[ニシネルアーワークス]ベビーアビノー70Sインプレッション 

スポンサーリンク
ハードルアー関連

少しだけ流行った気がするニシネルアーワークスのベビーアビノー70S。ダブルプロップベイトですがシミーフォールしながら結構な勢いで沈んでいきます。

一応スピニングで使うことを推奨されています。結構沈むのが早いんですよね。なので根掛かりがひどいような場所で使うとロストしてしまいます。シンキングプロップベイトというよりバイブレーションに近い感じです。

巻いていてもかなりロールしながら引いてくることができます。ベビーアビノー70Sはアビノー110Fのサイズダウンしてシンキングモデルなったルアーです。

オリジナルのアビノー110Fは文字通りフローティングモデルです。付属しているシンカーでシンキングにさせることも可能です。

他のニシネルアーワークスのルアーも持っています。

スポンサーリンク

[BABY ABINO 70S]ベビーアビノー70S

シンキングプロップベイトです。フォールスピードはそこそこ速いですが、揺れながらシミーフォールしていきます。巻いてもブレードのおかげでロールアクションをしながら巻いてくることができます。

この動画がメーカーより分かりやすいです。

このブレードのおかげで巻いたらロールして落ちるときはシミーフォールします。ただニシネルアーワークスのルアー全部に言えることですが音が大きいので、ここは好き嫌いが分かれるかもしれません。

ベビーアビノー70Sのスペック

全長:70㎜

重量:11グラム

フックサイズ:#8

潜航速度:30㎝/1.0S

価格:2090円

タックルとライン

MLクラスのスピニングタックルで遠投して広範囲を巻いてくるのがいいと思います。最近は多くの方がPEラインをスピニングタックルで使用していると思うので、PEラインで遠投して巻くのが一番釣果を上げる方法だと思います。

このロッドにPE0.8~1号くらいにリーダー10ポンド~11ポンドを組んで使用しています。PEラインはダイワの300m巻きがコスパが良いと思います。

ベイトタックルの場合はリールだけフィネス寄りにしておけば手返し良く探ることができます。ラインは12~14ポンドくらいがいいかと思います。ナイロン、フロロどちらでもいいと思います。

まとめ

ニシネルアーワークスのルアーベビーアビノー70Sを今回記事にしてみました。簡単に巻くだけで釣りがしたい人にはおすすめです。今までにないシンキングプロップベイト、底を引いてくるプロップベイトって数えるくらいしかないと思います。私はサスペンドモデルくらいしか知りません。

公式ではスピニングタックルを推奨しているのは、ベイトタックルでトラブルバクラッシュしたときに沈んで根掛かりしないようにスピニングタックルを推奨しているようなので、11グラムあるのでベイトタックルでも十分な飛距離がでるので私はベイトでやることが多いです。

とにかくに楽に釣れるのでバイブレーション買うならアビノー使ってみるといいかもしれません。上でも書いたようにラトル音が大きいのでそこだけは好き嫌いがあるかと思います。

おわり

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました