[OSP]ドライブスティック4.5インチのインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

一昔前はジグヘッドでミドストワームといえば私の場合はOSPのドライブスティック、デプスのサカマタシャッドです。最近はリアルな小魚みたなワームを使用してやる方が多いかと思います。サイズも小さくなってやりにくくなりました。専用タックルも必要になってきます。

この通常タイプのドライブスティック4.5インチを私は通常、3.5グラムのシンカーストッパーを使用したテキサスリグのみで使用していました。リグではないですが、スピナーベイトのトレーラー、チャターのトレーラーとしても使用しています。

通常タイプのドライブスティックではバックスライドセットは私はしません。セットが結構シビアなのでそこまでしてバックスライドしようとも思いませんでした。FATのほうが楽にバックスライドできるので、手軽です。

スポンサーリンク

[O.S.P]ドライブスティック4.5

画像はFATタイプ。

色移りしないので2色くらい持ち歩きたいときは一緒に入れても平気です。色移りするものもあるので確認してください。OSPなかでも利用者が多いドライブスティック、サイズ展開と素材があり様々なリグに使用できます。

サイズも3インチ、3.5インチ、4.5インチ、6インチのノーマルのドライブスティック。
スペック2と呼ばれる塩の少ないタイプも3インチ、3.5インチ、4.5インチ、6インチがあります。
スペック2ノンソルト4.5インチがあります。さらに高比重のFATタイプの4.5インチFAT。

ノンソルトはトレーラーとかでの使用に適しているでしょうか、私は使用していませんが高比重ワームはソルトが多いのでフックの錆の原因になります。ノンソルト売っているを見たことないですけど。

ノーシンカーでもどのリグにも幅広く対応できる万能ワームです。

OSPのドライブシリーズなので自発的なアクションをしながらフォールします。テール部分を振りながらボディも少しロールとウォブリングしながらフォールしていきます。

ただセッティングが少しシビアなのが難点でしょうか。FATタイプと並べるとこんな感じ。

ファットタイプはボリュームがかなりありますね。

ドライブスティック4.5インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

8.4グラムです。FATタイプが11.6グラムなので見た目だと8.4グラムだと軽く見えます。なんで暗く映るんだろうな・・・。

フックサイズは公式あります。

HPより

FATよりワンサイズ小さいフックサイズになります。大き目のフック4/0のほうが安定しますし、太軸フックを使えば重心が下がって安定します。

このあとバックスライドワームのドライブショットが発売されています。ドライブスティックのバックスライドはセットが面倒なのとワームがグズグズになりやすです。

タックルとライン

私の場合ノーシンカーメインであればM+タックル、シンカーを使ったフリーリグ、テキサスリグならMHタックルを使用します。もともとラインも太め14ポンドを使用するのでMHタックルでやることが多いです。

701MHXBはバーサタイルロッドではなくヘビキャロ、テキサス、フリーリグロッドですがワイヤーベイト全般もいけて私の釣りで一番出番の多いロッドです。ヤマモトの4インチのノーシンカーとかリール次第で扱うことができます。M+は701MHXBの弱いバージョン的な使い方をしています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

OSPのドライブスティック4.5インチの重さは8.4グラム。フックサイズはオフセットフック3/0,4/0サイズ、バックスライドの場合は同じサイズのストレートフックのほうがセットは楽です。使用タックルはM~MHクラスロッドで大丈夫かと思います。ラインは14ポンド。

個人的にはノーシンカーかネイルリグでフォールさせてカバースキャットみたいにダートアクションというのが一番釣れる気がします。カバースキャットほどゆっくりではなくボトムジャークって感じです

タックルが硬めの寄っている人ならドライブスティックFATのほうが飛距離もで、ボトムジャークのやりやすいです。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました