[バス釣り]遠賀川下流域での釣り[vol3][ドンキーリグ][レアリススピン]

スポンサーリンク
釣り日記

今回の記事は3回目の最下流域での釣行レポートです。まず釣れていません・・・。3回目と言っても、6回くらいはvlo2からは釣りに行っています。真面目にタックルを数本持って行ったのが3回目ということになります。

11月なので小バスくらい釣ってやろうと思って、正直に言うと子バス狙い全開で前日に準備して持っていくロッドガイドどブランクスにフッ素コートを施し、ラインにもシリコンスプレーを吹いて釣れる気満々で就寝。朝7時開門と同時に突入する予定でしたが、9時半に起きてワンコの散歩して出発は11時くらいになってしまいました。

まぁ子バスならいけるだろうと釣り開始、まずはレアリススピンを投げて最下流域から1キロくらい投げながら上流にひたすら歩きながら投げて巻いてを繰り返しましたが、魚に当たっているのですが多分、鯉かヘラブナがこの時期多いらしく少し掛かったりして、バスのアタリはなし。

鯉には10回くらいあたってしまっていたかな。鱗が3回くらい付いていました。

次にやったのはサカマタシャッド5インチのドンキーリグをひたすら投げて、来た道を戻っていきましたが、なんの反応もなく終わりました。根掛が多いと聞きましたが針先を隠したワームならそれほど気にしなくてもいいのかもしれません。

確かに少し引っかかることはありましたが、ロッドを煽れば問題なく外れていました。基本ボトムジャークをしていたので、このくらいの引っ掛かりなら一誠の沈み蟲なども使えそうです。

タックルはMHで5インチであれば普通にドンキーで投げることができます。サカマタシャッド5インチをドンキーで投げる場合はスイベルの大きさはメインが5番、上側のリーダーのスイベルは小さいほうがいいです。6番~12番でくらいのスイベルのどれかがあればいいと思います。あとは大きめのテキサスストッパーです。

ドンキーリグの作り方は人それぞれですが、海外トーナメントの上位人も使っているリグなので効果はかなり高いのだと思います。リグのやり方は調べれば出てくると思いますが、また記事にしたいと思います。

必要なものは、大きめのスイベルですメインラインと真下に直線的に結ぶためのものです。ワームが2個、フックが2個、リーダーが2本です。絡みやすいリグなので絡まないような長さと工夫が必要です。

ドライブスティック3インチのドンキーリグで釣ったものです。ドンキーリグはこういったスティックベイトを使って表層をトゥイッチする釣りなのですが、私はボトムジャークで使用しています。

遠賀川で釣れなかったので近所の公園池で小バスを釣って帰りました。

5番をメインにサブに6番のスイベルを使っています。6番ではなく8番くらいでもいいかと思いますが強いほうが安心なので今はサブは6番を使っています。親子スイベルもありますがそこそこ絡むのであまりお勧めではないのと少し動きが悪くなるきがします。

メインラインは14ポンド、5番スイベルには同じラインを6番スイベルには10~12ポンドを使用しています。

私の一番上のスイベルなしになります。リーダーの長さも考えてやらないと投げにくく絡むので調整しながらやることになります。

私のこれでダメならもうダメかなと思って今回は3時半くらいに撤退しました。3インチ2個使ってダメなら諦めもつきます。また次回vol4を書きたいと思います。多分釣れない。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました