[シマノ]ラトリンサバイブフックサイズとインプレ[バイブレーション]

スポンサーリンク
ハードルアー関連

今回の記事はシマノのバイブレーションプラグ、ラトリンサバイブの記事になります。バイブレーションだとレイドジャパンのレベルバイブ、ブースト、ジャッカルのTNバイブレーションやTNトリゴンなどが人気なのでしょうか。

私がよく使うバイブレーションプラグはライトリンサバイブ、TDバイブレーションのスティーズカスタム、レベルバイブ、レベルバイブブーストを使います。一応ザリバイブジュニアは持っていますが使うことがあまりない感じです。

バイブレーションではないですがレアリススピンとスピンソニックもかなり使います。この時期はスピソニックがメインで小バスを多く釣っています。

スポンサーリンク

[シマノ]ラトリンサバイブインプレ

シマノのハードルアーはなぜか高いです。ダイワのルアーは大手らしく安いんですがシマノはミノーとかでも2000円とかします。スピナーベイトに至ってはプロスタッフから高いから売れていないってユーチューブで言っていましたね。しかしこのラトリンサバイブは普通の価格設定です。

アマゾンなどではかなりシマノルアーは時期によって叩き売りされています。私の近所の釣具店でもシマノバスルアーは3割引きとか4割引きで売っているときもあります。

そんな時に試しにライトリンサバイブを2年くらい使っていますが結構動きもよく、そこまで派手な動きはなく、TDバイブレーションとかに比べるとピッチの早いバイブレーションかと思います。サイズ展開も細かくあるので地域にあったサイズを選ぶことができます。

11月の時期は小さいサイズが一番楽しめるかと思います。

[シマノ]ライトリンサバイブフックサイズとスペック

全長:62mm

重さ:14グラム

フックサイズ:#6

価格:1330円

タックルとライン

私が使用しているタックルは少し軽いものが投げやすいリールにM/MLのロッドを使用しています。クランクやミノーがメインの場合は12ポンドを使用します。通常は14ポンドを使用しています。

私はロッドやリールに傷つくのがあまり好きではないので、ロッド、リールをワコーズのバリアスコートでコーティングしています。汚れ防止と飛距離アップも兼ねています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

ラインには最近ワコーズかKUREのシリコンスプレーをスプレーしています。ライン事態に問題はなく使用できています。おそらく飛距離も多少伸びている感覚があります。PEラインには効果絶大です。値段相応なのでワコーズのほうが長持ちします。溶剤が入っていないためフロロライン、ナイロンライン、PEラインとなんでも使えます。

まとめ

今回の記事はシマノのバイブレーションプラグ、ラトリンサバイブの記事を書きました。私の中でメタル系以外では一番いいバイブレーションじゃないかなと思っています。シマノルアーにしては安くてよい動きです。

冬にも活躍してくれるとは思いますが、その辺はメタルバイブとかのほうがいいかもしれっません。冬になると私はクランクを多く使用することが多いので、出番は減っていきます。バイブレーションが活躍するのは9月後半から11月半ばまでかなと思います。

まだもう少しバイブレーションで遊べる時期だと思うので、できるだけ多く数釣りを楽しみたいと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました