[OSP]ドライブビーバー4インチインプレ重さとフックサイズ

スポンサーリンク
ソフトルアー関連

O.S.Pのホッグ系ワーム、ドライブビーバーの通常のバージョンの最大サイズ4インチ。42グラムあるドライブビーバーマグナムがあります。

これは高額な上、ワーム素材という性質上コスパが悪そうなので私は買っていません。フックもこれように用意しないといけません。以上の理由からマグナムは私は購入してません。
しかし、これを使って釣った方はかなり満足してると思います。ビックサイズのルアーで釣った時の喜びは格別ですから!

今回の記事は通常サイズバージョンの最大サイズ4インチの記事になります。4インチの出しどころは私の場合多くないですが、アベレージサイズが大きめなダムなどに行くときに持っていきます。

3サイズともフリーリグで使いますが、私の場合3インチはヘビキャロ、3.5インチはフリーリグで、4インチは遠投と重めのシンカーで使用するときに使います。

上から
裏側
スポンサーリンク

ドライブビーバー[DoLiveBeaver]

ホッグ系ワームは基本ロッド操作でのアクションがメインだと思いますが、このドライブビーバーは着水して沈んでいくときに、バサロアクションをしながら落ちていきます。3インチ、3.5インチ、4インチがあります。ドライブビーバーマグナムはちょっと例外ですかね。

「ギュンギュンバサロ~」って言われる動きです。動画を見たほうが早いです。このワームが発売されたとき、こんな動きのルアー作れるんだなと思った次第です。

重たいシンカーを使うと早く沈むため動きが小さくなってしまいますが、軽いシンカーだと生き物のようにバサロアクションしながら落ちていきます。4インチは素材も固く、丈夫なので1日これでやりきると思ったとき用として私は使用しています。

中間サイズの3.5インチが一番使い勝手いいので、私は3.5の在庫が多いです。4インチと3インチには違いがあり、4インチはテールがヒゲになっているのと3インチはカーリテールになっていて落ちるときに複雑に動きます。

HPより

3インチ、3.5インチと同様に、バサロアクションをしながらフォールします。当然横に引いてもバサロアクションをしながらバスを誘います。シャッドテールを持っていなくて巻きたいときもドライブビーバを巻けばいいかなって時もあるくらいです。

パドル

このパドルはアクションと引き換えだと思いますが千切れやすいです。3インチ、3.5インチに比べてズングリ横にも大きく太くなっているので、3インチ3.5インチに比べれば少し丈夫です。

ドライブビーバー4インチの重さとフックサイズ

まずは重さから

ドライブビーバー4インチの重さ12.9グラムとかなりの重量になります。ノーシンカーでも十分な重さですがシンカーを使わないといいアクションはでません。

続いてフックサイズ、メーカー推奨はTNSオフセット(ワイドゲイプ)2/0,3/0,FPPオフセット(ナローゲイプ)2/0,3/0を推奨しています。私はDASオフセットをよく使います。サイズは3/0。

最近では同じハヤブサのライトニングストライク2/0、3/0も使います。

タックルとライン

タックル関しては、3インチ、3.5インチはMクラスでも行けると書きましたが、4インチは自重が13グラム前後と重く、これにシンカーを5グラム、7グラムと時には14グラムくらいまで使うことになるので必然的にMHクラスの硬いロッドでフッキングすることになります。

重さ的にはワーム自重が重たいので、飛距離が問題ないのであればゆっくり落としたいのでシンカーは3.5グラム~から試していくといいかと思います。

使用リグはほぼ、フリーリグか直リグが良いと思います。これ以外はよいアクションがでないし釣れる気がしません。ラバージグのトレーラーとしてスイムジグ的にボトムバンプとして使うのもありなのかと思います。
私はラバージグのトレーラーにする場合は3.5インチを使うことがあり、4インチはワーム単体で使用します。

私はコスパと性能の間をとって、ダイワのモンスターブレイブZとサンヨーナイロンのGTRの14ポンドをメインに使っています。この太さなら汎用性も高く、何にでも使えてさらにコスパも良いです。

14ポンドは価格が比較的安めにしていることが多いです。細いフックくらいなら伸ばして回収できることも利点の一つです。ハードルアーのロストは精神的ダメージが多少ありますから。モンスターブレイブZには13ポンドの設定もあります。フィネスタックルのときはフィネスブレイブZの11ポンドを使っています。

まとめ

ドライブビーバーはバサロアクションをする唯一無二のワームだと思います。「ギュンギュンバサロ」と言うくらいなのでアクションはかなりいい感じです。メインリグはフリーリグでそれ以外はあまり向いてないように思います。

デメリットはバサロアクションを優先した結果だと思いますが、パドルが千切れやすいです。
パドルが1個でアクションはするのですが、OSPのワーム全般小さいワームは脆く、千切れやすいのが難点ですかね。1匹釣る前にワームが終わると損した気分です。4インチはまだ比較的丈夫なほうだと思います。

上記でも記載した通り、私の場合1日ドライブビーバーやるってときには4インチを出してMHタックルに固定してやるときくらいです。足元で泳がしてみると釣れる気分にさせてくれるワームのなので人間に対しても良い?ワームだと思います。

おわり。

マナーアップアイテム↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました