[デプス]サカマタシャッド6インチインプレフックサイズと重さ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

サカマタシャッドの中では一番ノーシンカーで使いやすいサイズなのかなと思います。5インチのヘビーウエイトよりも重く、タックルもMクラス、MHクラスでも使え、さらには飛距離もだせます。

水中でのダートも5インチに比べて水の抵抗が大きいため操作もしやすくなり、理想的なアクションでバスを誘うことができます。6インチがサカマタシャッドのスタンダートだと思うので、6インチと言ってもスティックベイトなので後ろは細く6インチのボリュームはないと思っていいです。

しっぽの部分の長さを入れなければ5インチか4.5インチくらいかと思います。私は5インチも持っていますが釣れる釣れないを考えないで使いやすさだけを言えば6インチが一番使いやすいです。MタックルでもMHタックルでも扱えて飛距離もある程度飛ぶので、5インチ使用時のもう少し飛距離がほしいなという小さな不満もありません。

ただそれでも6インチなので釣れるサイズも限られてくるとは思います。

スポンサーリンク

サカマタシャッド6インチ

私が購入したのはノーマルタイプのサカマタシャッド6インチです。ヘビーウエイトタイプは少し重たすぎるかなと思ったので、6インチはノーマルタイプにしました。

外れなはないだろうとシルバーシャイナーを選んで置きました。本当はホワイトパール系がほしかったですが店頭には8インチしかなく・・・。ブラックバスはカラーは見えていないっていうのが常識ですけど(色は見えていないが明暗は見えるし人間の10倍くらいの距離まで見えるらしい)、使っている私からするとやっぱり気になるカラー。

私のカラーセレクトは基本ホワイトカラー、透明系が表層1mくらい、それ以下はウォーターメロンや系や濃いカラーを使います。濁っている場合は透明なカラーは使わずに表層はホワイト系、それ以下は同じでウォーターメロン系や少し濃い色を使います。

意外とフッキングは決まるんですよね。食った後あまりバラした記憶はあまりありません。スリットが効いているのかもしれせん。

ダートを生み出すヒレみたいなやつ。

上からみた画像

私はロッド煽ってアクションしますけど、ハンドルでアクションする人のほうが多いのかな。

サカマタシャッド6インチの重さとフックサイズ

まずは重さから公式ではノーマル16グラム、ヘビーウエイトが17グラム。

デプスのサカマタシャッド56インチの重さは15.8グラム他のワームも同じ重さだったのでカラーによって違うのでしょう。

続いてサカマタシャッド6インチのフックサイズは4/0がメーカー推奨です。私は5/0も使います。アクションを考えるとメーカー推奨の4/0を使っておくのがベターだと思います。私はコスパと性能でハヤブサフックをお勧めします。

タックルとライン

ノーシンカーで使うのが一番ダートすると思います。早く沈めて使いたい場合はネイルシンカー入れて使うこともあります。私は面倒なのでオフセットフックにガン玉を咬ませて使うことがあります。タングステンのネイルシンカーより安く済みます。

これが一番分かりやすいです。今ではカバースキャットのイメージしかないですね。私はやりませんがミドストなんかもやる方がいます。こんなデカいミドストは琵琶湖以外で通用するのかな・・・。

サカマタシャッド6インチのミドストはやりませんが、このフックは私も愛用しています。サイズと重さも各種あって完璧です。サカマタシャッド6インチを使用するタックルはM~MH以上が推奨です。ラインは14ポンド~18ポンドです。12ポンドラインを使ってやらかすくらいなら太いラインで後悔しないようにしたほうが良いと思っています。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。Lロッドの場合はフィネスブレイブ11ポンドを使うことが多いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

サカマタシャッド6インチの重さは15.8グラム、推奨フックサイズはオフセットフック4/0。私は5/0も使用します。基本的な使いかたはノーシンカーでのダートアクションでの使用が一番の定番です。レンジコントロールをしたい場合はネイルシンカーを入れての使用、ただし重たくなるのでダートに少し影響があります。ダートアクション時のスライドの伸びが下向きになります。ダートの幅が短くなり斜めになるん感じです。

サカマタシャッド6インチのノーマルとヘビーウエイトの重さの差は1グラム程度。ジグヘッドを使用したミドストもやる方がいるようですが、私はタックル的にやりません。上記の動画で説明されていますの参考にしてください。

私は遠賀川と久保城ダムでの浅場での使用を想定しています。遠賀川をメインに考えていますが去年は少しいい思いをしたので、今年はもう少しやりこんでみようと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました