[一誠]スパテラ3インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

私がもともとよく使うストレートワームは、ゲーリーヤマモトのカットテール4インチと5インチをメインに使っていました。ゲーリー素材は脆いので同じような感じで使えるワームを探していて一誠のスパテラを使い始めました。
使い始めて以降は4インチ5インチをメインにスパテラを使用しています。他に使うストレートワームはDスタイルのトルキーストレート、OSPのドライブクローラーです。

4インチ、5インチの記事を以前書いたので3インチも買ってきました。ブログ用ではないですけど、ヘビキャロ用です。ヘビキャロを遠投しようと思うと、飛距離だけに関して言えばリーダーは短く、ワームは小さく(空気抵抗が少ない)すれば飛距離はえらく伸びます。

ヘビキャロで飛ばないなと思うってる人はワームを小さくするか、リーダを短くするとかなり飛距離が伸びます。ブルフラット3インチとスパテラ3インチだと5mくらい飛距離の差が出るんじゃないかなと思います。

3インチは持っていなかったのですが、お気に入りカラーのリザーバーベイトだったので購入しました。

スポンサーリンク

[一誠]スパテラ

一誠にはスパテラと別にグリコネというネコリグ用のストレートワームがあります、店頭では一度しか見たことなですけど。スパテラ3インチは村上晴彦氏がよくエサって呼んでいます。

スパテラは全部で3インチ、4インチ、5インチ、7.8インチ、10インチとあります。3インチは一番小さなワームです。7.8インチ、10インチはロングワームで通称ナガスパって呼ばれています。

スパテラ3インチの重さとフックサイズ

まずは重さから小さくて軽いので2個置いて量りました。

一誠のスパテラ3インチの重さは1.25グラム軽いですね。スパテラ3インチのフックサイズはメーカ推奨は#6~#4番と小さいフックを推奨しています。私は#2を使おうと思っていましたが、大きすぎるのかな・・・。

ガン玉を使用したスプリットショットリグかヘビキャロのワームとして購入したのであまり細軸だと不安なのでフックはまた考えてみようと思います。

タックルとライン

私は、ジグヘッド、ヘビーキャロライナリグ、スプリットショットリグでの使用を考えています。タックルについてはヘビキャロの場合はHクラスのロッドにラインは16ポンド、リーダーは10ポンドラインで使用しています。

スプリットショットリグの場合は、スピニングタックルにPE0.8号~1号にリーダーが10~12ポンドでシンカーは3.5グラム~5グラムのガン玉を使用します。ライトキャロの場合も同じです。

PEラインで遠投するときはダイワの汎用PEラインを使用しようしています。一時期はダイワのエメラルダスPE0.8ばかり使っていましたが、ダイワから汎用性PEラインが発売されて最近はそれしか使っていません。理由はコスパと性能です。バス釣りにおいてそこまでPEライン拘る必要がないと思っていると、100m1000円前後のコスパと一応ダイワの最新技術搭載モデルでもあります。

リーダーは同じくダイワのフィネスブレイブZの10~11ポンドかシーガーのグランドマックスを使用しています。ベイトタックルのフィネスタックルにはフィネスブレイブZの11ポンドを使用しています。

まとめ

一誠から発売されているスパテラシリーズの中では最小サイズ。重さは1.25グラムで推奨フックサイズは#4~#6。カラーは15色あります。私の使用リグはジグヘッド、スプリットショットリグ、ヘビキャロのワームとして使用します。

9月くらいからは小バスが釣れる時期なので3インチで坊主逃れに使いたいと思います。10月になってくると25センチ前後のバスをヘビキャロで数釣りしたいと思いますがヘビキャロリールが決まらないし来年23スティーズが発売されそで、購入を躊躇している感じです。

次のスティーズ発売されないかな。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました