[OSP]ドライブスティックFAT4.5インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

このドライブスティックFAT4.5インチは、昔に今のカバースキャットみたいな釣りが一部で流行っていた時に私も同じ釣り方で遊んでいました。この動画が2016年なので、今から6年前に高比重ワームを底で使う釣りが一部でやってる人いがいました。私も少しやりましたが忍耐力が足りないのですぐに辞めて別の釣り方で遊んでいましたね。

カバースキャットはこのような釣り方を、理論とアクションできっちり確立して実践、実績をのこしたので流行したのかと思います。

最近はカバースキャットのブームも終わりが見えてきていますね。釣具店でも売れ残り、即売れてしまう現象はなくなってきたようです。近所の釣具店には1週間経ってもまだカラーも選べるくらい残ってますね。特に4インチは売れ残ってます。

OSPのドライブスティックシリーズはバックスライドするワームとしても使えて、チャター、スピナーベイトのトレーラーワームとしても使えてかなり万能なワームです。

今ほどミドストが流行っていなかった時期に、デプスのサカマタとかのスティックベイトタイプにジグヘッドを付けてやるミドストをやっている方もいましたね。ドライブスティックでやってる方もいました。それぞれ推しのブランドで流行りの釣りをやる感じです。

私はほぼ主要なカラーはすべて揃えています。最近気に入ってよく使っているからはゴリミソブラックとエビミソブラック。

この2色とソフトシェルスモークがあればどのような水質でも対応可能です。

スポンサーリンク

[O.S.P]ドライブスティックFAT4.5

色移りしないので2色くらい持ち歩きたいときは一緒に入れても平気です。OSPなかでも利用者が多いドライブスティック、サイズ展開と素材があり様々なリグに使用できます。

サイズも3インチ、3.5インチ、4.5インチ、6インチのノーマルのドライブスティック。
スペック2と呼ばれる塩の少ないタイプも3インチ、3.5インチ、4.5インチ、6インチがあります。
スペック2ノンソルト4.5インチがあります。さらに高比重のFATタイプの4.5インチFAT。

ノンソルトはトレーラーとかでの使用に適しているでしょうか、私は使用していませんが高比重ワームはソルトが多いのでフックの錆の原因になります。売っているを見たことないですけど。ノーシンカーでもどのリグにも幅広く対応できる万能ワームです。

OSPのドライブシリーズなので自発的なアクションをしながらフォールします。テール部分を振りながらボディも少しロールとウォブリングしながらフォールしていきます。

バックスライドの場合はセッティングが少しシビアなのが難点でしょうか。その代わりにバックスライドワームのドライブショットがあります。

ドライブスティックFAT4.5インチの重さとフックサイズ

まずは重さから↓

OSPのドライブスティックFATの11.6グラム。形状もあってノーシンカーでもかなりの飛距離がでます。ノーマルタイプがこちら↓

8.4グラム。3.2グラムの差ですね。フォルムも並べると違いが判ります。↓

こんな感じです。FATタイプのほうが先端も太く針持もよいです。

フックサイズはオフセットフック4/0,5/0がメーカー推奨です。バックスライドセットする場合オフセットフックはセットがシビアなのでストレートフックのほうがやりやすいです。サイズは同じ4/0,5/0です。

懐かしい動画ですな。

後発でドライブショット、バックスライドワームが発売されているのでそっちのほうがセットは楽でスライド幅も安定しています。

私の場合飛距離を出すために太軸タイプのオフセットフックも使います。ネイルシンカーを入れることもありますが、フックを太くしたほうが安上がりです。

タックルとライン

タックルはMHが良いとは思いますが強めのMクラスタックルでもやれます。フッキングのことを考えるとMHのほうを私は使います

701MHXBは底物をやるには最適なロッドです。フリーリグ、テキサスリグ、高比重ノーシンカーなどの使い心地は良いです。M+は汎用バーサタイルなので少ないタックルの時には重宝します。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。

まとめ

OSPのドライブスティックファットの重さは11.6グラム。フックサイズはオフセットフック4/0,5/0サイズ。バックスライドセットの時はストレートフック4/0,5/0サイズ。今はドライブショットというバックスライド専用がワームがあるのでそちらを使用したほうが楽です。

タックルはベイトタックルMHクラスが良いと思います。ラインは14ポンド推奨。カバー、ロケーションで検討してください。アクションは、フォール後ずる引きとトゥイッチアクションで扱ことが私は多いです。

各種サイズ展開、カラーも豊富なので釣具店でも取り扱いも多いと思います。一度使ってる見ると使い勝手の良さも分かると思います。

私のイメージだと6月から9月くらいまでが一番活躍すると思うので、今記事を書いているのは4月上旬なので使い始めるのはもう少しあとかな。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました