイズが良かったのになと思っています。パックインパックなので出し入れが面倒です。

[Dスタイル]SVSB1.8インチのフックサイズと重さ

SVSB1.8インチの重さは2.4グラムと軽いです。沈み蟲が3グラムくらいあるので少し軽めです。

SVSB1.8のフックサイズは公式HPにありますがTNSオフセット#2~#3マス針フックフィネスワッキー4~6番が推奨フックとなります。オフセットフック2番を私は使用しています。マス針フックは使用していないのですが使いうなら2番くらいかなと思います。

TNSフックよりナローゲイプフックのほうがいいと思います。

ネイルシンカーは0.9グラムを刺して私は使用しています、ネイルシンカーは格安のものもありますがちゃんとしたものを使ったほうが最近はいいのかなと思ってバレーヒルのもを使っています。

タックルとライン

3私はスピニングタックルでネイルシンカーを入れてリアクションバイトを誘発するようなアクションで釣りをしています。ドンキーリグでリアクションとずる引き両方やっています。

私はロッドやリールに傷が付くのが嫌なので一応ワコーズのバリアスコートでコーティングしています。効果のほどは撥水程度しか分かりませんが、小さな傷はほぼ回避できていると思います。一番期待しているのは飛距離アップです。こころなしか飛距離は伸びている気がします。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。人気がある号数はアマゾンではすぐに売り切れていますね。

マルチカラーは飛距離を確認したい場合には便利ですが色落ちと毛羽立ちが多いように最近感じます。距離の確認が必要ない場合は単色カラーを選んだほうがいいかと思います。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックス2.5号を使用しています。最近はスティーズクロスリンク10ポンドも使用しています。手で引っ張ってみるとグランドマックスと変わりはないので、1m単位で考えるとコスパはクロスリンクなのかなと思います。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。ライン事態に問題はなく使用できています。おそらく飛距離も多少伸びている感覚があります。PEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

まとめ

今回の記事はDスタイルの虫系ワームSVSBのオリジナル1.8インチの記事を書きました。沈み蟲の1.8院と2.2インチが手に入らないので代替え品として購入してみました。意外と釣れて2パック目になりますがなにせ飛距離がでないので使い勝手は悪いです。

ある程度釣果が期待できるだろうと分かっている場所で効果を発揮します。私の使い方はドンキーリグで歩いて岸際を延々投げてアクション、ずる引きで探って行きます。このやり方でもやり続ける根気があれば釣果はでます。ただ時間がかかるのでこの辺は好き嫌いは分かれるところかなとお思います。

たまたま買ってみたSVSBですが何気によかったので記事にしてみました。沈み蟲の小さいサイズが手に入らない地域では代替えワームとして使えると思います。

おわり。

少し前からインスタを始めました。プロフィール下か記事の最後にインスタグラムのリンクボタンがあります。よければフォローよろしくお願います。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました